引 き 潮 の 冬 日 に 帰 る ご と く 逝 く

ひきしおの ふゆびにかえる ごとくいく

人の生き死にに月の満ち欠けが関わるとは、老人の言うことです。

ホントかウソか、まともに考えたこともないのですが、有明の海に潮が引くのを見ていると、そんなこともあるのかしらと思ってしまいます。

生き方や境遇や、持病などとは遠いところで、決められていたような、何かしら大いなるものに支配されているのかもしれないと考えたりします。

病気と事故は同じだと思っています。

たった今まで健康だった人が、突然不自由になるのには違いないのですから。

もうその時点で、ふつうの会話は成り立たず、みんな何かしら気を遣った物言いをするものです。

治るものならどってことはないのですが、もしかしたらこのままお別れかと思ったら、ふつうの対応は難しいものです。

静かに感謝に満ちた終わり方をしたいものですが、どうも正反対になりそうで、コワイ。

この句も読まれています。

竹 若 葉 熊 に 鈴 や ら 死 ん だ ふ り... たけわかば くまにすずやら しんだふり クマの被害が連日報道される今に至ってもなお、山に入るときには鈴を付けろと言う専門家と称する人がいます。 ひと昔前までは、死んだふりをしろと、まことしやかに言い伝えられたものです。 何を信じるかは、自己責任でしょうか。...
かなかなの 鳴く暇(いとま)無し 盆の雨... 降ったり止んだりの、盆の雨。 降ったからと言って、涼しくなるものでもなく、 蒸し蒸しするだけ。 それでも雨が降っているあいだは、つくつく法師も鳴かず、 なかなか律儀なものである。...
かきつばた ドクダミの中に 凛として... ドクダミの繁殖の力はとても強い。 そん所そこらの雑草よりはるかに強いのです。 かきつばた、たくさんあったはずなのに、今年はひとつしか咲いてないのです。...
羽化に似て 蔦(つた)の若芽は 濡れて出る... 蔦がようやく芽を出し始めた。 若い葉は、まるで蝶が、さなぎから生まれたばかりのように、 濡れたような、艶のある面持ち。 これから、大きく、強くなって、夏には、城を覆うイラクサの ごとく、たくましくなる。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です