廃 園 の 観 覧 車 冬 日 惜 し ま ず

はいえんの かんらんしゃ ふゆびおしまず

遊園地は、みんなの、特に子どもの夢の場所です。
明るい声で溢れたであろう日々がかげろうのように重なります。
あちこちに大きなテーマパークが出来、昔ながらの遊園地は、どこも苦戦しているように聞きます。
その立ち姿が華やかで可愛らしく活き活きとした歓声が上がったものであればあるほど、荒んで姿は心が傷むものです。
売却先が決まらないことには、分解も片付けも出来ないのでしょう。
冬の陽射しは、暖かいまま、それらのものを照らします。
惜しげなく。

この句も読まれています。

力 量 を 超 へ た る 水 車 送 り 梅 雨... りきりょうを こえたるすいしゃ おくりづゆ いつごろ造られたものか、力強く回る姿は頼もしく、これによってうるおされた田んぼには、金の波のような実りがあり、幸せを呼んだと言われています。 今年の梅雨の終わりの集中豪雨は、まれに見る激しさで、水車は立ち往生の状態です。 さらに、今夜来るという台風が...
初夏の 夜風にのせて ジャスミンの... y夜も暑い日が続く。一足飛びに夏が来た。寝るときは窓は開けっ放し。すこし寒いくらいがい い。布団にくるまって寝るのが好き。むっとするようなジャスミンの香りは、香りというより、むせ るようなにおい。「夏が来る」心構えをしなくてはならない。あの体温より高い気温。湿度。...
鬼灯を 玄関に置き 厄払い はたして、ホウズキなんかで厄払いができるものか、ほんの気分 赤いし、かわいい。 わたしは、掃除したあと、何か草木を飾ります。 道端のエノコログサでも、もみじのはっぱでもなんでもいい。 ほんの2,3本...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください