愛 憎 の 絡 み の 如 し 烏 瓜

あいぞうの からみのごとし からすうり

最近は野山を歩いても、カラスウリに出会うことはあまりありません。
でも、オレンジ色の実が、次第に色づいて赤くなり、赤を通り越して、燃えるような紅にまでへんげし、手繰り寄せれば、上がったり下がったりしながら近づいては来るのだけれど、最後のところで、何かに引っかかってブチっと切れるものです。
これを男女の愛憎にこじつけるのもどうかと思うのですが、一人で燃えてもどうにもならず、愛しさは憎しみと紙一重などなど思ってしまいます。
年をとれば、そんな焼かれるような想いもしなくてすむものです。

この句も読まれています。

世の中に 置いてゆかれて 夏がゆく... 仕事が決まった‥つもり。面接のあと、「水曜日に電話します」と言われて、ずっとかかってこなくて、月曜日。給料のことを決めたいとまた、呼び出されて、「いつから就業してもらうか、明日電話します」って。またそのまんま。あした電話して、どうなっているのか聞いてみるつもりだけど、決まっても、たいしたことない予感...
石階段 窪み(くぼみ)に花と 花の雨 神社に登る石造りの階段。 そのくぼみに早くも散った 桜の花びら、降り続く雨。 もうこれで、終わるかな。
生 身 魂 も て た も て た と 嘘 八 百... 年をとった男の共通点。 生まれ、育ち、学歴、職歴を問わず、喜ぶ言葉がある。 「よく遊んだでしょう?」 どうも、もてたと、ほとんど同義語と考えてる様子。 貴方みたいなセクハラ親父がモテるわけはない。 貴方みたいなドケチを、オンナが好きになるわけない。 貴方みたいな、理屈っぽくて、プライドの高い、知識を...
や り 直 し た き こ と 数 え 春 霰 ( あられ )... はっきり言えば、全部丸ごとやり直したい。 あれもこれも失敗。 どうにも挽回できないことがほとんどだけど、小さなことでもやり直せるなら、この先の人生を、そこに力を注入して死にたいと思う。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください