憂きことは 秋空いっぱい ふくらんで

心配事は雪だるま、しだいにしだいに転がって、心はいっぱいになる。どこかで歯止めをかけなければ、これ以上膨らまないように。たいていは、なるようになるしかない。心配してもしょうがない。

この句も読まれています。

どんこ舟 居眠り河童(かっぱ)の 脇を行く(ゆく)... 川くだりのコースの途中に、河童が何匹かいる。多分むかし堀には河童がたくさん生息していて、ときどき堀で働く人や、堀に落ちた子どもを引っ張りこんだのだろう。河童の話は大好きである。きゅうりが好きで、河童の奥さんになるには、きゅうり料理を30種類も習得しなければならないと。河童は悲しいいきものであると。...
万緑の 気溢れいて 息苦し y山が盛り上がるような緑、いかにも力みなぎる万緑。 木々が芽吹き、生長し、むせ返るような緑の息吹、時々むんむんする。 圧倒されて負けてしまう。 仕事、お断りされた。...
お は じ き の 欲 し ゅ う て 欲 し ゅ う て 放 生 会... おはじきの ほしゅうてほしゅうて ほうじょうや 筥崎宮の放生会。 わたしのこころの故郷。 放生会に売り出される、おはじきのかわいらしさと懐かしさ。 のどかで、素朴で、宝物にしたい。 夜明けから、もっと徹底した人は、前夜から並ぶらしい。 その気力、体力がないために、未だに手に入らないでいる。...
ク リ ス マ ス 場 末 の ネ オ ン な お 楽 し... くりすます ばすえのねおん なおたのし ジムのサウナ友だちに、呑み屋のママがいます。 ある日のこと、気取った客から、「中洲に比べれば、バスエだ」と言われた、失礼なと、ぷんぷん怒っていました。 まあそんなことって、話は合わせたものの、確かに中洲と比べれば、雑餉隈はバスエでしょう。 ただ、自分が...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください