悔やみ来て 薄暮の空を 仰ぎ見る

人生って、大きな間違いをしてしまうと、
それはもう、取り返しがつかない。
人生は何度でもやり直せるなんて、真っ赤なウソ。
それから先の人生は、後始末に生きるようなもの。
いまさら言ってもしょうがないことは、もう
言わないけど、たまに空を見て、ふーっと
考えることがあります。
それは、寒い冬より、ちょっと春を感じるようになった、
暖かい日の、夕暮れが多いような気がします。

この句も読まれています。

大 花 火 余 韻 の 闇 に 目 を 凝 ら し (こらし)... Fireworks / Takashi(aes256) 金色に近い、ただ一色の花火が好きです。 ばちばちと音をあげる、細かい工夫のものより。 いくつもいくつも重ねて上げるのも、華々しいけれど、ドンと上がって、見惚れているうちに、雫が落ちるように、静かに終わる。 しばらくは闇。 花火師さんには、次の...
この空は ああもう明けたか 雲の峰... ああ、これはもう梅雨の空じゃない。天気予報が何と言おうと、明けたんだな。灼熱地獄のn幕開けか。朝から晩まで、室温30℃に設定されてる。エコと言うよりいやがらせ。あとどのくらい。あたしはもうこれ以上痩せたら病気になるくらい参っているのに。自分のとこには風が来るんだなあの人。...
うそ寒し 人のえにしは 猫の目の 一番危ういもの、一番あてにできないものは、人間の関係です。 同性でもそう、男と女に至っては、もうはかないものです。 でも人生にはそれを理解しない、はかなさを信じない、時期があるものです。 理解しても、やっぱり踊らされ、落ち込み、わかっていてもどうにもできない時期もあります。 まだ懲りないのか、あきれ...
異 母 妹 に だ け の 西 瓜 や は し ゃ ぎ 声... あんな想いは、子どもの心をとてつもなく傷つける。 子どもはそれを人に言ったりしない。 長い長い年月が経っても、あの胸の重苦しさは忘れようがない。 あいつはすっかり忘れている。 そんなものだろう。 運命というものなのだろう。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください