愛 憎 の 絡 み の 如 し 烏 瓜

あいぞうの からみのごとし からすうり

最近は野山を歩いても、カラスウリに出会うことはあまりありません。
でも、オレンジ色の実が、次第に色づいて赤くなり、赤を通り越して、燃えるような紅にまでへんげし、手繰り寄せれば、上がったり下がったりしながら近づいては来るのだけれど、最後のところで、何かに引っかかってブチっと切れるものです。
これを男女の愛憎にこじつけるのもどうかと思うのですが、一人で燃えてもどうにもならず、愛しさは憎しみと紙一重などなど思ってしまいます。
年をとれば、そんな焼かれるような想いもしなくてすむものです。

この句も読まれています。

花 の 雨 性 (さが ) な る も の を 想 ひ た り... はなのあめ さがなるものを おもいたり 人が桜を愛でるのは、その儚げな姿、咲き誇った艶やかさ、散り際の潔さに尽きると思うのです。 咲いて散るこれもまた、さだめでしょう。 古来から、吉野の山にお詣りに来た人々が花を植え続けてきたというのも、持って生まれた運命を どうにかしようと思うわけではなく、しみ...
悲しみは 重なりて来る 虎落笛 不思議なことに、苦しみや悲しみは重なって襲ってくる。これでもかこれでもかと。もう息ができないほど。
春 隣 初 め の 威 勢 オ ル ゴ ー ル Shining Disc / halfrain オルゴールが好きで、「月の砂漠」を探しているのだけれど、いまだに巡り会えない。はじめトントン拍子で、次第に緩やかになっていき、ぽつんぽつんと奏でるうちに寝てしまう。隣の箱には、大抵大事な物を入れる。わたしには、とっておきたい大事な物などないから、オルゴ...
冬 時 雨 種 馬 に あ り 時 間 割 ふゆしぐれ たねうまにあり じかんわり 馬は血統。 父親と母親 が誰かが、いちばん大切なことです。 同じ哺乳類ですから、人間も似たような ものなのに、「努力は天才に勝る」 「天は二物を与えず」などと、いかがわしい嘘くさいことわざがあります。 努力が天才に勝ることはなく、天は二物も三物 も与えます。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください