彦 山 線 長 き 隧 道 抜 け て 花

ひこさんせん ながきずいどう ぬけてはな

少しむかしまで、筑豊は日本有数の産炭地でした。
釈迦岳トンネル。
全長4km以上。
筑前岩屋駅と彦山駅の間。
すべて石炭を運び出すためだったそうです。
その前の金辺隧道で工事は難関を極め、会社の存続も危ぶまれ、幾多の変節を経て、今に至ったと聞きます。
すっかり観光列車となり、湧き水の汲める無人駅として有名です。
桜の季節には花見客でごった返します。
時代の変遷とはいえ、その昔トンネル工事に命をかけた人々が、もしもこの光景を見ることが出来たなら、なんと思うかと考えたりします。

この句も読まれています。

冬 木 立 透 け て く る り と 月 の 道... 大きな樹が思う存分葉を茂らせていた夏が終わり、紅葉も過ぎて、もうすっかり枯れ木になってしまった。 樹々は葉を落としたけれど、先の先の細いところまで、しっかりと丁寧に枝である。 眠れない夜、その枝々の向こうに明るい月があった。 しばらくたってまた見ると、月は大きく動いていて、でもまだ大枯れ木の枝の向こ...
我ひとり 春の宴を 催せり 長い夜のはじめ、まだ暮れないうち、いちばんいい時間。サントリープレミアムと肴は何にしよ。無くてもいいんだけど。なまこ…カツオのタタキ…ブリのカマの塩焼きに大根おろし…。別に、毎週だけど。...
し ゅ ん し ゅ ん と 湯 の 沸 る 音 秋 灯 下... しゅんしゅんと ゆのたぎるおと しゅうとうか 釣瓶落としの日暮れ。 日が落ちれば、すぐさま冷えてくる秋の夕方、そして夜。 わたしには、一年でいちばん素敵な季節です。 ですから、暖房は、いろいろ試してみました。 快適な秋の夜長を過ごすために。 先ずはエアコン。 部屋全体を暖めるには、うちではこれしか...
つ っ か け の 音 だ け 拾 う 補 聴 器 や... つっかけの おとだけひろう ほちょうきや 最近はたぶん、改良されて来つつあろうと思いますが、少し前の補聴器は、使っている人によると、スリッパのパタパタいう音や、新聞紙を広げるバシャバシャいう音ばかり大きく聞こえて、話し声などはとても聞き取りにくいとのことでした。 今もそうですが、しっかり合ってな...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください