愛 憎 の 絡 み の 如 し 烏 瓜

あいぞうの からみのごとし からすうり

最近は野山を歩いても、カラスウリに出会うことはあまりありません。
でも、オレンジ色の実が、次第に色づいて赤くなり、赤を通り越して、燃えるような紅にまでへんげし、手繰り寄せれば、上がったり下がったりしながら近づいては来るのだけれど、最後のところで、何かに引っかかってブチっと切れるものです。
これを男女の愛憎にこじつけるのもどうかと思うのですが、一人で燃えてもどうにもならず、愛しさは憎しみと紙一重などなど思ってしまいます。
年をとれば、そんな焼かれるような想いもしなくてすむものです。

この句も読まれています。

施 餓 鬼 に も 経 の 上 り て 月 明 か り... せがきにも きょうのあがりて つきあかり 供養されることなく、餓鬼に苦しむ無縁亡者に経をあげ、飲食を施す法会です。 どこの寺でも行っているわけではなさそうですが、盆の行事として、続けているところもあります。 仁王像の足元に、踏みつけられて、救いのない表情を浮かべて苦しんでいるのが、餓鬼と呼ばれるも...
日の盛り 外仕事の我 日に射られ 暑い盛りの、屋外の仕事はたいへんです。 工事現場や交通整理や植木屋さんや頭がさがります。
初 夢 や 逢 ふ は ず の な き 人 と 人... 夢 / ghoguma 知り合いのあの人この人が、夢に現れる。接点のない人が、私の夢では、いっしょになる。いろいろ通り過ぎてきたけれど、残る人はわずか。そんなものだろうか。改めて思えば、幾人もいない。...
シ ネ マ 出 で ネ オ ン 運 び し 秋 の 川... わたしは、盛り場の夜の雰囲気が嫌いではない。 川面に映るネオンを見飽きることがない。 独特の匂いがする。 昼間通れば、汚れの目立つ、なんのことはない街が、変身するのが、むかしから面白かった。 綺麗なお姉さんの中に、ほとんどすっぴんの人もいた。 上客が付いていた。 薊のかずよさんて女性。 目がクルッと...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください