延 々 と 米 研 ぐ 夢 や 時 雨 る る 夜

えんえんと こめとぐゆめや しぐるるよ

わたしは、一年中どんな天候でも、ほんの少し窓を開けて寝る癖があります。
閉め切っていると息が詰まる気がするのです。
そのせいで、外の音がよく聞こえるからかもしれません。
米を研ぐ音、時雨の音。
夢はよくみます。
とくに悪夢というものはありません。
ほとんどは、どうでもいいつまらないものです。
日常の瑣末なことに追われているうちに、だいじな秋は終わってしまい、もうすっかり冬です。

この句も読まれています。

名 月 や お の の く ほ ど の 明 る さ で... 昨日は、中秋の名月、今夜はスーパームーンというらしい。 まんまるお月さんの明るさに、街灯も要らぬくらい。 ふだんはあまり意識しないのだけれど、追い立てられるように、飛んで飛んで歩いた。 ススキは、蒼い穂を活けていたのが、いつの間にかほわほわの綿ススキに変わっていた。 昼間はしっかり暑いけれど、秋はそ...
ああいつか ほっとしてみたい 春時雨... 今明け方、雨。わたしは何かしらいつも重い懸案事項を抱えている。ときに重苦しくて、こうして夜中に目が覚める。外は春の雨。なにも考えず、ただ雨の音だけ聞いて眠れる夜が来ればいいのに。...
流 さ る る た め に 生 ま れ し 雛 流 す... ながさるる ためにうまれし ひなながす 流しひなは、女の子に降りかかるわざざいを、人間の身代わりとされた人形に移し、それを川や海に流すことを目的として、作られたものです。 流儀はさまざまながら、あちこちにその風習は残っていると聞きます。 わらや紙で作られます。 かたや御殿飾りのお雛さまもある...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください