折れこぼれ 蚊取り線香は 重ね点け

折れた蚊取り線香はもったいないので、上手に重ね重ねで使います。
うまく火が続くように、だけどいっぺんに三つも火が付くと、床が熱くなって危ないので、気をつけます。

この句も読まれています。

十薬の 花 束にして 深呼吸 ドクダミはクセがあって、嫌う人も多いけど、私はあの薬くさい匂いがとても好きです。虫除け、消毒、臭い消し束にして、丈を揃えて、輪ゴムで留めて、薄い緑色のアンティークの薬瓶に挿します。なんか気のせいか清々しい心持ちがするのです。...
衰 へ の ひ と つ ふ た つ を 忘 れ 霜... おとろえの ひとつふたつを わすれじも 人の老化は、ある日突然やって来るわけではありません。 ただ、それが本人には到底分かるものではありませんが、周囲の人が気がつくのはある日突然です。 そして身内がそれに気づくのは、ずっとずっとときが経ってからです。 「えっこんなだったっけ 」と一瞬呆然とす...
凌 霄 (のうぜん) や 盛 り の 朝 に 人 の 逝 く... ノウゼンカズラ / zamojojo ノウゼンカズラの勢いには気圧される。 夏の盛りに、勢いよく立ち昇り、昇り きって空を掴むと、なだれ落ちる。 今日も暑くなるだろう。 こんな朝に、あの人は逝った。こんな 朝に。...
短 冊 の こ よ り は 出 番 生 身 魂 たんざくの こよりはでばん いきみだま イキミダマとは、お年寄りを、尊敬の念を持って言う、俳句ことばです。 今、保育園や幼稚園の七夕の短冊や飾りは、どうやって竹笹に結びつけているのでしょう。 お年寄りの通うデイケアやデイサービスでは、昔ながらの「こより」を皆さん、といっても女性の皆さんに作って...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください