待 ち 人 は 来 ず と 悟 れ り 春 う ら ら

まちびとは こずとさとれり はるうらら

おみくじ、めったにないことだけど、大吉を引くと、「待人来たる」とあります。

どんな種類のまちびとか、人それぞれだけれど、こと恋愛に関しては、来ないと言い切っていいと思います。

一度離れたオトコのこころ、二度と戻るはずもないのです。

余計なことをして、さらに離れることはあっても。

「努力」は、運動やお勉強には通じることはあっても、こと恋愛に関してはムダでしかないのです。

それに年を重ねてあらためて考えると、大したことではないのです。

思うほど見どころのあるオトコなんて、いないんですから。

この句も読まれています。

カササギの 渡りゆくなり 佐賀平野... 広い広い穀倉地帯を白いカササギが、大きく飛び回るのです。
浴衣に手桶 ホースがよろし 打ち水は... いかにもわざとらしい。 手桶でどれだけの水がまけるやら。 雰囲気と気持ちが大切と言われそうですが、 ホースでがーっとまけばよろしい。 それこそ涼しい。 手桶でまいて、終わる頃には、汗だく、はじめにまいたところは、乾いとるわい。...
摩 崖 仏 滴 り の 消 す 削 の 痕 まがいぶつ したたりのけす のみのあと いつの頃に彫られたものでしょうか。 長い長い気の遠くなるような遠いむかしのことでしょうか。 岩にのみを当て削って造られた仏さまであるから、山から時間をかけて浸み出したり、滴り落ちる山の水は遮りようもなく、またそれも仏の恵みと解釈されたかもしれません。 年月は...
ホウ酸の 団子こねます 梅雨の夜は... NHKで、ホウ酸団子の作り方見ました。 天敵ごきぶりをやっつけるためには、時間も手間も惜しみません。 パンやケーキ作りはいっさいしませんが、ホウ酸団子作りには燃えるのです。 できあがったら、ちょっとだけ焼肉のたれをたらすのが、コツだそうです。 頑張ります。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください