待 つ こ と も 定 め と 思 へ 花 菖 蒲

花菖蒲@多賀城跡あやめまつり
花菖蒲@多賀城跡あやめまつり / e_haya

あちこちで菖蒲の便りを聞く季節になった。
わたしは、蕾のきりっと巻き上がったあやめの方が好きだけど、菖蒲の人気も大したもの。
時季が来れば、芽を吹き、花を咲かせ、散りはするものの、また翌年には、変わらぬ姿を見せる。
時が経つことは大切なこと。待つことはとても難しい。
動いている方が楽だから。
流れに身を任せ、まだ二分、三分咲きという菖蒲を見に行ってみようか。

この句も読まれています。

せ せ ら ぎ や 紅 葉 一 葉 の 疾 く 流 れ... せせらぎや もみじひとはの とくながれ ただの小さな小川だと思っていました。 岸辺のカエデがひらりと落ちたと思うと、もう先に先に流れて、それで流れの速さを知りました。...
骨壷(こつつぼ)の 届いて今朝の 雲の峰... なんか有名な人に制作を頼んだらしい。 波佐見焼き(はさみやき)みたいな、もようが透けている凝ったもの。 見事な出来と、本人の弁。 空には活力溢れる入道雲。 死ぬ気なんかないじゃないか。...
大村の 湾のへさきの 墓地も梅 長崎の大村湾の、先っぽに小さな墓地があります。 なんでこんなとこに墓地、海の見える一等地、 別荘に最適。 風は少し強いけど、春の風。 曇り空だけど、小さな梅が満開。...
うぐいすの クソなすりつけ 顔洗う... なんとかきれいになれないものか。 目鼻の造作は、しょうがない。 もちょっと色白に…ムリか