ひ た す ら に 来 し が 遠 火 事 見 る ご と し

ひたすらに こしがとおかじ みるごとし

そのときはそれなりに頑張ったつもり。
間違った選択も数々あったけれど、間違いながらもその時々は一生懸命やってきたつもりです。
過ぎてみても、遠い過去となっても、わたしなりには困難を極めた生活だったと、今となってもそう思います。
想い出 なんてものではありません。
夜の遠火事を見るような、そんな感じでしょうか。

この句も読まれています。

シャバシャバと 雨の降る芽の 勢いて... よく雨が降る。春の前触れか。木も草も勢いを増すだろう。この雨で。じっくり土に染み込んで、ちょっとの干ばつくらいで負けないように。...
巣立ちかな 子ども自慢の 昼休み 職場で子供の話を聞くのは好きじゃない。 にこにこわらって、「で、どうしたの?」と 興味津々の面持ちで、先を促したりする。 「うちの子って、馬鹿だからあ…」って、自慢話は延々と続く。 いい加減にしろよと、心の中で思う。 疲れは倍になる。...
未 練 な ど た だ 木 下 闇 深 過 ぎ て... みれんなど ただこしたやみ ふかすぎて コシタヤミ。 夏のうっそうとしげる木立の下の暗がり。 昼でも暗くて涼しい。 夏の強い陽射しのもとでは、闇のようです。 未練などあろうはずもない。 ただコシタヤミが深過ぎて、足元が見えず、前に進めないだけのこと。 きっとそのうち歩き出せるはず。...
冬炬燵 背負うてきのうの 飯を食う... 炬燵だけでは絶対的に寒いのです。 でも事情があって、いまここには炬燵しかないのです。 それならもう炬燵を背負うしかありません。 と言っても力はいりません。 炬燵に腹ばいに寝ればいいのですから。 つまり炬燵のテーブルを亀の甲羅となるのです。 亀の頭は、あたしの頭、亀の手足はあたしの手足。 借りたのは、...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください