御 旅 所 は 秋 の 海 辺 や 一 夜 旅

おたびしょは あきのうみべや いちやたび

筥崎宮では、二年に一度神輿にカミサマを乗せ、ぐるぐる町中を廻って一番鳥居の先の、むかしは海辺だったところに、お旅所を造り、一晩過ごして頂くそうです。

また次の日に、ぐるぐる町中を廻って、お帰りいただくのです。

もうずいぶん前から見る影もなく壊されて工業地帯化した海岸をカミサマはどうご覧になるのか。

放生会は、台風の雨の中に終わるかと思いましたが、最終日だけいい天気で、ガマンしていた人々が、どっとくりだしたのかと思うほどのにぎわいでした。

この句も読まれています。

花薊(はなあざみ) 生けし時より 向きを変え... Japanese Thistle / Cirsium japonicum / ドイツアザミ / ハナアザミ / TANAKA Juuyoh (田中十洋) アザミは力がある。トゲのある太い茎から ギザギザの葉っぱの先まで。苦労して花瓶 におさめたところが、一晩経つと、好きな 方向、一本一本がめいめい勝...
水 出 し の 新 茶 作 り が 日 課 な り... 煎茶を水出ししてみたの図 / rhosoi 暑いから、お茶はあまり飲まない。 お茶は薄いパックに入れて、2リットルの水の、大きなペットボトルの口を開けて、小さい口からねじ込む。 時間が経てば、だんだんとお茶が浸み出して、冷たい緑茶が出来上がる。...
風 薫 る 水 城 の 堤 防 長 々 と かぜかおる みずきのていぼう ながながと 長々ととは、あまりに大げさです。 長々と続いていただろう長堤は、鉄道に二ヶ所切られ、道路に数知れないほど切られ、正直見ていられない悲惨さです。 わずかに旧3号線からの眺めに、長かったであろう面影が残るばかりです。 植田の中に小高く樹々が生い茂り、発掘...
薄氷(うすごおり) 薔薇の落ち葉は そのままに... What is hiding in the puddle? / pavlinajane 庭の窪みに氷がはった。ぱらぱらと散っていた 薔薇の落ち葉を閉じ込めて。踏めばバリッと音 をたてて砕けるのだけれど。今朝も冷えた。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください