息吸って 腰引き目開き シャボン玉

シャボン玉で遊ぶ子供
シャボン玉で遊ぶ子供 / marumeganechan

道端で子どもたちがシャボン玉の大きさを競っている。子どもが外で遊ばなくなって久しいので、その様子が楽しそうで、しばらく見ていた。シャボン玉は大きくするには、息をゆっくり吐くこと。どうやらそこは押さえたらしい。大きく息を吸って、身体をいくぶんくの字にして、どんぐりまなこで、がんばっている。連休の過ごし方なんて、これでいい。わざわざ人混みに出かけて、渋滞に巻き込まれずとも、これでいい。

この句も読まれています。

春 の 雨 樹 々 潤 し て み も ざ 打 つ... はるのあめ きごうるおして みもざうつ 春の雨です。 雨はあられに変わったようです。 多くの樹々の栄養になったには違いないのだけれど、満開のミモザには痛手かもしれない。 降るような黄色の花が、どうかしばらくそのままでいますように。...
紫陽花の 首振って挿す 戻り梅雨 雨に濡れた紫陽花を一輪というか、一本切って花瓶に活けた。活けたというか、つきたてた感じ。何というか、頭の大きなでく人形みたい。雨を振り落とすのに、ちょっと振った。風情のない生け花。...
長 梅 雨 に 売 家 の 札 も 滲 み け り... もうずいぶん長いこと「 売り家 」の木札が下がっている。 家というものは、人が住まなくなると、途端に歳をとる。 急に痛み出す感じがする。 アクセスは、そう悪くないのに、このお化け屋敷が災いして、 売れないのだろうか。 いっそ徹底的に古ければ、壊せばいい話だが、微妙なところか。 当然、庭木も伸び放題。...
奈良漬の あとに蕪(かぶ)など 漬ける秋... 酒蔵で今年の奈良漬を買った。酒かすの中に奈良漬がほんの一枚半。酒かすがいっぱい残ったので、もったいなくて蕪をスライスして漬けたら、結構おいしかった。損したような得したような。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください