延 々 と 米 研 ぐ 夢 や 時 雨 る る 夜

えんえんと こめとぐゆめや しぐるるよ

わたしは、一年中どんな天候でも、ほんの少し窓を開けて寝る癖があります。
閉め切っていると息が詰まる気がするのです。
そのせいで、外の音がよく聞こえるからかもしれません。
米を研ぐ音、時雨の音。
夢はよくみます。
とくに悪夢というものはありません。
ほとんどは、どうでもいいつまらないものです。
日常の瑣末なことに追われているうちに、だいじな秋は終わってしまい、もうすっかり冬です。

この句も読まれています。

合 流 の 川 は 冬 霧 前 川 町 ごうりゅうの かわはふゆぎり まえかわちょう 宇美川と多々良川。 三角州のようなところに、わたしの家、正確には官舎はありました。 何故にこうもしつこいのかと我ながら呆れます。 卒業できていない。 親の愛情を知らずに育った人間の、業なのか煩悩か、ただの病気か。...
底冷えの 今宵は降りぬか 別れ霜(しも)... 昼間は暑いほどなのに、明け方は恐ろしく冷える日がまだある。季節外れの霜を見るのはそんな朝。いつもの冷えとはちがう、とてつもない寒気に身震いする。...
露を置く ツユクサの上 鉄条網 秋が来たことを実感する。 ツユクサに露が降り、有刺鉄線に露が降りて。
春 朧 必 ず 垂 れ て 醤 油 差 し はるおぼろ かならずたれて しょうゆさし 新しいのに。 最後の一滴が必ず垂れる醤油差し。 買うときに試すわけにもいかず、カタチや模様が気に入って買い求めたものです。 がっかりです。 春はおぼろ。 ようやく寒を抜けて、世間はサクラの話題しきりです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください