忠霊塔 夏陽の影の 長く曳き(ひき)

夏は真っ盛りを過ぎ、暑さはそのままに、
季節は少しずつではあるが、移ろう。
忠霊塔の大きな石は、長い長い影を、
となりの中学校の校庭まで、引っ張られるように
精いっぱい伸ばしている。

この句も読まれています。

京 人 参 出 で て 新 年 近 ま り ぬ きょうにんじん いでてしんねん ちかまりぬ 正月料理に使う、あのオレンジ色ではなく、真っ赤な人参。 京人参とか、金時人参というらしいです。 トマトとおんなじリコピンという物質が豊富で、がん予防になるとか。 スーパーや八百屋にこれが並ぶと、もう数え日に入ったと実感します。...
雪しまく 白熱灯に 暖をとり 吹雪いている。 風で雨戸がガタガタ音を立てている。 明日の朝は、雪景色だろうか。 世の中はもうすっかりLED電球になったようだが、買い置きした白熱灯をつけている。 顔色がよく見えるような気がする。 ご飯も美味しそうに見える気がする。 あったかくて、なんかほっとする。 よかったらクリックください。励み...
ささがきの ごぼう晒して(さらして) 秋の水... ごぼうをささがきにする。 すぐ色が変わるから、水を張ったボールにそぎ落とす。 以前は面倒だったから、ささがきゴボウを買っていたけれど、 あの色の美しさが気持ち悪くなって、だって、まともに やってたら、ごぼうは真っ黒になるはず。 真っ白はおかしい。それで、自分でささがきにすることにした。 地鶏と混ぜて...
麦 を 蒔 く 日 の あ る う ち に 暮 れ ぬ う ち... むぎをまく 日のあるうちに 暮れぬうち ついこの頃稲刈りが終わったばかりだというのに。 稲刈りが済んだ田を鋤き起こして、塊になった土くれを砕き、畝を再びたて、麦を蒔くのだそうです。 蒔く麦には、消毒がなされていると聞きます。 早すぎても、遅すぎても其れなりの病気に罹ること多く、時機を見極めることが...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください