憂きことは 秋空いっぱい ふくらんで

心配事は雪だるま、しだいにしだいに転がって、心はいっぱいになる。どこかで歯止めをかけなければ、これ以上膨らまないように。たいていは、なるようになるしかない。心配してもしょうがない。

この句も読まれています。

明け方の 雨の雫か 吊忍(つりしのぶ)... 朝早くに雨が降ったらしい。 吊忍は、軽石のようなものに、しだや、常緑の小さい植物を植えて、 ぶら下げて愛でるもの。 昔の映画には、よくあって、わたしも好きで、ぶら下げている。 華やかではないけれど、心が落ち着く。 吊忍に雨の雫がいっぱい残り、心なしか元気。 やっぱり雨がいい。 水道の水を遣ったり、霧...
豆 腐 屋 と 蕎 麦 屋 潤 し 雪 解 水 脊振の中腹、今建設中の五ケ山ダムより更に上に豆腐屋と蕎麦屋があります。 どちらも水を大量に、それも質のいい水を求めます。 豊富な湧き水があり、知る人ぞ知るです。 大きなダムと道路が、山を谷を分断することが残念です。...
疲れおり 冷奴さえ 取り落とし 久しぶりの休み、とにかく疲れて動けない。 ごろごろ寝るのも、なんかだるい。 一瞬うたた寝したみたい。 冷奴は、口まで運べない。...
稲 雀 届 か ぬ と こ ま で ち ょ い 逃 ぐ る... いなすずめ とどかぬとこまで ちょいにぐる 人の気配に驚いて、いっせいに飛び立つなら可愛げもあるけれど、被害の及ばないと思われるところまで測って逃げているふうなのです。 知恵がついたのか、もともと少しは賢いのか、カカシなんかにだまされるのか、疑わしい。 カラス並みにアタマいいかも。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください