御 旅 所 は 秋 の 海 辺 や 一 夜 旅

おたびしょは あきのうみべや いちやたび

筥崎宮では、二年に一度神輿にカミサマを乗せ、ぐるぐる町中を廻って一番鳥居の先の、むかしは海辺だったところに、お旅所を造り、一晩過ごして頂くそうです。

また次の日に、ぐるぐる町中を廻って、お帰りいただくのです。

もうずいぶん前から見る影もなく壊されて工業地帯化した海岸をカミサマはどうご覧になるのか。

放生会は、台風の雨の中に終わるかと思いましたが、最終日だけいい天気で、ガマンしていた人々が、どっとくりだしたのかと思うほどのにぎわいでした。

この句も読まれています。

パソコン いろんなとこ、ペコペコ押してるから、 おかしくなるんじゃないの! んモウ
行 く 秋 を 引 き 留 め ん と 放 生 会... ゆくあきを ひきとどめんと ほうじょうや 秋は確実に来ているのに、昼間は汗をかく暑さです。 連日雨にたたられた放生会も、最終日は晴れて、景気の悪さも少しは取り戻した感です。 屋台は、むかしとは大きく変わって、相変わらずなのは、綿菓子くらいでしょうか。 子どもらが震えた、見世物小屋も当然なく、...
秋寒し 彼岸の花も 遠く無く 田んぼの畦道に咲いていた彼岸花も散ってしまい、ドライフラワーのような形見を残すのみ。いつの間にかセーターを出していた。日に日に夜が早くなる。...
癌 切 除 言 ふ た で な い か 青 葉 木 菟... がんせつじょ いうたでないか あおばずく 「すべて取り除きました」確かにそう聞いた。 なんで今ごろ。 5年生存率なんて、たんたんとと言うというより人ごとな感じ。 まあ、ああいう言い方が事務的でいいのでしょう。 死なないでいれば生存率なのでしょうか。 末期であっても、生きていれば生存に加算...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください