後 悔 も 身 を 切 る 萱 も 抱 へ 逝 く

こうかいも みをきるかやも かかえいく

どう年齢を重ねていくのか、自分では決められませんが、出来ることなら、すべてを忘れ、自分に関わったあらゆる人の顔を忘れ、ご飯を食べたことも尿意も便意も忘れて死にたくはない。
膨大な後悔と反省と、そのせいでいつまでも続く心配を、責任を感じながら年をとる責任が、わたしにはあるからです。
だから、わたしだけ分からないまま逝きたくはないのです。
年をとるのは、寂しいことです。
親しい人に邪険にされたり、疎外感に苦しんだり、頼りにしている人が先に逝き、それゆえ性悪な人間にいいようにされないとも限らない。
それでも、自分の失敗で、迷惑をかけた人を忘れるなんてことにはなりたくないのです。
思うようにはいかないけれど。

この句も読まれています。

木 菟 の 鳴 く 星 の 隠 れ し 真 夜 な れ ば... ずくのなく ほしのかくれし まよなれば 木葉ズク、フクロウの仲間らしくて、夜行性、肉食。 正面に顔があって、見ようによっては人間みたいです。 昼間は身動きひとつせず、眼は瞑ったり開いたり。 寝ているわけでもなさそうです。 月も星も見えない漆黒の闇には、ふた声三声鳴いて、野ネズミやノラのネコ...
浜 昼 顔 海 風 辛 き 日 も あ り て はまひるがお うみかぜつらき ひもありて 植物は、タネの落ちたその場所で生きていきます。 人間も似たようなものかもしれません。 以前ベストセラーになった「おかれた場所で咲きなさい」 なるほどです。 ときにはこの、置かれた状態が辛いと思う日もあるわけで、だからといってどうすることもできないので、元...
眉 描 け ば よ か り し 春 に 巡 り 逢 ひ... 偶然、逢いたくない人に逢う。 そんなときに限ってというか、いつも大抵そうなんだけど化粧もしてない。 普段着のへんな格好で。 せめて眉をきれいに描いて、マスクしていればよかった。 「老けたな」と思われたに決まってる。 別にいいけど。 なんか悔しい。...
浜風の 聴こえる心地 放生会(ほうじょうや)... むかしはもっと浜が近かった気がする。 あっちもこっちも埋め立てて、海岸はなくなった。