待 つ こ と が 修 行 と い うて ち ろ ろ 虫

Autumn of forest
Autumn of forest / “KIUKO”

せっかちだから、待つことが苦手。
それが原因で、幸せを逃すという
より、不幸を招いた人生だったと
思うのです。ここでいっとき、一
言言うて、またいっとき。待つこ
とは大切。世の中は、あたしのペ
ースで動いてはいない。相手のリ
ズムを思うこと、そして待つこと。
ばたばたと急げば、ことが片付く
ように見えるけれど、相手が納得
しなければ、一歩も進まないこと。
急ぐことで、よけいややこしくし
てしまっていることに気が付かな
ければいけなかった。だから、結
局、すべてやり直しになって、始
めより難しくなってしまう。一生
懸命動いたつもりが、どつぼには
まってしまったことが何度もあっ
たことに今頃になって気づくなん
て、なんてお粗末なんだろう。せ
めてこれからは、一息つこう。深
呼吸してから考えようと思う。

この句も読まれています。

花 の 季 や 炭 塵 爆 発 二 十 年 はなのきや たんじんばくはつ にじゅうねん 大牟田 三井三池炭鉱 炭塵爆発。 その後の閉山から、今日で20年になるとのこと。 458名の死者、一酸化炭素中毒患者893名を出し、 その後の三池争議に繋がったと聞きます。 桜が何回咲こうと、脳にダメージを受けた人が回復するはずもなく、医療の質も、年月...
底冷えの 今宵は降りぬか 別れ霜(しも)... 昼間は暑いほどなのに、明け方は恐ろしく冷える日がまだある。季節外れの霜を見るのはそんな朝。いつもの冷えとはちがう、とてつもない寒気に身震いする。...
蜃気楼 捨てられし子の 親の影 子供は親を探すものです。いつもいつも。そして大人が思うよりずっと賢い。なんでもわかって いるのです。だから大人が聞かれて困ることは聞かないのです。胸の奥の涙の壷に一滴、ま た一滴と涙のしずくを落とすのです。大人は誰も気づかない。...
あやめ葺く(ふく) 蕾むらさき 巻き上げて... あやめがだいすきなのですが、最近はあまり見ることがありません。 仲間の菖蒲やアイリスは、どこにでもある感じですが、 あの濃い青紫の、きりっと巻かれたつぼみ、ようやく開いた、 気高い花は、ほかに見当たらないほど荘厳です。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください