懐 に 鯛 焼 き 抱 へ 急 ぎ 足

ふところに たいやきかかえ いそぎあし

木枯らしの中、マフラーから目だけ出して並んでまで、地域では美味しいと評判の鯛焼きを買いました。
懐に抱えると、単純なもので、心までほっこりとなる感じです。
いよいよ本格的な冬です。
あの狂ったように暑かった夏と残暑を思えば、どうってことない。
鯛焼きで温まっているうちに、春は来そうです。

この句も読まれています。

夏 夕 焼 け 海 は 遠 く に な る ば か り... なつゆやけ うみはとおくに なるばかり 海に見る夕焼けは、壮大でこの上なく美しい。 最近は、というかずいぶん前から街は沖に沖に埋め立てられ、むかしの町並みははるか遠くに見えないほどになってしまいました。 造られた新しい街並みは、大きな道路が通り、美術館に博物館、高層マンションなどが整えられ、生...
冬 ざ れ を 覆 ひ 尽 く し て ク リ ス マ ス... 昼間の生活をすっかり覆い隠して、綺麗なイルミネーションが街を飾る。わたしはあまり好きではないけれど、多くの人はうきうきと心が弾むらしい。いつごろから、この樹々に金属を巻き付け、ライトアップするようになったものか。クリスマスはショーウィンドウと遊園地と部屋の中だけでいいのではと思ったりもするが、みんな...
通りまで 送って帰りは 冬の月 電車で帰ると言うから、駅に続く地下道まで送った。 ここからはまっすぐだから、大丈夫。 踵を返し帰り道。見上げれば冬の月。冷えるけれど 風のない冬の夜。こんなに長くお月さまと付き合うことも なかった。...
古 来 種 は 脇 に や ら れ て 植 木 市... Iris sanguinea / 菖蒲 / 文目(アヤメ) / TANAKA Juuyoh (田中十洋) 日本古来の、椿や柳、花ならアヤメや菖蒲は、追いやられて隅の方。 何やら名前も知らない外来の、ちょっと見栄えがいいのか、派手な花が前面を仕切る。 静かな宿根草を求めて覗いた植木市。 アヤメなど、...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください