後 悔 も 身 を 切 る 萱 も 抱 へ 逝 く

こうかいも みをきるかやも かかえいく

どう年齢を重ねていくのか、自分では決められませんが、出来ることなら、すべてを忘れ、自分に関わったあらゆる人の顔を忘れ、ご飯を食べたことも尿意も便意も忘れて死にたくはない。
膨大な後悔と反省と、そのせいでいつまでも続く心配を、責任を感じながら年をとる責任が、わたしにはあるからです。
だから、わたしだけ分からないまま逝きたくはないのです。
年をとるのは、寂しいことです。
親しい人に邪険にされたり、疎外感に苦しんだり、頼りにしている人が先に逝き、それゆえ性悪な人間にいいようにされないとも限らない。
それでも、自分の失敗で、迷惑をかけた人を忘れるなんてことにはなりたくないのです。
思うようにはいかないけれど。

この句も読まれています。

朝 曇 り も ろ き ゅ う 作 る 今 の う ち... あさぐもり もろきゅうつくるも いまのうち 「朝曇り、昼ひでり」 というそうです。 朝のうちのモヤのかかったようなくもりが、晴れて日中きびしい暑さになることを言ったものです。 最近は、エアコンがあり、栄養状態もいいからか、夏やせということを聞かなくなったように感じます。 世の中は、どちらかとい...
蕗薹 (ふきのとう) 愛を育む よに抱え... ふきのとうを見つけて、お裾分けしてくれた。 両手で包んで、そおっと手に渡してくれた。 満面の笑み。幸せのおすそわけ。わたしにも 春が来そうな予感をもらった。...
夏 草 や 廃 工 場 の ド ラ ム 缶 廃バンカー / koziro 生い茂る雑草、もうどうしようもない。 使われることのない建造物の荒れ方は どうだろう。 鉄は錆び、ガラスは割れ、かつての活況 は見る影もない。 夏草は工場の向かいの空き地、と言って もちょっとした遊具などあるだけだけど ベンチもなにもかもを覆い尽くす。 どうせ子どもなど...
「 空 飛 ぶ タ イ ヤ 」 【 1 】 池井戸 潤 作 ... 零細に毛が生えた程度の中小企業、赤松運送(仮名) 赤松運送のトレーラーが、33才の主婦を轢いた。 正確にいうと、トレーラーから外れたタイヤが歩道を歩いている主婦を直撃した。 即死。 トレーラーは、大手自動車会社三菱が製造している大型トレーラーである。 タイヤが飛んだ。 疑われたのは、整備不良。 過...