待 つ こ と が 修 行 と い うて ち ろ ろ 虫

Autumn of forest
Autumn of forest / “KIUKO”

せっかちだから、待つことが苦手。
それが原因で、幸せを逃すという
より、不幸を招いた人生だったと
思うのです。ここでいっとき、一
言言うて、またいっとき。待つこ
とは大切。世の中は、あたしのペ
ースで動いてはいない。相手のリ
ズムを思うこと、そして待つこと。
ばたばたと急げば、ことが片付く
ように見えるけれど、相手が納得
しなければ、一歩も進まないこと。
急ぐことで、よけいややこしくし
てしまっていることに気が付かな
ければいけなかった。だから、結
局、すべてやり直しになって、始
めより難しくなってしまう。一生
懸命動いたつもりが、どつぼには
まってしまったことが何度もあっ
たことに今頃になって気づくなん
て、なんてお粗末なんだろう。せ
めてこれからは、一息つこう。深
呼吸してから考えようと思う。

この句も読まれています。

底冷えの 今宵は降りぬか 別れ霜(しも)... 昼間は暑いほどなのに、明け方は恐ろしく冷える日がまだある。季節外れの霜を見るのはそんな朝。いつもの冷えとはちがう、とてつもない寒気に身震いする。...
寒の鯉 身じろぎもせず 今日を遣る(やる)... ただ今日をやり過ごすこと、それだけ。 大きな体、川べりの草むらにじっとしている。 風格さえ感じる。
刈 田 な る 一 直 線 に 耳 納 ま で かりたなる いっちょくせんに みのうまで 稲刈りの終わった田は、いつもより広く大きく感じます。 地平線は見えません。 突き当たりは、耳納山系です。 穏やかな山並みながら、そこに行き当たるまで、刈田以外何も見えません。 雲は低く、壮大な冬の景色です。...
いつのころ 電車の天井 扇風機 冷房のないころの電車には、天井に激しく回る扇風機がついていたものです。 ブイーンブイーンと音をたてて回ります。 自分のほうに来ると、ほっとしたものです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です