悔やみ来て 薄暮の空を 仰ぎ見る

人生って、大きな間違いをしてしまうと、
それはもう、取り返しがつかない。
人生は何度でもやり直せるなんて、真っ赤なウソ。
それから先の人生は、後始末に生きるようなもの。
いまさら言ってもしょうがないことは、もう
言わないけど、たまに空を見て、ふーっと
考えることがあります。
それは、寒い冬より、ちょっと春を感じるようになった、
暖かい日の、夕暮れが多いような気がします。

この句も読まれています。

顎 ( あご ) 引 き て 三 瀬 峠 の 蓬 餅 ( よもぎもち )... 佐賀県三瀬村。 むかしは三瀬峠を通ったと聞いています。 三瀬トンネルが出来て、雪でも行き来できるようになり、便利になりました。 トンネルを出たところの、道の駅というには素朴な食堂と農産物購買所が合体した店には、まさに産直の蓬餅があります。 今朝収穫したのではないかと思われるビタミンたっぷりの様相のよ...
冬 紅 葉 せ せ ら ぎ 枯 れ し 小 川 岸... そこいらの紅葉がほとんど葉を落としてしまっても、鮮やかな色を保ったままの美しい紅葉。 冬紅葉。 蛍が見られたころは、水量も多く豊かな流れだった小川が、冬ざれた今となっては、水枯れしてみる影もない。 せせらぎの合流地点には、楓の大木が、枝ぶりも良くこの寒空の下立派な冬紅葉となっているのを見つけて、ちょ...
糠(ぬか)入れて 炊き出し鍋で 竹を煮る... 洋裁教室で、筍の湯がき方を習った。さっそくご指定の八百屋さんに行って、断面が丸じゃなくて、楕円のタケノコ、小さめのをいくつか買って、ぬかをもらって来た。小さいのを選んだつもりが、持って帰ってみると、けっこうデカくて、くるくる皮をむいて滅多に使わないアルミの、いつも捨てようと思って思いとどまっている鍋...
小糠雨(こぬかあめ) 沈丁の香 閉じ込めて... 沈丁花の花が咲き出しました。 赤と白では、どちらが香りが強いのでしょう。 駐車場とか、高架の下とか、川べりとか、思わぬところで、香りがすると、 嬉しくなります。 今日は、朝から小さな雨が降っていて、おさまる気配もありません。 気のせいか、沈丁花の香りも雨に閉じ込められて、薄くなったような気がします。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です