御 旅 所 は 秋 の 海 辺 や 一 夜 旅

おたびしょは あきのうみべや いちやたび

筥崎宮では、二年に一度神輿にカミサマを乗せ、ぐるぐる町中を廻って一番鳥居の先の、むかしは海辺だったところに、お旅所を造り、一晩過ごして頂くそうです。

また次の日に、ぐるぐる町中を廻って、お帰りいただくのです。

もうずいぶん前から見る影もなく壊されて工業地帯化した海岸をカミサマはどうご覧になるのか。

放生会は、台風の雨の中に終わるかと思いましたが、最終日だけいい天気で、ガマンしていた人々が、どっとくりだしたのかと思うほどのにぎわいでした。

この句も読まれています。

梅 時 空 に 忘 れ た いことの み 巡 り... 朝はまだ寒い。小糠雨は止まず。空は低く、今日も一日こんな天気なのだろう。忘れてしまいたいことばかりが頭に浮かぶ。もういいよ。考えない。...
夏 を 吐 く 夕 餉 ( ゆうげ ) の 隣 蚊 遣 り 豚... しばらく夏休みだ、ぶー / y_katsuuu 窓の外に、簾 ( すだれ ) をかけた。 激しい直射日光が入らなくなったことと、ちょっと風流な感じがすることで、夏らしくなった? 蚊取り線香が好きで、さらにあの豚の線香立てが好きで、必ず豚の中のハリガネにひっかけて使っている。 ハリガネまで火が到達す...
殺したいやつができた わたしは、人前で恥をかかされるのが、許せない。 ちょっと気を許すことがあっても、そんなに自分を責める気もない。 自分の中に収めず、人前で、あたしの恥をさらしたあの男を許さない。 医者のくせに*このままじゃすませない。といっても、なすすべもないが。 なんとか嫌な思いくらいさせられないものか。 くそった...
「 大阪池田小大量殺人事件」 の宅間守... 【わたしが出会った殺人者たち】佐木隆三著 新潮社版 2004.9.14 朝方 宅間守(40才) 死刑執行.大阪拘置所にて 大阪地方裁判所にて、「十分な責任能力があったことには、いささかの疑念も生じない」と死刑宣告。 国選弁護人は職権で控訴手続きを取ったが、本人が「無駄に生きていたくない...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です