幼 な の 尿 放 物 線 に 夏 き ざ す

おさなのしと ほうぶつせんに なつきざす

小さい男の子がオシッコをするようすは、見ていてほほえましいものです。

カラダを少し反らせて、上手に一気に終わります。

年寄りはそうはいきません。

タラタラと時間がかかり、ようやく終わったと思ったら、終わってなくて、長い時間をかけ、最後は便器の手前をしっかり濡らし、ズボンも濡らし、濡れていることに気がつかなくて、その濡れたところを踏みつけながら終わります。

こんなことを言うのは、わたしが意地悪で優しさが足りないからとはわかっているのですが、ときどきため息がでます。

この句も読まれています。

風通る 道を教えし 野良の猫 猫は涼しいところ、涼しいところを探して、寝そべる。 夏の暑さのさなかにも、風の道があるらしい。
浮寝鳥 あしたの痛み わからずに あしたのことはわからない。涙をながすのか、不安におののくのか、笑うこともあるのか。 人生は浮寝鳥、流れにのって、さまようしかない。...
葉を落とす 兆し見せつつ 夏が逝く... 朝夕がやっと少し涼しくなったかと思ったら、もう確実に秋。いちばん初めては蔦か。もう散るモード。色は変わらない。なにも変わらないんだけど、力がない、気がする。あ、ワタシ、タンカきって辞めちゃった話は、ハイ確かしました。...
冬 帽 の て っ ぺ ん ぴ ん と 立 て て や る... ふゆぼうの てっぺんぴんと たててやる むかしの冬帽は、てっぺんに必ず大きなぼんぼんが付いていたものです。 最近の流行りはそれがないから、ぺこっとへこみます。 気になるから、真ん中の絞ったところを、そっと引っ張り出してやります。 気づかれないように。 エレベーターの中で、後ろに立って。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください