憂いなく 人を信じて 母のありせば

この句も読まれています。

一 日 の 晴 れ で は 木 下 (こした) 湿 る ま ま... Droplets after rain / Takashi(aes256) あれだけ降ったあとだ。 気が早くて、もう布団を干してる家もあるけど、まだ早かろう。 土はじっくりと濡れ、浸み込み、川の流れも何も変わらない。 樹々は乾いているように見えるが、大樹の根元は、地面はおろか、木の皮も乾いてはいな...
熱燗の しびるるままに そのままに... ただ喉を越すそのときだけは、何も思わず考えず。 のしかかり、責めて来るいくつかの十字架をほんの一瞬おろす。...
置 き 屋 な る 色 気 纏 ひ て (まといて ) 京 紅 葉... Kamishichiken Maiko / Japanexperterna.se 芸者さんを派遣するところを置き屋というらしい。美しい、珠玉の芸妓が溢れるほど出入りするらしい。若い日の若尾文子みたいな人がいるのだろうか。そうでもないのか。映画の世界では、置き屋のお母さんは杉村春子だったり、新珠三千代...
咲いて散る 花の筏(いかだ)に 三度酔う... 花は、蕾のうちから、人の口にのぼり、三分五分と騒がれ、そして満開を迎える。 花は、散るときも風情を漂わせ、はかなげで、美しい。 風に吹かれて、水面に散った花びらは、離れて寄って、水の流れに沿って、 人はそれを見て、またも心を打たれる。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください