待 ち 待 ち て 挙 句 廃 線 春 の 雨

まちまちて あげくはいせん はるのあめ

後回しになるとは予想していました。

本線ではなく、単線ですし、無人駅が続く、まことに心細い鉄道ですから。

それでも長い長い陳情の末に、村の人々の足となるべく、期待されやっとの思いで開通したと想像します。

後回しでも、時間がかかってもいい、なんとか繋いでほしかったのです。

田舎の景色の中を行く単線列車は、味わいのあるもので、沿線にはやまぶしの修行の山や、天然の清水の水汲み場もあり、小さいながら窯元もあり、また開通した折にはぜひ乗りたいと楽しみに待っていたものです。

残念でなりません。

この句も読まれています。

弔 ひ て 舌 赤 う し て か き 氷 とむらいて したあこうして かきごおり 暑い最中の葬儀。 葬儀社ではなく、古い菩提寺でのお葬式は、汗がふきだして大変はたいへん。 かき氷屋に飛び込むこともうなずけるといえばうなずけます。 人間ってそんなもの、そんなもの。 来てくれたことに感謝です。...
豆 腐 屋 と 蕎 麦 屋 潤 し 雪 解 水 脊振の中腹、今建設中の五ケ山ダムより更に上に豆腐屋と蕎麦屋があります。 どちらも水を大量に、それも質のいい水を求めます。 豊富な湧き水があり、知る人ぞ知るです。 大きなダムと道路が、山を谷を分断することが残念です。...
木の芽和え 料理の講釈 長きこと... 出てきたお料理に、説明をしていただくのは、ありがたいのですが、まあ長々と。 熱いものは、冷めてしまう。 料理の次は、店に来た有名人の自慢話。 終わらない。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
延 々 と 米 研 ぐ 夢 や 時 雨 る る 夜... えんえんと こめとぐゆめや しぐるるよ わたしは、一年中どんな天候でも、ほんの少し窓を開けて寝る癖があります。 閉め切っていると息が詰まる気がするのです。 そのせいで、外の音がよく聞こえるからかもしれません。 米を研ぐ音、時雨の音。 夢はよくみます。 とくに悪夢というものはありません。 ほとんどは...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください