ひ た す ら に 来 し が 遠 火 事 見 る ご と し

ひたすらに こしがとおかじ みるごとし

そのときはそれなりに頑張ったつもり。
間違った選択も数々あったけれど、間違いながらもその時々は一生懸命やってきたつもりです。
過ぎてみても、遠い過去となっても、わたしなりには困難を極めた生活だったと、今となってもそう思います。
想い出 なんてものではありません。
夜の遠火事を見るような、そんな感じでしょうか。

この句も読まれています。

遠雷の くぐもり響く 明日知れず ゴロゴロと近く遠く、そう言えば飛行機も飛んでるのか、いないのか。明日行けるかな。その前に眠れるかな。
冬 耕 や 絵 画 の ご と き 暮 色 か な... DSC00181- / misawakatsutoshi 山の迫る、狭い土地を耕す人がいる。列車の窓から、まず空が広がり、山が迫り、もうまもなく日が暮れるというのに、鍬を持ってひとり農作業。絵になると言えば、失礼にあたる。人生とは、こうやって行くものかもしれない。...
占 い は 当 て ず っ ぽ う な り 宵 の 春... うらないは あてずっぽうなり よいのはる 占いなんて信じてないくせに、美容院や歯医者に行くと、雑誌の占い欄は必ず見ます。 まず当たってない。 以前手相というものを見てもらったところ、生命線が途切れ途切れになっていると言われました。 とくに丈夫ではないけれど、今のところあまり困った状態ではない...
雨 降 り て 睡 蓮 永 劫 定 ま り ぬ water lily / Crystalline Radical しょうしょうと降る雨のなか池や沼地の睡蓮を 見ることが好きです。 やまない雨、時が止まったように感じるのです。 変わることのない安定感があります。 明るくなくていいのです。 色とりどりでなくていいのです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください