愛 憎 の 絡 み の 如 し 烏 瓜

あいぞうの からみのごとし からすうり

最近は野山を歩いても、カラスウリに出会うことはあまりありません。
でも、オレンジ色の実が、次第に色づいて赤くなり、赤を通り越して、燃えるような紅にまでへんげし、手繰り寄せれば、上がったり下がったりしながら近づいては来るのだけれど、最後のところで、何かに引っかかってブチっと切れるものです。
これを男女の愛憎にこじつけるのもどうかと思うのですが、一人で燃えてもどうにもならず、愛しさは憎しみと紙一重などなど思ってしまいます。
年をとれば、そんな焼かれるような想いもしなくてすむものです。

この句も読まれています。

秋 の 蝉 力 強 き に 驚 け り 蝉 / norio_nomura 盛りは過ぎた。余命幾ばくもなかろう 蝉が、意外としっかりと鳴く。夏の盛 りとひとつも変わらない。今ある命を ていねいに、まっしぐら。頑張れ。...
糠(ぬか)入れて 炊き出し鍋で 竹を煮る... 洋裁教室で、筍の湯がき方を習った。さっそくご指定の八百屋さんに行って、断面が丸じゃなくて、楕円のタケノコ、小さめのをいくつか買って、ぬかをもらって来た。小さいのを選んだつもりが、持って帰ってみると、けっこうデカくて、くるくる皮をむいて滅多に使わないアルミの、いつも捨てようと思って思いとどまっている鍋...
梅雨を聞く 泥のごとくに 疲れいて... 待望の梅雨入りだというのに、からだはずぶずぶに疲れて、起きることさえつらい。布団のうえで、指を動かしてみる。寝返りをうってみる。からだが元気なら、あいつが言った事、情けなかったこと、悔しいことなど、頭に浮かんでは消え、浮かんでは消えするのに、ありがたいことに、なにも考えられない。人間は動物だから、自...
蝉 時 雨 泡 い っ ぱ い に 茶 を 点 つ る... せみしぐれ あわいっぱいに ちゃをたつる 裏千家は泡を立てませんが、表は泡が立つように、空気を巻き込むように茶せんを動かします。 灼熱地獄、ジージーワンワンと蝉はほぼ一日中鳴きわめきます。 セミと張り合うわけではないけれど、限界まで茶せんを回してしまいます。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください