懐 に 鯛 焼 き 抱 へ 急 ぎ 足

ふところに たいやきかかえ いそぎあし

木枯らしの中、マフラーから目だけ出して並んでまで、地域では美味しいと評判の鯛焼きを買いました。
懐に抱えると、単純なもので、心までほっこりとなる感じです。
いよいよ本格的な冬です。
あの狂ったように暑かった夏と残暑を思えば、どうってことない。
鯛焼きで温まっているうちに、春は来そうです。

この句も読まれています。

幾 つ も の 想 い と ぐ ろ に 秋 初 め... 正丸峠の秋 / torisan3500 いつの間に年をとってしまった のだろう。人が言うほど、あた しは年ではない。むしろ観察眼 は、研ぎ澄まされ、人の言葉の 裏を読む術熟練し、これ以上を 望まぬこと達観し、それでもな お、嫉妬に身をやつし、もっと きれいになりたいと願い、なに やら意気揚々と人に...
言い足らず 説明しすぎて 余寒かな 言葉はむずかしい。説明が足りず誤解され、 説明が過ぎて誤解され、後悔することする ことしきり。電話ではなお。そうやって 苦手意識が育つ。時間をおいて、少し距離 をとって、仕切り直し。深呼吸。...
働いて パーマかけたし 天の川 今日は七夕。 織姫と彦星が逢うらしい。 あたしだって、ちょっとは美しくなりたいものだ。 だんだん貧乏が身にしみてきた。...
二十世紀 鳥取の秋の 香りして 鳥取のJAが出荷した二十世紀梨を買った。九州の梨は、大きくて、褐色で、それはそれで美味しいんだけど、私は、二十世紀のあの小ぶりで、締まった味が好き。薄緑色に秋が詰まっているように感じる。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください