息吸って 腰引き目開き シャボン玉

シャボン玉で遊ぶ子供
シャボン玉で遊ぶ子供 / marumeganechan

道端で子どもたちがシャボン玉の大きさを競っている。子どもが外で遊ばなくなって久しいので、その様子が楽しそうで、しばらく見ていた。シャボン玉は大きくするには、息をゆっくり吐くこと。どうやらそこは押さえたらしい。大きく息を吸って、身体をいくぶんくの字にして、どんぐりまなこで、がんばっている。連休の過ごし方なんて、これでいい。わざわざ人混みに出かけて、渋滞に巻き込まれずとも、これでいい。

この句も読まれています。

冬 木 立 透 け て く る り と 月 の 道... ふゆこだち すけてくるりと つきのみち 二月の月は、痛いほど冷たい色を放ちます。 冷えた空気のせいなのか、天体のことは苦手で、さっぱりなのですが、中秋の名月ごろの暖かさとは、あきらかにちがいます。 葉を落とした大樹の向こうに月があります。 照らされて、樹々は枝の先まで明らかになったように感じます。...
春 の 月 吹 き 抜 く 風 は ま だ 尖 り (とがり )... 朧月とはいかないけれど、確かに春の月です。 凍てつく冬の月とはちがいます。 ただ風はまだ冷たい日があり、早朝はまだ寒くもあるけれど、季節が移りつつあるのが嬉しいのです。...
電 車 行 く ホ ー ム の 椅 子 の 春 の 月... 慣れ親しんだ駅なのに、北口が出来、迂回が必要になり、通路は延びてちょっと迷ってる間に電車は出てしまった。 しばらくは来ない。 ベンチに座って待つことにする。 ホームの屋根と壁一面の看板の隙間に春の月。 寒いとはいえ凍てつくほどでもなく、ほっかりした月を見ながら時間をやり過ごす。 季節やお天気、時間そ...
深読みし 薄氷(うすらい)の張り 胸の内... 人の、ちょっとした仕草や、表情に困惑することがある。 「えっ、なんで。どうかした?」「なんか、気に障った?」 考えすぎなのかな。 でも、こういう感は当たるよね。 しばらく用心して、喋らないようにしたほうがいいのかな。 疲れる。 よかったらクリックください。励みになります。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください