彦 山 線 長 き 隧 道 抜 け て 花

ひこさんせん ながきずいどう ぬけてはな

少しむかしまで、筑豊は日本有数の産炭地でした。
釈迦岳トンネル。
全長4km以上。
筑前岩屋駅と彦山駅の間。
すべて石炭を運び出すためだったそうです。
その前の金辺隧道で工事は難関を極め、会社の存続も危ぶまれ、幾多の変節を経て、今に至ったと聞きます。
すっかり観光列車となり、湧き水の汲める無人駅として有名です。
桜の季節には花見客でごった返します。
時代の変遷とはいえ、その昔トンネル工事に命をかけた人々が、もしもこの光景を見ることが出来たなら、なんと思うかと考えたりします。

この句も読まれています。

浅漬けの 胡瓜冷たし 秋夜寒 きゅうりの漬物が、冷たく感じられる。炊きたての白いご飯に豚汁と漬物。今日のごはん。
ち ち ろ 鳴 く 誰 も 恨 む な 信 ず る な... ちちろなく だれもうらむな しんじるな ちちろは、コオロギのことです。 秋のはじめの頃、夕暮れから夜中まできれいな寂しい声で鳴きます。 合唱ではありません。 一匹です。 これは、海援隊のパクリであります。 タイトルは忘れたけれど、 「道玄坂からひとくだり。誰も恨むな信じるな」 有名になる前、ローカ...
水蓮の 白まで滲む 五月闇 水蓮の花は動かず。 闇の中、静止画像のよう。 闇は深く、花の輪郭もたどれないくらい。
普 請 声 少 し 険 し く 秋 の 暮 Building under construction ビル建設中 / urawa 秋の日は釣瓶落とし。ふとした間に、あっという間に陽が落ちる。大工仕事も陽のあるうち。気のせいか、三時をまわった頃から気合が入る。今日の仕事は今日のうち。気合を入れられる方は、大変だと思う。なんにしても、働くのはたいへ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です