待 ち 待 ち て 挙 句 廃 線 春 の 雨

まちまちて あげくはいせん はるのあめ

後回しになるとは予想していました。

本線ではなく、単線ですし、無人駅が続く、まことに心細い鉄道ですから。

それでも長い長い陳情の末に、村の人々の足となるべく、期待されやっとの思いで開通したと想像します。

後回しでも、時間がかかってもいい、なんとか繋いでほしかったのです。

田舎の景色の中を行く単線列車は、味わいのあるもので、沿線にはやまぶしの修行の山や、天然の清水の水汲み場もあり、小さいながら窯元もあり、また開通した折にはぜひ乗りたいと楽しみに待っていたものです。

残念でなりません。

この句も読まれています。

折れこぼれ 蚊取り線香は 重ね点け... 折れた蚊取り線香はもったいないので、上手に重ね重ねで使います。 うまく火が続くように、だけどいっぺんに三つも火が付くと、床が熱くなって危ないので、気をつけます。...
柿色の プリンセスラインの ワンピース... 柿色、オレンジの濃い色の生地を買った。単純なストンとしたワンピースを縫おうと思う。私は昔から、服のセンスがなくて、流行の重ね着というものができない。ふだんは、シャツとスカートかパンツ、レギンスなどというものをはきこなすことなど、とてもとても。だから今回もワンピース。何にも考えなくていいから。丈は長め...
幸せは 胸三寸と 落ち葉降る 幸せなんて、考え方ひとつ。 ひとには、大切なことやものがあるけど、いつ壊れるやもしれない。 壊れながらも、いま幸せだと思えることがあります。 ひとと比べない。 ちょっとでも楽しいことなら、小さなことも大切に思う。 できるときは、そうしようと思うけど、体調の悪いときや、もうこれは 基礎から崩れたと思う...
草 引 い て 犬 の ふ ぐ り は 手 の つ か ず... まだ寒さ厳しい日が続いているけれど、自然は決まったサイクルで、間違いなく針を進めている。 雑草は瞬く間に小さな庭を覆い尽くし、これ以上成長すると、もうやる気をなくすと、一念発起して朝から草取りに精を出す。 クローバーは繁殖が早く、手がつけられなくなるので、容赦なく成敗する。 四つ葉を探すなんて、とん...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください