待 つ こ と も 定 め と 思 へ 花 菖 蒲

花菖蒲@多賀城跡あやめまつり
花菖蒲@多賀城跡あやめまつり / e_haya

あちこちで菖蒲の便りを聞く季節になった。
わたしは、蕾のきりっと巻き上がったあやめの方が好きだけど、菖蒲の人気も大したもの。
時季が来れば、芽を吹き、花を咲かせ、散りはするものの、また翌年には、変わらぬ姿を見せる。
時が経つことは大切なこと。待つことはとても難しい。
動いている方が楽だから。
流れに身を任せ、まだ二分、三分咲きという菖蒲を見に行ってみようか。

この句も読まれています。

生真面目に 文字盤のあり 時計草 lトケイソウは好きな花の一つです。 紫の色もいいし、なによりていねいに作られたようなあの形態がおもしろいと思うのです。 つる性であちこちに絡みながら伸ばしていきます。...
筍の 味噌和え 山椒の芽の香り 筍を味噌で和える。山椒の葉を取って、てのひらでパンと叩いて、香りを出す。一枚ちょろっと載せる。あー春が来た。 何で食べよか。 やっぱり酒か。...
スラムドッグ$ミリオネア こんな過酷な人生があるのだろうか。 スラムの真ん中で、食べるものにも事欠き、両親も早くなくし、 したたかに、賢く、人に裏切られながら、それでも曲がらず、 恨まず、こんなふうに育つことがあるのか。 鬱陶しいほどいい加減な兄が、最後には大きな見方になって、 見ごたえのある、ベンジャミンバトンに匹敵する、...
放 牛 の 烙 印 大 き 阿 蘇 の 露 ほうぎゅうの らくいんおおき あそのつゆ 人間というものは、残酷でどうしようもない。 阿蘇に放されているウシには、自分のものだという大きな焼印が背中に付けられています。 どうして、タグではいけないのでしょう。 痛みはいかばかりか。...