引 き 潮 の 冬 日 に 帰 る ご と く 逝 く

ひきしおの ふゆびにかえる ごとくいく

人の生き死にに月の満ち欠けが関わるとは、老人の言うことです。

ホントかウソか、まともに考えたこともないのですが、有明の海に潮が引くのを見ていると、そんなこともあるのかしらと思ってしまいます。

生き方や境遇や、持病などとは遠いところで、決められていたような、何かしら大いなるものに支配されているのかもしれないと考えたりします。

病気と事故は同じだと思っています。

たった今まで健康だった人が、突然不自由になるのには違いないのですから。

もうその時点で、ふつうの会話は成り立たず、みんな何かしら気を遣った物言いをするものです。

治るものならどってことはないのですが、もしかしたらこのままお別れかと思ったら、ふつうの対応は難しいものです。

静かに感謝に満ちた終わり方をしたいものですが、どうも正反対になりそうで、コワイ。

この句も読まれています。

春なれば 希望に燃ゆる わけもなし... 春がどうした。桜がどうした。なにがなんでも春は元気で、希望に燃えなければならないらしい。 ふざけんな。世の中には希望があふれているらしいが、あたしには関係ない。特に今年に限ったことでもないが。...
ひ た 隠 す 寂 し さ 漏 ら す 月 の 雨... ひたかくす さびしさもらす つきのあめ 月なんか見なきゃよかったのに。 やさしいものを見ると、押し殺していた寂しさは噴き出す。 それでなくとも秋は人恋しい。...
誰もみな 見て見ぬふりの パーマかな   ... 雨が多いと、髪がぺたっとなる。仕事も決まらないし、気分転換にパーマをかけた。なかなかいい。美容院に行くと、ほとんど毎回、なんだこれはって頭にされて、そうこうしているうちになんとなくあきらめてしまって、そのうちのびてしまう。今回は5年以上通っていた美容院を変えた。スーパーのなかの、なんかポリシーもない...
蚊帳(かや)の季(き)に 入れず過ごした 幾夜なり ... わたしは継母に虐待されていたせいか、大きくなるまで、おねしょがなおらなかった。その罰に、夜中に蚊帳からたたき出された。一晩中まんじりともせず、眠気と蚊に戦った。長い長い夜だった。真っ暗闇で、何時間も何時間も。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください