廃 園 の 観 覧 車 冬 日 惜 し ま ず

はいえんの かんらんしゃ ふゆびおしまず

遊園地は、みんなの、特に子どもの夢の場所です。
明るい声で溢れたであろう日々がかげろうのように重なります。
あちこちに大きなテーマパークが出来、昔ながらの遊園地は、どこも苦戦しているように聞きます。
その立ち姿が華やかで可愛らしく活き活きとした歓声が上がったものであればあるほど、荒んで姿は心が傷むものです。
売却先が決まらないことには、分解も片付けも出来ないのでしょう。
冬の陽射しは、暖かいまま、それらのものを照らします。
惜しげなく。

この句も読まれています。

集金の 手袋外し(はずし)の 手間取りて... 寒い冬の夜の集金。 凍える手で、手袋をはずす。 焦ると、これがむずかしい。 お釣り数えるのも、むずかしい。 凍える手ではむずかしい。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
時 計 草 梅 雨 寒 の 顔 空 に 向 け トケイソウのあのまんまるい顔、妙に細工が施してあり、紫の縁取りも好きだし、そんなに、朝顔の勢いではびこらないところもいい。 文字盤のような顔を、大きいものは7、8センチ、小さいのは2、3センチの花をつける。雨が降ろうと、顔は天を向いたまま、うつむくことを知らない。...
祭 り 笛 暗 渠 が 支 ゆ 商 店 街 まつりぶえ あんきょがささゆ しょうてんがい 水路に覆いやフタをして、上を生活の場として使えるようにしたアンキョは、あちらこちらそこここにあるようです。 こんなところもという具合です。 市内いちばんの、終戦直後から続く商店街も例外ではないこと、このごろ知りました。 生活の知恵でしょう。 下...
赤まんま 涙のごとき 露を負う わたしは小さいころから、虐待をうけて育ちました。 継母は裁縫の得意な人で、裁断用の大きな裁ちばさみを持ってました。 感情にまかせて、叩くものですから、ときにはその裁ちばさみで叩かれたものです。 はさみは刃と刃が合わさったところに大きな瘤があります。 それが頭に落ちてきたときには、一瞬真っ白になって、...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください