掘 り 炬 燵 説 教 息 子 頑 固 婆

ほりごたつ せっきょうむすこ がんこばば

「老いては子に従え」
アホなこと言うなと、最近の高齢者は思っているにちがいない。
迷惑かけなきゃいいんだろうが。
好きなようにやる。
誰にでもいい顔はしない。
若い者に遠慮などしない。
友だちは結構いる。
放っといて大丈夫だからね。フン!

この句も読まれています。

浜よりの 遠さ程よし 放生会(ほうじょうや)... 幼い頃、箱崎の海で泳いだというか、遊んだことがある。 黒い大粒の小石が多かったと記憶している。 水族館もあったと思うけど、記憶違いか。 確かめようにも、もう親もいない。 海からお宮までの参道には、当時から電車道や道路が突っ切っていたが、 その電車も小さくてよかった。...
愛憎の 過ぎて静かに ほととぎす 人を好きになり、そしてうまくいかず、愛情が憎しみに変わったり、戻ったり、 そんなこんなの年月を経て、静かに振り返ることができる日がやってくるように思います。 ホトトギスはそんな気持ちに合う花です。 静かで、控えめ、だけど自分は自分、わたしはこの花が好きです。 遠い昔を振り返れば、いろいろ後悔もあるけ...
線路道 有刺鉄線 からすうり 懐かしい花です。 網の目のような花です。 有刺鉄線にからみついて、静かに花を咲かせているのです。 誰も見ない、気がつかない。...
うそ寒し 人のえにしは 猫の目の 一番危ういもの、一番あてにできないものは、人間の関係です。 同性でもそう、男と女に至っては、もうはかないものです。 でも人生にはそれを理解しない、はかなさを信じない、時期があるものです。 理解しても、やっぱり踊らされ、落ち込み、わかっていてもどうにもできない時期もあります。 まだ懲りないのか、あきれ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください