捨 て ら れ ぬ L P レ コ ー ド 秋 夜 長

すてられぬ LPレコード あきよなが

レコードは、いっぱいあるのだけれど、随分前にプレーヤーを処分してしまいました。
CDの方が絶対音が良かったのと、針を替えるのも面倒で。
それに場所も取るし。
だから聞けない曲もいっぱいあります。
街角や喫茶店で、そんな懐かしい曲を耳にするととても嬉しくなります。
どうしても、もう一度聴きたくて、ラジオ番組にリクエストしたこともあります。
葛城ユキの 「木曽は山の中」と、猫の「各駅停車」
探してくれたようですが、ラジオ局でも見つからなかった。
確かにぜんぜんヒットしなかった。
あの頃、暗い青春時代のわたしを助けてくれた2曲なのです。

この句も読まれています。

冬の川 暗き山あい 谷を行く 利根川や筑後川のような大きな川もいいものですが、 小さな流れのはやい川もいいものです、というか水はなんでもいいものです。 冬の川は冷たくて表情のないところが魅力です。...
恋の唄 など鬱陶しかり 秋夜長 秋の夜は、静かにひとりで過ごしたい。 恋愛ソングなど、とんでもない。 人生は枯れたように過ごすのが、疲れなくていい。...
石 橋 に 古 き 町 名 ( まちな ) の 梅 の 里... 町村合併が、歴史ある全国津々浦々の町名村名を亡きものにした。 「夜須町」なんて大好きな町名だった。 「筑前町」に変わった。・・・なんで? 誰が付けたのだろう。 町が市に昇格したわけでもないのに。 画像出典:三石橋 / masayukig...
疲れおり 冷奴さえ 取り落とし 久しぶりの休み、とにかく疲れて動けない。 ごろごろ寝るのも、なんかだるい。 一瞬うたた寝したみたい。 冷奴は、口まで運べない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください