忠霊塔 夏陽の影の 長く曳き(ひき)

夏は真っ盛りを過ぎ、暑さはそのままに、
季節は少しずつではあるが、移ろう。
忠霊塔の大きな石は、長い長い影を、
となりの中学校の校庭まで、引っ張られるように
精いっぱい伸ばしている。

この句も読まれています。

燈篭の なぜにくるくる 戻りくる 一周忌、川に流した燈篭が、何度も帰り着くのは、心が痛むものです。 名残惜しいのか、心が残っているのか…...
耳 納 山 稜 線 豊 か 山 眠 る みのうさん りょうせんゆたか やまねむる 耳納山系、久留米市から大分県の県境まで続く比較的穏やかな山地です。 耳納山、鷹取山、高良山どれも登りやすい山で、特に高い山はありません。 なだらかに続く尾根が特徴で、湧き水には定評があります。...
記憶など 流してしまえ 梅の雨 梅雨の雨とは思えぬほどの豪雨、降って降って降りまくれ。野に山に浴びるほどの雨を降らせ、ついでにあの、風呂敷を頭から被りたいような昔のことも流してくれればいい。長く生きると、恥ばかり増えるような気がする。あのオトコも、死んじまえ。...
卒 業 や 学 び 舎 (まなびや ) 遥 か 遠 眼 鏡... 学校は遥か、小さいメダルのように遠くに在りて偲ぶものかもしれない。 もう二度と同じように集うことはない。 昨日までとは違うことを、すぐに肌で感じとるに違いない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください