忘 れ た き 花 の 散 る に は 間 に 合 は ず

わすれたき はなのちるには まにあわず

忘れた方がいいことが、だんだん増えるような気がします。

夢のような日々なんて、うそくさいものは、この世にはなく、気のめいるようなことには記憶力がいいのです。

サクラが散るに任せるように、忘れるべきことも共に散ってくれれば、少しはスッキリしはせぬか。

ただサクラのあのみごとなあっけらかんとした散りようにはついていけず、しがみついたミイラのようなものが、あるにはあります。

水に流せるよう努力はしています。

この句も読まれています。

針 無 し の ホ チ キ ス 買うて 春 う ら ら... はりなしの ほちきすこうて はるうらら もう随分前に売り出されて、珍しくて、なんども閉じたり、バラしたりして、仕組みを楽しんだものです。 文房具屋さんで、皮細工用のカッターと、カシメとカシメ打ちの道具を買いに行ったついでに、ようやく世間に遅れること数年で、この魅力的なホチキスを我が物にしました。 ...
降り出した スコール脳天 打ちまくり... 最近の夕立の激しいこと。ゲリラ豪雨。痛いほどの雨粒。びしょ濡れ、まったくもう、風呂帰りなのに。
わが身には 栗飯食うた 記憶なし 栗ご飯、秋の食卓、栗を剥くのはとても手間がかかって、大変 食べる家族の喜ぶ様子を思いうかべながら、支度をするのでしょう。 そんな手間のかかる、食卓を囲んだ記憶がありません。 まずくて吐きそうになりながら、目に涙を浮かべながら、むりやり詰め込んだ記憶ばかりです。...
花冷えの 小さな家を 爪先立ち 桜が、ずいぶんと早く咲いた。 この寒さ、床をはだしで歩くことできず、 靴下を取りに行くのは、面倒。 したがって、バレリーナのように、爪先立ちで、踊るように歩く。 よかったらクリックください。励みになります。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です