待 つ こ と も 定 め と 思 へ 花 菖 蒲

花菖蒲@多賀城跡あやめまつり
花菖蒲@多賀城跡あやめまつり / e_haya

あちこちで菖蒲の便りを聞く季節になった。
わたしは、蕾のきりっと巻き上がったあやめの方が好きだけど、菖蒲の人気も大したもの。
時季が来れば、芽を吹き、花を咲かせ、散りはするものの、また翌年には、変わらぬ姿を見せる。
時が経つことは大切なこと。待つことはとても難しい。
動いている方が楽だから。
流れに身を任せ、まだ二分、三分咲きという菖蒲を見に行ってみようか。

この句も読まれています。

秋立ちて 虚しきことを している感... 目処の立たない面接を受けている。どうせ駄目な予感満載なのに、じっとしていられない馬鹿。何だろう私は。
かけす鳴く 無理をしてまで 生きんでもいい ... 人間の姿から、大きく離れてしまうことがある、歳をとってしまった先には。本人が一番苦しかろうが、そこを考える力さえ失われ、体は床ずれをつくり、歩くことなど到底できず。もういいんですよと、いってやりたいが、面倒みてるわけではないので、それも言えず。心の隅では、「困ったときだけ、頼らないでください」と叫ん...
七福の お一人だけでも お立ち寄り... 贅沢は言いません。 安泰に暮らしたいだけなのです。 七福神のひとりでいい。 それも短期の滞在でいい。
正 座 し て 餅 膨 る る を 待 ち し 頃... せいざして もちふくるるを まちしころ わたしが子どもの頃、まだうちにはストーブは無くて、暖房手段は火鉢とアンカでした。 餅網をセットして、餅やアンコ餅、かき餅などを並べ、焼けるのをじっと待ったものでした。 なぜか神妙に正座していたと記憶しています。 どれほど寒かったことか、信じられない気持...