引 き 潮 の 冬 日 に 帰 る ご と く 逝 く

ひきしおの ふゆびにかえる ごとくいく

人の生き死にに月の満ち欠けが関わるとは、老人の言うことです。

ホントかウソか、まともに考えたこともないのですが、有明の海に潮が引くのを見ていると、そんなこともあるのかしらと思ってしまいます。

生き方や境遇や、持病などとは遠いところで、決められていたような、何かしら大いなるものに支配されているのかもしれないと考えたりします。

病気と事故は同じだと思っています。

たった今まで健康だった人が、突然不自由になるのには違いないのですから。

もうその時点で、ふつうの会話は成り立たず、みんな何かしら気を遣った物言いをするものです。

治るものならどってことはないのですが、もしかしたらこのままお別れかと思ったら、ふつうの対応は難しいものです。

静かに感謝に満ちた終わり方をしたいものですが、どうも正反対になりそうで、コワイ。

この句も読まれています。

甲羅干す 亀さえ居らず 日射病 池の温度はどうなってるんだろう。 たぶん亀は、深いとこに潜っているのか、出て来もしない。 日射病を警戒してるにちがいない。...
冴 え 極 む 冬 三 日 月 に 刺 さ れ た り... 月の色がちがう。 冬の、とくに凍てつく夜は。 山吹色に近い、強い黄色。 板金で作ったような鋭角。 驚くほどくっきりしている。 お月さまも、あまりの寒さで凍りついたのかもしれない。 画像提供:Crescent moon - bulan sabit / emrank...
浮寝鳥 あしたの痛み わからずに あしたのことはわからない。涙をながすのか、不安におののくのか、笑うこともあるのか。 人生は浮寝鳥、流れにのって、さまようしかない。...
引 き 込 み 線 花 で 塞 ぎ し 無 人 駅... ひきこみせん はなでふさぎし むじんえき 日田彦山線。 以前から単線だったと聞きますが、ホームの反対側にも線路があります。 電車がすれ違うために設けられた線路だと思われます。 二時間に一本の現在では、もう必要のない引き込み線なのでしょう。 満開の桜が、ここで終わりと、立ち塞がっています。 川あり、...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください