憂きことは 秋空いっぱい ふくらんで

心配事は雪だるま、しだいにしだいに転がって、心はいっぱいになる。どこかで歯止めをかけなければ、これ以上膨らまないように。たいていは、なるようになるしかない。心配してもしょうがない。

この句も読まれています。

盆 の 浜 常 世 の 波 の 寄 せ 返 し ぼんのはま とこよのなみの よせかえし トコヨ。 お釈迦さまがおいでになるところ。 あの世。 盆には、亡くなった人びとが帰って来ると云います。 寄せては返す波も、遠い世界の波かもしれない。...
啓 蟄 や 動 き 始 め は 美 容 院 けいちつや うごきはじめは びよういん わたしも虫のような生活をしています。 世の中の役に立つわけでなし。 テキトーに暇で、テキトーに忙しい。 寒い間は、エアコン全開、さらに着膨れして句会用の句を慌てて作り、当然駄作ばかり。 去年までは、灯油のストーブを愛用したのに、入れるのが面倒で、今年からはさ...
立ち話 自転車の籠(かご) 蕊(しべ)の籠... 20090520 Narai-Juku 2 (Red) / BONGURI 風にのって桜が散る。花より紅い蕊も散る。 図書館の横の道、ママチャリを停めて立ち 話。紫外線が気になるのか、木蔭。蕊は地 面に散る。自転車の籠に散る。...
向 日 葵 は 俯 く こ と を 許 さ れ ず... ひまわりは うつむくことを ゆるされず こわせないイメージって、厄介で怖いと思います。 明るいからって、いつもいつも明るくなんてしてられないはず。 オシドリ夫婦だってそう。 ほんとはオシドリ、毎年相手を変えるのだそう。 なんでも決めつけるのは良くないし、まちがいのもと。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください