待 ち 人 は 来 ず と 悟 れ り 春 う ら ら

まちびとは こずとさとれり はるうらら

おみくじ、めったにないことだけど、大吉を引くと、「待人来たる」とあります。

どんな種類のまちびとか、人それぞれだけれど、こと恋愛に関しては、来ないと言い切っていいと思います。

一度離れたオトコのこころ、二度と戻るはずもないのです。

余計なことをして、さらに離れることはあっても。

「努力」は、運動やお勉強には通じることはあっても、こと恋愛に関してはムダでしかないのです。

それに年を重ねてあらためて考えると、大したことではないのです。

思うほど見どころのあるオトコなんて、いないんですから。

この句も読まれています。

卒業の 朝背筋伸ぶ 大講堂 日々、のほほんと過ごしたであろう学生が 今日はきりりと正装で、この大講堂に集う。 古い講堂で、むかしはこれでこと足りたの だろうが、学生が増えた今、卒業生の半分 も入らない。もちろんPTAは誰一人も入れ てはもらえない。これも古い学生食堂で、 オーケストラの演奏をテレビで見せられて いる。それも立ち...
首 か し げ 思 案 に く れ て か た つ む り... 煉瓦の壁に張り付いている。いつからこうしているのだろう。何を思って動くのか。ぼんやりしていると、見失う。動いているんだと、改めて思う。...
柿たわわ もう亡い人と 青い空 遠い世界に旅立った人に、聞いて見たいことが五万とある。 早くに母親と別れて育ったから、聞きたいことは山ほどあるのに、 大人になって、再会した母は、そんなことには心を寄せない、 結構薄い、魅力のない人だった。 親と別れた子どものうちには、そんながっかり感を持つ人は少なくないのではと 想像する。 あなた...
桜蕊(さくらしべ) 自転車の籠(かご) 目指し降る... 薄桃色の花びらに比べ、蕊は濃い紅色。桜が散ったあと、蕊が残った桜の木は、若葉がぐんと育ち、蕊の濃い紅色が合わさって、まるで別の木のよう。 この時期の桜が好きです。 花の時期より、短いかもしれません。 花蕊は、自転車のカゴにも、引き戸の玄関のレールの間にも残ります。 終わったと思うのです。 しつこいよ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です