手繰るよに 赤のまんまの 切なさを

秋の初めのころ、赤まんまとよばれる犬蓼(いぬたで)の花をみると、つらかった幼い日のことを思い出してどうしようもない。小さかった私の思いなど、両親は知らない。今にいたるまで。4さいのこどもの、胸の奥の涙のつぼは、大人とすこしも変わらないのに。

この句も読まれています。

秋 の 日 や 黒 板 知 ら ぬ 子 ら ば か り... 私たちのころは、当番がいて、黒板消しを外で、ぱたぱた叩いて、チョークの粉をとばしたものだ。 先生方は、それぞれに木製のチョーク箱を持っていて、当番は授業の始まる前に、わざわざ職員室に行き、教科書やらチョーク箱を教室に運ばされた。 自分で、持って来ればいいのに。 それが当たり前だった。 そのチョークの...
水餅を 取るに肘まで 幼き日 昔は、今のような冷凍庫がなかったので、餅は 水に浸して保存したものです。 幼かった頃、その餅を取り出すのに、肘まで 水につかって、服の袖口が濡れて、冷たかったものです。...
草取りの 手を止め毛虫を 焼き始め... 樹にも薔薇にも、いっぱい毛虫がついているのを、草取りの途中で 発見した。 これはもう放っとけない。 みるみるうちに若い葉っぱを食い荒らす。 チャッカマンで焼いた。 おもしろかった。...
稲光(いなびかり) きりえ版画に入れ鋏(はさみ)... まっすぐに、空を切り取る勢いの稲光、切り絵にはさみを入れたように、スパッとしている。昔読んだ、「はなさき山」の絵を思い出す。直線はキリッと直線、まるいところは、丸く丸く。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください