忘 れ た き 花 の 散 る に は 間 に 合 は ず

わすれたき はなのちるには まにあわず

忘れた方がいいことが、だんだん増えるような気がします。

夢のような日々なんて、うそくさいものは、この世にはなく、気のめいるようなことには記憶力がいいのです。

サクラが散るに任せるように、忘れるべきことも共に散ってくれれば、少しはスッキリしはせぬか。

ただサクラのあのみごとなあっけらかんとした散りようにはついていけず、しがみついたミイラのようなものが、あるにはあります。

水に流せるよう努力はしています。

この句も読まれています。

彼岸花 人の気持ちの 裏が見え まだ暑い。が、空はこころなしか高く、秋の気配。このごろ人の本心がちらちら垣間見える気がする。昔はなんで単純に、おとこなんか好きになったんだろう。...
城島(じょうじま)事件 もうずいぶん前のこと、ひと昔いやふた昔も 前のこと。いまの久留米市、当時三潴郡城島 町で、中学生が学校でいじめられ、絶えきれ ず自殺した。たしか筑後川の支流の水門に紐 をかけて首を吊った。痛ましい事件だった。 転校生だったらしい。前の学校では、心優し い人懐っこい子どもだったと聞く。土地柄が 合わな...
秋深し この医者でいいのか 問い歩き... 就職と結婚と病院は、縁のものだと思う。 頑張ってどうなるもんじゃなし。 運命か、天命か。 つきがあるか、ないか。 医者はそのほとんどがヤブだと思っていい。 少なくとも、患者を本気で心配する奴はいない。 心配してほしいわけじゃない。 ただ正しい診断と治療を求めているだけ。 どうしてできないんだろう。...
サ ー カ ス は 秋 に 来 し 切 な さ を 連 れ... さーかすは あきにこし せつなさをつれ 「美しき天然」 あの曲がなければ、うら悲しさは、薄らいだかもしれません。 子どもの頃、スポーツセンターというところがあって、そこで見たサーカスが心に残って消えないのです。 電線のような細いロープを歩く少女。 象もいた。 虎もいた。 どれもおとなしかった。 バ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください