待 ち 待 ち て 挙 句 廃 線 春 の 雨

まちまちて あげくはいせん はるのあめ

後回しになるとは予想していました。

本線ではなく、単線ですし、無人駅が続く、まことに心細い鉄道ですから。

それでも長い長い陳情の末に、村の人々の足となるべく、期待されやっとの思いで開通したと想像します。

後回しでも、時間がかかってもいい、なんとか繋いでほしかったのです。

田舎の景色の中を行く単線列車は、味わいのあるもので、沿線にはやまぶしの修行の山や、天然の清水の水汲み場もあり、小さいながら窯元もあり、また開通した折にはぜひ乗りたいと楽しみに待っていたものです。

残念でなりません。

この句も読まれています。

桜蕊(さくらしべ) 自転車の籠(かご) 目指し降る... 薄桃色の花びらに比べ、蕊は濃い紅色。桜が散ったあと、蕊が残った桜の木は、若葉がぐんと育ち、蕊の濃い紅色が合わさって、まるで別の木のよう。 この時期の桜が好きです。 花の時期より、短いかもしれません。 花蕊は、自転車のカゴにも、引き戸の玄関のレールの間にも残ります。 終わったと思うのです。 しつこいよ...
占 い は 当 て ず っ ぽ う な り 宵 の 春... うらないは あてずっぽうなり よいのはる 占いなんて信じてないくせに、美容院や歯医者に行くと、雑誌の占い欄は必ず見ます。 まず当たってない。 以前手相というものを見てもらったところ、生命線が途切れ途切れになっていると言われました。 とくに丈夫ではないけれど、今のところあまり困った状態ではない...
首 な し の 地 蔵 の 泪 花 の 雨 くびなしの じぞうのなみだ はなのあめ 宝珠山岩屋には、多くの仏像が各所にあったそうです。 信心深い土地柄だったと聞きますが、廃仏毀釈の広がりで、仏像の多くは谷底に投げ捨てられたりしたそうです。 村民によって、拾い上げられた153体の石像には、ほとんど首がなかったため、首のない地蔵が祀られています...
雨 蛙 喉 の 白 き は 生 く る た め あまがえる のどのしろさは いくるため 紫陽花や芍薬の葉が重なったところ日陰の暗いところに、珍しく雨蛙。 白い喉ボトケをひくひくさせて、逃げようともしません。 こんな小さな身体で、その日の食い扶持をゲットしているのでしょう。 もし蜘蛛も餌になるのなら、あちこちに小さな巣をかけているから、狙い目なの...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください