揚 が り 初 む ま で 時 の あ り 初 の 凧

100103
100103 / tamakisono

広場で子供が四苦八苦している。一生懸命凧糸を持って走るんだけど、凧は地面を転がるようについていき、なかなか上がろうとしない。何回も何回も挑戦。少し上がっては墜落を繰り返しているうちに、ちょっとずつ距離が延びてきた。今ではもう、走り回らずに、糸を緩めたり、引いたりして、一人前。きっと、大きな自信になっただろう。頑張れ。

この句も読まれています。

柿落ち葉 集まるところは 決めており... 風が舞うのだろう。 落ち葉はなぜか、うちの玄関の前に集合する。 まあ掃除はしやすい、ぱらぱらとあるよりずっと。箒で掃くとちりとりに盛りこぼれるようになって袋に収める。 すぐにいっぱいになって、足で踏んでもう一回。最後の何枚かが、地面に張り付いたようになって、 ちょっと苦労する。むかしは落ち葉を集めて...
植え終わり 水面(みなも)のピタと 静まれり... PhoTones Works #1554 / PhoTones_TAKUMA 低く垂れこめた雲の下、朝から田植えの作業が進む。夕方には、昼間の喧騒は何処へやら、張られた水に空が映る。...
月を連れ 影法師踏んで ひとりぼち... もう吐く息が白い。日が落ちるのもずいぶん早くなった。昔の唄など口ずさみながら、前に後ろに行く影法師と帰り道。別に急ぐわけでもない帰り道は悪くない。ときどきお風呂に寄ったり、焼き鳥を買ったりしながら帰る。一人宴会だ。とにかく一瞬あたまをからにする。少し上手になったと思う。...
木 漏 れ 日 も 冬 の 陽 と な り 里 の 山... いなぎめぐみの里山 Satoyama(Inagi, Tokyo) / jetalone 里山を歩くのが好きです。風を感じ、木の葉を通して届く日の光を見ることは、気持ちの安らぐものです。その日差しも、激しかったときを過ぎ、穏やかにまた弱々しく変わり、時が来ればまた新しいいのちをもたらします。...