御 旅 所 は 秋 の 海 辺 や 一 夜 旅

おたびしょは あきのうみべや いちやたび

筥崎宮では、二年に一度神輿にカミサマを乗せ、ぐるぐる町中を廻って一番鳥居の先の、むかしは海辺だったところに、お旅所を造り、一晩過ごして頂くそうです。

また次の日に、ぐるぐる町中を廻って、お帰りいただくのです。

もうずいぶん前から見る影もなく壊されて工業地帯化した海岸をカミサマはどうご覧になるのか。

放生会は、台風の雨の中に終わるかと思いましたが、最終日だけいい天気で、ガマンしていた人々が、どっとくりだしたのかと思うほどのにぎわいでした。

この句も読まれています。

アンコウも 紅などつける 眉も描く... さかなに例えればアンコウみたい…かな それでも自分の顔は磨かなければ。 人生はいつ上昇気流に転じるか、わからない。 いざというときに、お顔が間に合わなければいけない。 なんと言われようと、ひそかに努力をしなければいけない。...
寒 月 や 触 る れ ば 刺 さ る ご と 尖 り... かんげつや ふるればささる ごととがり まるで、鉄板に光を当てたよう。 空気もキンキンに冷えて、群青の空に包丁の先のように端を尖らせています。...
福子の 職場 いじめられ日記(3) 福子の会社には、なんと労働組合があります。 びっくりです。結構な組合費とられます。研 修もあります。呆れるような研修です。接遇 について、講師を呼んで話を聴き、実際に隣 の人と組みになってやらされます。こんなこ とは雇用側がやるべきことです。なんで組合 が、会社の代わりにこんなことまでするのか よく...
心 し て 言 ふ て き か せ よ 彼 岸 へ と... こころして いうてきかせよ ひがんへと かんたんに成仏できる人ばかりではないと思うのです。 納得のいかない死に方に悔しくやるせない、やり場のない思いの仏も多いはず。 自分に落ち度のない事故、誤診のせいで命を落とした人、虐待の果てに殺された子。 心やすらかに浄土へ導かれますように。 この世に...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください