忠霊塔 夏陽の影の 長く曳き(ひき)

夏は真っ盛りを過ぎ、暑さはそのままに、
季節は少しずつではあるが、移ろう。
忠霊塔の大きな石は、長い長い影を、
となりの中学校の校庭まで、引っ張られるように
精いっぱい伸ばしている。

この句も読まれています。

大豆干す 安寿恋しや ほーやれほ 秋の空を見ると、思い出すのです。 山椒大夫 わたしが、小学2年のときに、はじめて学校から映画館まで歩いて、見に行ったのは、 「モスラ」と「安寿と厨子王」 感動しました。 年をとって、目が不自由になったお母さんが、雇われた家の庭先で、雀をはらいながら、 念仏のように、つぶやくのです。 「安寿恋しやほう...
親切に 距離をとられて 風が吹く 別になんの下心があるわけでもない。ただなんとなくこの人と話がしたいと思っただけ。親切だけど、わたしの話を、親身になって、聞いているわけではないことに、ふっと気が付く。なにがどうしたというわけではない。さっと流れた空気とでもいうのか。むなしい。ふだんは表面だけのつきあいしかしないわたしが、ふと感じた好...
山茶花の 咲き終わるまえ 散りはじめ... 山茶花の垣根にようやく花が咲き始めました。まだちらほらですが、地面にはもう散った花びらが落ちています。つぼみをふたつ小さな花器に入れて玄関に置くと、固かったつぼみがもう咲いてる。あわただしいこと。椿より小さくて、椿ほど重みもなくて、垣根によく合う手ごろな花という感じです。...
春霞 護岸工事の ブルドーザー... 暖かい春の日差し、橋の上から見ると、川面はきらきらとかがやきながらさざ波。工事の車が土を掘ったり積んだり、たぶん忙しく働いてるんだろうけど、ぼんやり霞のかかった風景の中では、のんびりと見えまるでおもちゃが動いているよう。のどかだ。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です