後 悔 も 身 を 切 る 萱 も 抱 へ 逝 く

こうかいも みをきるかやも かかえいく

どう年齢を重ねていくのか、自分では決められませんが、出来ることなら、すべてを忘れ、自分に関わったあらゆる人の顔を忘れ、ご飯を食べたことも尿意も便意も忘れて死にたくはない。
膨大な後悔と反省と、そのせいでいつまでも続く心配を、責任を感じながら年をとる責任が、わたしにはあるからです。
だから、わたしだけ分からないまま逝きたくはないのです。
年をとるのは、寂しいことです。
親しい人に邪険にされたり、疎外感に苦しんだり、頼りにしている人が先に逝き、それゆえ性悪な人間にいいようにされないとも限らない。
それでも、自分の失敗で、迷惑をかけた人を忘れるなんてことにはなりたくないのです。
思うようにはいかないけれど。

この句も読まれています。

大 楠 の 叔 気 に 押 さ れ 佇 め り おおくすの しゅくきにおされ たたずめり 淑気とは、瑞祥(ずいしょう)呼ばれ、新年のあらたまった空気、凛とした雰囲気のことを言うそうです。 寒さの中、付き合いで詣でたのですが、神前の大樹は荘厳ともいえる雰囲気で思わず深呼吸しました。...
カ ル デ ラ を 覗 き 込 み お り な な か ま ど... かるでらを のぞきこみおり ななかまど ナナカマドは、バラ科の木です。 北海道から九州まで分布していて、寒い地域では街路樹にも採用されているとか。 夏に白い花をつけ、秋には紅葉し、赤い小さな実をつけます。 ナンテンとちがうのは、ナナカマドは落葉するけれど、ナンテンは常緑というところでしょうか...
盆なれば 仏はどこに おわします 自分は仏様の救済名簿から漏れているんじゃないかと思うことしばしば。
明け方の 雨の雫か 吊忍(つりしのぶ)... 朝早くに雨が降ったらしい。 吊忍は、軽石のようなものに、しだや、常緑の小さい植物を植えて、 ぶら下げて愛でるもの。 昔の映画には、よくあって、わたしも好きで、ぶら下げている。 華やかではないけれど、心が落ち着く。 吊忍に雨の雫がいっぱい残り、心なしか元気。 やっぱり雨がいい。 水道の水を遣ったり、霧...