待 つ こ と も 定 め と 思 へ 花 菖 蒲

花菖蒲@多賀城跡あやめまつり
花菖蒲@多賀城跡あやめまつり / e_haya

あちこちで菖蒲の便りを聞く季節になった。
わたしは、蕾のきりっと巻き上がったあやめの方が好きだけど、菖蒲の人気も大したもの。
時季が来れば、芽を吹き、花を咲かせ、散りはするものの、また翌年には、変わらぬ姿を見せる。
時が経つことは大切なこと。待つことはとても難しい。
動いている方が楽だから。
流れに身を任せ、まだ二分、三分咲きという菖蒲を見に行ってみようか。

この句も読まれています。

月夜には いつもの道の 青くなり 月って照らすせーんぶを青く染めてしまうのですね。 自分の顔も真っ青なんだろうか。 神秘的で、年甲斐もなくわくわくします。...
半 夏 生 毒 は き れ い な 貌 ( かお ) で 来 る... 半夏生。梅雨の真っ盛りで、湿っぽく昔から毒草が生えると言われていたとか。 半夏生に収穫した野菜は食べるなとか、その日はタコを食べろとか、わけのわからない言い伝えも多いよう。 同名の植物もあり、梅雨の時期には、葉が白くなり、虫を誘うとか。 花は目だだず、穂のような形に集まっている。 ドクダミの祖先だと...
いつのころ 電車の天井 扇風機 冷房のないころの電車には、天井に激しく回る扇風機がついていたものです。 ブイーンブイーンと音をたてて回ります。 自分のほうに来ると、ほっとしたものです。...
悲しみは 重なりて来る 虎落笛 不思議なことに、苦しみや悲しみは重なって襲ってくる。これでもかこれでもかと。もう息ができないほど。