揚 が り 初 む ま で 時 の あ り 初 の 凧

100103
100103 / tamakisono

広場で子供が四苦八苦している。一生懸命凧糸を持って走るんだけど、凧は地面を転がるようについていき、なかなか上がろうとしない。何回も何回も挑戦。少し上がっては墜落を繰り返しているうちに、ちょっとずつ距離が延びてきた。今ではもう、走り回らずに、糸を緩めたり、引いたりして、一人前。きっと、大きな自信になっただろう。頑張れ。

この句も読まれています。

菱の実は くるんで売れり 新聞紙 水っぽい芋のような菱の実は、あまりおいしいとは思わないのですが、 幼いころの数少ない、家庭らしい思い出です。 父が柳川の駅で見つけて、新聞紙を広げて、競うように家族で食べたものです。 あんな日もあったというところです。...
キ ャ ッ チ ャ ー の 空 振 り 涙 目 年 の 玉... UFOキャッチャー、これがなかなか難しい。 スーパーのゲームコーナーは、貰ったばかりのお年玉を握りしめて挑戦する子どもらで溢れている。 コツというものもあるのだろうけれど、どの子もうまくいかない様子。 中には、係のお姉さんに泣きつくちゃっかり坊主まで出現し大賑わいである。...
威勢よく ひとりで生きよ 冬ポプラ ... 人も木も動物もひとりで生きるのです。 それが自然…そうあるべきです。