彦 山 線 長 き 隧 道 抜 け て 花

ひこさんせん ながきずいどう ぬけてはな

少しむかしまで、筑豊は日本有数の産炭地でした。
釈迦岳トンネル。
全長4km以上。
筑前岩屋駅と彦山駅の間。
すべて石炭を運び出すためだったそうです。
その前の金辺隧道で工事は難関を極め、会社の存続も危ぶまれ、幾多の変節を経て、今に至ったと聞きます。
すっかり観光列車となり、湧き水の汲める無人駅として有名です。
桜の季節には花見客でごった返します。
時代の変遷とはいえ、その昔トンネル工事に命をかけた人々が、もしもこの光景を見ることが出来たなら、なんと思うかと考えたりします。

この句も読まれています。

パソコン いろんなとこ、ペコペコ押してるから、 おかしくなるんじゃないの! んモウ
花済んで もろもろのこと 返りけり... 大騒ぎの花見前線も過ぎて、いつものこと、心配事は心配ことのまま、先行きの不安は不安のまま、花はなにひとつ助けてもくれず、散っていった。...
松虫を 追う台風の 迫り来る ようやく秋の気配を感じられるようになり、夜は松虫の声を聞くころに、 大きな台風が来ます。小さな松虫を追っかけるように、確実に近づいてくるのです。...
故 郷 に あ ら ね ど 潮 来 梅 雨 も よ ひ... ふるさとに あらねどいたこ つゆもよい 潮来は、茨城県の南東部にある、市です。 水郷潮来。 霞ヶ浦、利根川ほかにも水辺に囲まれ、市の中心部にも川が流れます。 田園地帯が広がり米作がさかんです。 古くから水運が交通手段だった潮来では、人が往き来するために通る小さな橋が数多く架けられていたそう...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください