悔やみ来て 薄暮の空を 仰ぎ見る

人生って、大きな間違いをしてしまうと、
それはもう、取り返しがつかない。
人生は何度でもやり直せるなんて、真っ赤なウソ。
それから先の人生は、後始末に生きるようなもの。
いまさら言ってもしょうがないことは、もう
言わないけど、たまに空を見て、ふーっと
考えることがあります。
それは、寒い冬より、ちょっと春を感じるようになった、
暖かい日の、夕暮れが多いような気がします。

この句も読まれています。

梅 雨 の 夢 昔 の 些 末 浮 か び 消 え... なぜか梅雨の頃はおかしな夢をみる。 リアルな場所で、けっこう変な状態にいつもなっている。 うれしいことは、あまりない。 目が覚めたとき、何故かいつも疲れている。 そして目が覚めてからも、暫くは覚えている。 目が覚めた途端に忘れることも多いのだけど、この時期の夢だけはそうではない。 湿度が高いせいか。...
水 の 合 ふ 合 は ぬ は 確 か 蟇 みずのあう あわぬはたしか ひきがえる 人の世は、正しい、正しくないだけで動いているものではないと確信します。 人事なんて最たるもの。 そして無理して、気を使ったり、ゴマをすったりしても長続きはしないのではと思っています。 ヘタすると、自分が壊れてしまう可能性さえありそうです。 流れに任せて、言う...
蜥蜴 (とかげ) 鳴 く 希 望 と い う よ り 野 望 あ り... Happiness is a warm rock / wolfpix 秋も極まった。あたしには 小さな望みがある。今は言 えない。正社員から、パー トになる。来月から。なる というのではない。やむな く、泣く泣くそうさせられ る。ただ物は考えようだと 思うことにした。 給料は減るが、時間が増え る。...
文机 簾(すだれ)を掛けて きりっとす... 陽射しが、強くなってきて、窓に簾をかけた。 簾越しに五月の樹々と若葉のいぶき。 風は爽やか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください