引 き 込 み 線 花 で 塞 ぎ し 無 人 駅

ひきこみせん はなでふさぎし むじんえき

日田彦山線。
以前から単線だったと聞きますが、ホームの反対側にも線路があります。
電車がすれ違うために設けられた線路だと思われます。
二時間に一本の現在では、もう必要のない引き込み線なのでしょう。
満開の桜が、ここで終わりと、立ち塞がっています。
川あり、田圃あり、桜満開ながら、一時間に一本では、先行き不安です。
もう乗ることはないのではと思えば、車窓に釘付けです。

この句も読まれています。

蟹つりは 小さき頃の 桃源郷 竹の竿に、ひもをたらして、その先に漬物や、ちくわや、その他いろいろ結びつけて、 家の裏の小さな川(いま思えば、多分宇美川)に投げ入れると、川蟹が食いついてくるのです。 少ない少ない思い出です。 まだ母がいたころの…。...
ふ ら こ こ の 鉄 の 鎖 の 錆 匂 ひ ふらここの てつのくさりの さびにおい ふらここは、ブランコのことです。 俳句を習うようになって知りました。 むかしのブランコは、座る処は木で出来ていて、鎖は鉄製。 握れば褐色のサビが手に付き、サビの匂いまで移ったものです。 高く漕ぎすぎると、鎖がたわみ、それが怖くて、思いっきり漕げませんでした...
色づいて ホオヅキ今夏 越せるかと... もうこの季節に、ほおずきはだいだい色,、早いものだと思う。 この夏の暑さは、どうだろう。 暑くない夏だといいけれど。 野菜は高いかな。 夏の暑さには、とても弱くて、毎年夏バテします。 今年は、肉体労働の契約だから、夏バテするわけにはいかないのです。 頑張ってみようと決めたのです。 この夏を越せるか、...
もしかして 人に溺れて(おぼれて) ほととぎす... yやばいと思う瞬間があったりする。幸い長続きはしない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください