待 ち 人 は 来 ず と 悟 れ り 春 う ら ら

まちびとは こずとさとれり はるうらら

おみくじ、めったにないことだけど、大吉を引くと、「待人来たる」とあります。

どんな種類のまちびとか、人それぞれだけれど、こと恋愛に関しては、来ないと言い切っていいと思います。

一度離れたオトコのこころ、二度と戻るはずもないのです。

余計なことをして、さらに離れることはあっても。

「努力」は、運動やお勉強には通じることはあっても、こと恋愛に関してはムダでしかないのです。

それに年を重ねてあらためて考えると、大したことではないのです。

思うほど見どころのあるオトコなんて、いないんですから。

この句も読まれています。

古書店に 廃墟の隧道(ずいどう) 春の雨... 古本屋で、もう使われてない、でも今も存在している、昔の道や、トンネルの写真集を、見つけて 迷わず買いました。 由緒ある道や、煉瓦造りのトンネル、幅が狭く現在は使えないのでしょうが、しっかりした印象です。 説明にも、強固と、書いてあります。 それに、わたしは、隧道という言葉が大好きです。 トンネルでは...
春霞 鉄路の果ての 菜の黄色 線路はいい。遠くに菜の花畑。黄砂かかすみか、もやーっとして、もうというかようやく春が来た。
湯 煙 も 霧 の 覆 ひ て 街 静 か 別府湯布院間は、とにかく霧が深い。 通行止めも、この季節珍しいことではない。 地形のせいだろうか。 海せまる街は、またすぐ後ろに鶴見岳を臨む。 ふだんから立ち上る街中の家々の温泉の湯けむりも、霧に紛れてはっきりしない。 わたしは、人工的に作られた美しい街湯布院よりも、泥臭いどちらかと言えば垢抜けない...
朱 欒 剥 く 親 指 埋 ま る よ う に し て... ざぼんむく おやゆびうまる ようにして ザボン。 木は大きく育ち、その実は、大きいものでは2キロほどにもなるといいます。 果肉が厚いことが特徴で、それを砂糖漬けにしたりもします。 少し苦味があります。 そんなですから、皮をむくのはけっこうたいへんで、両端を切り落として、親指を突っ込むようにして、...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください