引 き 潮 の 冬 日 に 帰 る ご と く 逝 く

ひきしおの ふゆびにかえる ごとくいく

人の生き死にに月の満ち欠けが関わるとは、老人の言うことです。

ホントかウソか、まともに考えたこともないのですが、有明の海に潮が引くのを見ていると、そんなこともあるのかしらと思ってしまいます。

生き方や境遇や、持病などとは遠いところで、決められていたような、何かしら大いなるものに支配されているのかもしれないと考えたりします。

病気と事故は同じだと思っています。

たった今まで健康だった人が、突然不自由になるのには違いないのですから。

もうその時点で、ふつうの会話は成り立たず、みんな何かしら気を遣った物言いをするものです。

治るものならどってことはないのですが、もしかしたらこのままお別れかと思ったら、ふつうの対応は難しいものです。

静かに感謝に満ちた終わり方をしたいものですが、どうも正反対になりそうで、コワイ。

この句も読まれています。

初蝶は キャベツ畑に 見え隠れ ちらちらというか、陽が当たるときらきら輝く、輝きながら飛ぶというわけでもない。 なんというか、つまみ食いしながらというか、そんな飛びかた。 イモムシはキャベツを食べるだろうが、 蝶は、いったいなにを食べているのだろう。...
枝豆を ハーモニカのごと 口に入れ... ビールには枝豆。これは定番。あたしは一気に、三つゲットすることができる、ようになった。
赤まんま 涙のごとき 露を負う わたしは小さいころから、虐待をうけて育ちました。 継母は裁縫の得意な人で、裁断用の大きな裁ちばさみを持ってました。 感情にまかせて、叩くものですから、ときにはその裁ちばさみで叩かれたものです。 はさみは刃と刃が合わさったところに大きな瘤があります。 それが頭に落ちてきたときには、一瞬真っ白になって、...
鉄仙の 紫の色 濃く淡く 鉄仙といえば紫、深く濃いのから淡い薄紫まで。 咲く姿はきりっとして、咲き乱れる感はいっさいなく、それでいて美しい。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください