待 ち 待 ち て 挙 句 廃 線 春 の 雨

まちまちて あげくはいせん はるのあめ

後回しになるとは予想していました。

本線ではなく、単線ですし、無人駅が続く、まことに心細い鉄道ですから。

それでも長い長い陳情の末に、村の人々の足となるべく、期待されやっとの思いで開通したと想像します。

後回しでも、時間がかかってもいい、なんとか繋いでほしかったのです。

田舎の景色の中を行く単線列車は、味わいのあるもので、沿線にはやまぶしの修行の山や、天然の清水の水汲み場もあり、小さいながら窯元もあり、また開通した折にはぜひ乗りたいと楽しみに待っていたものです。

残念でなりません。

この句も読まれています。

赤まんま 人には言えず 高い空 タデというらしい。赤い地味な雑草。昔なつかしい感じがして、咲けば、秋になったと実感する。この先どうなるのか不安で、潰れそうになることがある。これは、また鬱か、ただの落ち込みか。赤まんま、わたしは昔から弱いのか。遠い遠い日から生きることが下手なのか、苦労が多いのか、人と比べない、比べない。...
福子の 職場 いじめられ日記(2) 福子の職場は支店です。そう遠くない ところに本店があります。本店では研 修もあります。本店の組長は団塊世代 の女子で、やり手です。ただ何故か福 子のことをとても嫌っています。理由 はよくわかりません。わたしが生意気 だと思われてのことでしょうか。もう 半年以上も前のこと、わたしは本店で 研修を受けま...
青 葉 潮 日 向 の 沖 を 盛 り 上 ぐ る... あおばじお ひゅうがのおきを もりあぐる 列島の南、日向沖から土佐沖を北上する暖流は黒潮と呼ばれます。 その五月の頃の太平洋岸の潮の流れを漁師のあいだでは青葉潮と呼ぶそうです。 豊漁とくにカツオの豊漁をもたらすといいます。 太平洋の海は碧であり、群青色です。 どこまでも豊かで深いのです。...
奈良漬けを 肴に今年の 酒を酌む 酒蔵開き、試飲するのだけれど、一杯の今年酒に、秋の陽射しで もおかんがついたかんじ。売ってるのは、奈良漬け、酒まんじゅう、 五目飯、酒粕などなど。 秋の一日。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です