揚 が り 初 む ま で 時 の あ り 初 の 凧

100103
100103 / tamakisono

広場で子供が四苦八苦している。一生懸命凧糸を持って走るんだけど、凧は地面を転がるようについていき、なかなか上がろうとしない。何回も何回も挑戦。少し上がっては墜落を繰り返しているうちに、ちょっとずつ距離が延びてきた。今ではもう、走り回らずに、糸を緩めたり、引いたりして、一人前。きっと、大きな自信になっただろう。頑張れ。

この句も読まれています。

はしばしに お断りあり 初夏の候 久しぶりに、メールなどした。 「久しぶりです。うちに遊びに来ませんか。明日もあさってもひまです。いつでもいいです。」 返事は「元気ですか。体調はどうですか。」 べつに病み上がりでもないのに。 縁を切りたかったんだろうな。 いいよ。 べつに。 半年前は友達だったのに。 こんなものか。...
タ オ ル 干 す 音 聞 き 爆 ぜ し 鳳 仙 花... たおるほす おとしてはぜし ほうせんか 鳳仙花はタネを散らすために、くるりとはぜます。 でもタオルをパタパタと勢いよく振って干すと、その音につられてか、振動を受けてか、ぱちんとはぜるような気がしました。 気のせいでしょう。...
秋の燈に 雁の寺読む 繰り返し 秋になると、水上勉作の「雁の寺」を読むのです。 ただでさえ物悲しい秋の宵がどうしようもないほど、沈んでくるのです。...
時期はずれ あはれを増して 帰り花... 時期はずれの花をきれいとは、あまり言わない。 なんか変、どうしたんだろう、だいじょぶかな。 人もきちんとした方がいい、一応。...