引 き 込 み 線 花 で 塞 ぎ し 無 人 駅

ひきこみせん はなでふさぎし むじんえき

日田彦山線。
以前から単線だったと聞きますが、ホームの反対側にも線路があります。
電車がすれ違うために設けられた線路だと思われます。
二時間に一本の現在では、もう必要のない引き込み線なのでしょう。
満開の桜が、ここで終わりと、立ち塞がっています。
川あり、田圃あり、桜満開ながら、一時間に一本では、先行き不安です。
もう乗ることはないのではと思えば、車窓に釘付けです。

この句も読まれています。

免 れ し 水 禍 に 涙 桃 並 ぶ まぬかれし すいかになみだ ももならぶ たいへんな災害が続いたこの夏。 果物の産地は何処も、摘果を前にさんざんなことになりました。 わずかに災いを免れた桃やブドウが店先に並びます。 まだまだ立ち直れない故郷に想いを馳せながら。...
立 葵 身 の 丈 を 知 る 雨 に 立 つ たちあおい みのたけをしる あめにたつ 西アジア原産の多年草です。 花期は6月から8月で、下から上に咲き登っていきます。 むかしは薬用として用いられ、いまでもマシュマロ作りには欠かせないとか。 ちょうど梅雨入りのころ咲き始め、梅雨明けのころ咲き終わるため、咲き具合を見て、あとどのくらいで明け...
枝垂れつつ 芽吹く柳の 若葉かな 桜より柳、川沿いの柳並木はすばらしい。わくわくします。芽が出るとすぐ自分の重みで枝垂れる感じです。若葉はうすい黄緑色、小さな筒の花火のようです。...
月を連れ 影法師踏んで ひとりぼち... もう吐く息が白い。日が落ちるのもずいぶん早くなった。昔の唄など口ずさみながら、前に後ろに行く影法師と帰り道。別に急ぐわけでもない帰り道は悪くない。ときどきお風呂に寄ったり、焼き鳥を買ったりしながら帰る。一人宴会だ。とにかく一瞬あたまをからにする。少し上手になったと思う。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください