延 々 と 米 研 ぐ 夢 や 時 雨 る る 夜

えんえんと こめとぐゆめや しぐるるよ

わたしは、一年中どんな天候でも、ほんの少し窓を開けて寝る癖があります。
閉め切っていると息が詰まる気がするのです。
そのせいで、外の音がよく聞こえるからかもしれません。
米を研ぐ音、時雨の音。
夢はよくみます。
とくに悪夢というものはありません。
ほとんどは、どうでもいいつまらないものです。
日常の瑣末なことに追われているうちに、だいじな秋は終わってしまい、もうすっかり冬です。

この句も読まれています。

き ち き ち と 言 は ば 居 場 所 の 丸 わ か り... きちきちと いわばいばしょの まるわかり バッタの仲間です。 精霊バッタは、お盆のころに出てくるからこの名前が付いています。 別名、キチキチ。 オスよりメスが大きい。 後ろ足が発達していて、体長の数十倍もの距離をジャンプするそうです。 飛ぶときに、キチキチと音を出します。 変な音出すから、どこにい...
荒 梅 雨 の 過 ぎ て 素 知 ら ぬ 振 り の 空... あらづゆの すぎてそしらぬ ふりのそら 昨日までの激しい雨、カミナリ、ところによってはタツマキも。 今朝は、もう済んだことといった風情の空模様です。 梅雨明けはそろそろなのでしょうか。...
稲 妻 や コ ン ビ ナ ー ト に 突 き 刺 せ り... いなづまや こんびなーとに つきさせり 遠く、水島コンビナート、海岸を壊し、埋め立て、横一列に並んだように見える工場群。 にわかに空はかき曇り、容赦ない雷鳴と稲妻が、ほぼ同時に。 こんなことではビクともしないけれど、映画を見ているようで、飽きない。...
七福の お一人だけでも お立ち寄り... 贅沢は言いません。 安泰に暮らしたいだけなのです。 七福神のひとりでいい。 それも短期の滞在でいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください