忠霊塔 夏陽の影の 長く曳き(ひき)

夏は真っ盛りを過ぎ、暑さはそのままに、
季節は少しずつではあるが、移ろう。
忠霊塔の大きな石は、長い長い影を、
となりの中学校の校庭まで、引っ張られるように
精いっぱい伸ばしている。

この句も読まれています。

ふたつ三つ 増えて植田の 心意気 100523_taue_akita / ivva そろそろ田植えが始まった。そのすべてが同じ日にとはいかないものの、確実に、着実に進んでいる。ちょっと見ぬ間に。水路の口は、開かれたり閉じられたり、都度都度有効に働くものらしい。今年もこの季節が来た。去年も、同じ場所で、同じ感動を覚えたものだ。不思議と...
初春に 初豆乳を 飲み干する 新しい年が明ける。 どんな年か、ああ考えても恐ろしいだけ。 あたしは去年の12月は、何度となく、繰り返し繰り返し 赤穂浪士を見ました。 ケーブルであったり、ふつうのテレビだったり、いろいろ ですけど、10回は軽く超える回数見ました。 結果がわかっているから、落ち着くのです。 そのうえ役者がちがう、時...
着ぶくれて 寒晒しの(かんざらしの) 心いだいて... 心が冷える。コート着てマフラー巻いて手袋して帽子かぶっても、暖まらない。心臓が凍ってる。 
今日よりは 恨み捨てろと 春満月 同窓会に参加した。大きな大きな同窓会で 知らない顔の方が多かった。一度も話した ことのない人から挨拶された。30年も前に 死んだ父にとても世話になったと。それで 人生が変わったと。わたしの父親という人 間はとにかく外ヅラのいい人間で、家を省 みることのなかった人で、そのせいで、し なくてもいい苦労を...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください