悔やみ来て 薄暮の空を 仰ぎ見る

人生って、大きな間違いをしてしまうと、
それはもう、取り返しがつかない。
人生は何度でもやり直せるなんて、真っ赤なウソ。
それから先の人生は、後始末に生きるようなもの。
いまさら言ってもしょうがないことは、もう
言わないけど、たまに空を見て、ふーっと
考えることがあります。
それは、寒い冬より、ちょっと春を感じるようになった、
暖かい日の、夕暮れが多いような気がします。

この句も読まれています。

一 日 の 晴 れ で は 木 下 (こした) 湿 る ま ま... Droplets after rain / Takashi(aes256) あれだけ降ったあとだ。 気が早くて、もう布団を干してる家もあるけど、まだ早かろう。 土はじっくりと濡れ、浸み込み、川の流れも何も変わらない。 樹々は乾いているように見えるが、大樹の根元は、地面はおろか、木の皮も乾いてはいな...
おろおろと 春の日暮れの 大根の花... 春の陽は、おろおろと暮れる。暑いのか寒いのか、風は吹いているのかいないのか、日は止まったように一定で、ある時を境に、つんのめったように暮れてしまう。その時を確かめようとするが、難しい。ただ白い大根の花が、薄暗闇にほわっと浮き上がって見える。遅い春は、大根の花が美しい。...
有 明 の 遠 白 波 や 長 き 日 に ありあけの とおしらなみや ながきひに 春になり、日が長くなりました。 いつまでも暮れない陽は、遠浅の海を映し、はるか遠くから白波を蹴立てて走り来る波は見ていて飽きることがありません。 沈みかけたお日さまも同じです。...
黄落に ひなた探して 落ち葉踏み 樹々の長い影、一面のもみじ、ポケットに手をいれて、出したばかりのナフタリンクサイマフラー巻いて、日なたを選びながら歩く。 人生の状況は良くないけど、思わず秋の空を仰ぐ。 iPhoneからの投稿...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください