忘 れ た き 花 の 散 る に は 間 に 合 は ず

わすれたき はなのちるには まにあわず

忘れた方がいいことが、だんだん増えるような気がします。

夢のような日々なんて、うそくさいものは、この世にはなく、気のめいるようなことには記憶力がいいのです。

サクラが散るに任せるように、忘れるべきことも共に散ってくれれば、少しはスッキリしはせぬか。

ただサクラのあのみごとなあっけらかんとした散りようにはついていけず、しがみついたミイラのようなものが、あるにはあります。

水に流せるよう努力はしています。

この句も読まれています。

吐く息を フェイクの狐(きつね)に 吹きかけり... あんまり寒いから、襟巻きを引っ張り出した。 ちょっと時代がかっておかしいのだけど、 しょうがない。偽物の狐の襟巻き。 口から鼻から覆って、目だけ出したら、なんか楽。...
胸 底 の 水 琴 窟 に 皐 月 雨 水琴窟 / Kentaro Ohno わたしには心臓の奥に、涙の壺がある。 子どもの頃、理不尽なことでたびたびまま母から怒られ、叩かれ、ご飯を抜かれ、さまざまなことから形成されたものと思う。 大人になって、壺が溢れることはなくなったが、壺そのものはそのままそこにある。 ときおりどろりとした得体のし...
今日よりは 恨み捨てろと 春満月 同窓会に参加した。大きな大きな同窓会で 知らない顔の方が多かった。一度も話した ことのない人から挨拶された。30年も前に 死んだ父にとても世話になったと。それで 人生が変わったと。わたしの父親という人 間はとにかく外ヅラのいい人間で、家を省 みることのなかった人で、そのせいで、し なくてもいい苦労を...
情 念 の ほ と ぼ り 冷 ま す 蛍 か な... じょうねんの ほとぼりさます ほたるかな 追えば逃げる逃げれば追うなどと言われ、むかしからオトコとオンナの間には、理解できない深いミゾが存在するのか、愛しかったり、殺したいほど憎んだり、なんともいそがしいものです。 感情は、自分でコントロールできるものでもなく、振り回される感はあります。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください