捨 て ら れ ぬ L P レ コ ー ド 秋 夜 長

すてられぬ LPレコード あきよなが

レコードは、いっぱいあるのだけれど、随分前にプレーヤーを処分してしまいました。
CDの方が絶対音が良かったのと、針を替えるのも面倒で。
それに場所も取るし。
だから聞けない曲もいっぱいあります。
街角や喫茶店で、そんな懐かしい曲を耳にするととても嬉しくなります。
どうしても、もう一度聴きたくて、ラジオ番組にリクエストしたこともあります。
葛城ユキの 「木曽は山の中」と、猫の「各駅停車」
探してくれたようですが、ラジオ局でも見つからなかった。
確かにぜんぜんヒットしなかった。
あの頃、暗い青春時代のわたしを助けてくれた2曲なのです。

この句も読まれています。

牛車引く 秋の大祭 道真忌 菅原道真の遺体を乗せた牛車が、停まったところが大宰府だという。 榎社と天満宮を結ぶ秋の田舎道を、雅楽の演奏とともにそぞろ歩く。 九月半ばのこと。...
秋 冷 や 今 朝 よ り 三 和 土 (たたき) ひ た ひ た と... 朝夕が、寒くなったせいか、空気が澄んできたせいか、農家の広い土間の感触がちがう。 吸いつくように、ひたひたと、そしてやたら冷たい。 外はまだ暑いけれど、待ちに待った秋が来た。...
腰 引 き て ね ず み 花 火 に 点 火 す る... こしひきて ねずみはなびに てんかする 家庭用花火セットの、上等には今もネズミ花火が入っています。 子どもの頃から恐ろしかったけれど、今も全然変わっていません。 チャッカマンだから、マッチよりはずっと楽になった気はしますが、あのシュルシュル回る、それもどちら向きに回るのか見当もつきません。 火を点...
吊るし柿 つづく刈田の その向こう... 秋の田舎の穏やかな日々、吊るし柿がいっぱい並んで下がっているあったかい風景が好きです。 柿でも玉葱でもどくだみでも大根でも、ぶら下がってるものはみんな好きです。 なんか生活の余裕というか、知恵というか、あったかいものを感じます。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください