悔やみ来て 薄暮の空を 仰ぎ見る

人生って、大きな間違いをしてしまうと、
それはもう、取り返しがつかない。
人生は何度でもやり直せるなんて、真っ赤なウソ。
それから先の人生は、後始末に生きるようなもの。
いまさら言ってもしょうがないことは、もう
言わないけど、たまに空を見て、ふーっと
考えることがあります。
それは、寒い冬より、ちょっと春を感じるようになった、
暖かい日の、夕暮れが多いような気がします。

この句も読まれています。

春の空 貨車鉄橋を 通過中 貨物列車。石油を積んで、根岸からやってくる。去年、3/17に動いたときは、心強かったよ。 / freedomcat 春真っ盛り。海にほど近い川の河口に造られた鉄橋を貨物列車が行く。橋だから、音は大きくなる。不思議と列車の通過音は気にならないどころか好ましくもある。車だとそうはいかない。もうそこに海が...
紅 葉 渓 見 下 ろ し 単 線 一 両 車 もみじだに みおろしたんせん いちりょうしゃ 若葉の季節、モミジの季節には観光客でいっぱいになる観光列車です。 もちろん通勤通学にも使われます。 山は歩くのも素敵ですが、上から見下ろすとまた違う新鮮な顔を見せます。 ですから、ロープウェイやケーブルカーも大好きです。 気候や温度によって、モ...
刑 務 所 の 高 き 塀 な り 冬 日 受 け... けいむしょの たかきへいなり ふゆびうけ 宇美刑務所。 塀に沿って、銀杏並木でも植えたら良さそうだけれど、目的からそうもいかず。 殺伐とした側道に、落ち葉が乾いた音を立てて走ります。 暖かい冬の日差しが惜しげもなく、高い塀に降り注ぎます。 見るからに寂しい風景です。...
盆 栽 の 林 檎 た わ わ に 幼 の 手 ぼんさいの りんごたわわに おさなのて じいちゃんの自慢、手塩にかけた盆栽。 姫リンゴと言うのでしょうか、小さな風格のある樹に、一人前に実がいくつもなっています。 子どもなら取るに決まっています。 そんなに嘆くなら、外に置くか、松とかツツジばかりにするかしてください。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください