懐 に 鯛 焼 き 抱 へ 急 ぎ 足

ふところに たいやきかかえ いそぎあし

木枯らしの中、マフラーから目だけ出して並んでまで、地域では美味しいと評判の鯛焼きを買いました。
懐に抱えると、単純なもので、心までほっこりとなる感じです。
いよいよ本格的な冬です。
あの狂ったように暑かった夏と残暑を思えば、どうってことない。
鯛焼きで温まっているうちに、春は来そうです。

この句も読まれています。

金 柑 は 鳥 の も の な り 少 し だ け... きんかんは とりのものなり すこしだけ キンカンはビタミン豊富で、美容と健康にとてもいいとテレビが言うから、ちぎったのだけれど、なんせまだ寒いし、肥料もやってないから、小粒だし。 結局、名産と言われる宮崎産のきらきらした大粒のものを八百屋で勧められるままに買ってしまいました。 普段なら、皮だけ...
葱坊主(ねぎぼうず) 数多の(あまたの)花に 押されおり... 葱は、放っとくと葱坊主になる。 春の畑は賑やかで、マメの花に、スイートピー、ヤグルマソウやらアイリスあやめ 葱坊主が一番地味。 この無愛想で、色気のない花が春の畑の大事な黒子。...
天 守 閣 あ り や な し や の 花 辛 夷 ( こぶし )... 外様大名福岡黒田藩。 専門家は、この立地では、台風などの危険が大きく、天守閣があったとは思えないとの見解らしい。 あったという有識者もいるらしく、どっちにしても、ここがはっきりしないことには、再建はないとのこと。 城跡は清々しい風が吹いています。 なかったかもしれない天守閣をわざわざ造ることもないと...
もっこうの 薔薇こぼれ降る 春さなか... モッコウ薔薇つるバラ、白もあるらしいが、黄色をよく見る。小さな八重のバラが鈴なりにまるで盛り上がったように、溢れんばかりに咲き誇る、というか花が小さいので、咲き誇るというより、咲き乱れるというより、溢れ咲くというかんじ。かわいい花で、一年のうちほんの十日間くらい咲く。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください