待 つ こ と が 修 行 と い うて ち ろ ろ 虫

Autumn of forest
Autumn of forest / “KIUKO”

せっかちだから、待つことが苦手。
それが原因で、幸せを逃すという
より、不幸を招いた人生だったと
思うのです。ここでいっとき、一
言言うて、またいっとき。待つこ
とは大切。世の中は、あたしのペ
ースで動いてはいない。相手のリ
ズムを思うこと、そして待つこと。
ばたばたと急げば、ことが片付く
ように見えるけれど、相手が納得
しなければ、一歩も進まないこと。
急ぐことで、よけいややこしくし
てしまっていることに気が付かな
ければいけなかった。だから、結
局、すべてやり直しになって、始
めより難しくなってしまう。一生
懸命動いたつもりが、どつぼには
まってしまったことが何度もあっ
たことに今頃になって気づくなん
て、なんてお粗末なんだろう。せ
めてこれからは、一息つこう。深
呼吸してから考えようと思う。

この句も読まれています。

秋深し この医者でいいのか 問い歩き... 就職と結婚と病院は、縁のものだと思う。 頑張ってどうなるもんじゃなし。 運命か、天命か。 つきがあるか、ないか。 医者はそのほとんどがヤブだと思っていい。 少なくとも、患者を本気で心配する奴はいない。 心配してほしいわけじゃない。 ただ正しい診断と治療を求めているだけ。 どうしてできないんだろう。...
蔵開き 春昼の酒 うらうらと 蔵開きの季節。小さな杯を持ち、うろうろと濁り酒や吟醸酒や甘酒を飲んで回る。これが幸せか。ほんのひととき生ま れてよかったと、大げさでなく思う。来年も行こ。...
大 口 を 開 け て 目 薬 春 隣 D02_2653 / hisashi_0822 日差しが明るくなって、ときおり春の気配です。目薬さしは大仕事で、特に苦手なひとは悪戦苦闘です。時間と手間と、100年の恋も一度に冷めるようなお顔のわりには、ほとんど入ってないのが現状です。これから花粉症の季節です。あたしは、遠いむかし、電車の中で、女優...
秋 冷 や 今 朝 よ り 三 和 土 (たたき) ひ た ひ た と... 朝夕が、寒くなったせいか、空気が澄んできたせいか、農家の広い土間の感触がちがう。 吸いつくように、ひたひたと、そしてやたら冷たい。 外はまだ暑いけれど、待ちに待った秋が来た。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください