待 ち 人 は 来 ず と 悟 れ り 春 う ら ら

まちびとは こずとさとれり はるうらら

おみくじ、めったにないことだけど、大吉を引くと、「待人来たる」とあります。

どんな種類のまちびとか、人それぞれだけれど、こと恋愛に関しては、来ないと言い切っていいと思います。

一度離れたオトコのこころ、二度と戻るはずもないのです。

余計なことをして、さらに離れることはあっても。

「努力」は、運動やお勉強には通じることはあっても、こと恋愛に関してはムダでしかないのです。

それに年を重ねてあらためて考えると、大したことではないのです。

思うほど見どころのあるオトコなんて、いないんですから。

この句も読まれています。

甲 子 園 土 捨 て て や れ さ く ら ん ぼ... こうしえん つちすててやれ さくらんぼ 口を開けば甲子園。 飲み会では甲子園。 妻も子どもも、親戚も、同級生も、誰も彼もうんざり。 怒りが沸点に達したムスコが、甲子園の土を捨てたらしい。 よくやった。 ここまでしなくては、自分がどんなにうんざりされていたか、自覚できない甲子園病なり。...
春 の 月 吹 き 抜 く 風 は ま だ 尖 り (とがり )... 朧月とはいかないけれど、確かに春の月です。 凍てつく冬の月とはちがいます。 ただ風はまだ冷たい日があり、早朝はまだ寒くもあるけれど、季節が移りつつあるのが嬉しいのです。...
彼岸なり 遭いたい人の 二三人 彼岸がどういう意味があるのか、よく知らない。昼と夜の時間が同じになるとか、そのくらい。あの世とかかわりがある のだろうか。わたしは身内と縁が薄く、甘えたい人、親しみたい人とそうそうしゃべることもなかった。そうこうしてるうち に、老いて死んでしまった。遭って聞いてみたいこともあるのだけれど、そんなこと...
垣根から 顔を覗かせ 水引草 赤い小さな花がまるで水引のような水引草。控えめながらしぶとい。ほとんど土がないと思われる石垣やコンクリートの隙間から、今頃の季節になると、顔を覗かせる。秋もそろそろたけなわか。昨日は一日、古い着物をほどいて、ドライで洗って、干して、アイロンかけた。失業中でなけりゃできないことを、見つけてしている。今...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください