数 へ 日 の 陽 の あ る う ち の 墓 参 り

かぞえびの ひのあるうちの はかまいり

ロクでも無い父親でした。
子どもが二人もいるのに、奥さんを変え、子どもが虐待されているのを薄々感じ取りながらも、見ないふりして、職場の付き合いに没頭しました。
そのため、人の世話には余念がなく、友人は多く、家には訪問客が絶えず、わたしは夜中まで皿洗いをしました。
元旦から、徹夜麻雀でした。
何処の奥様方も助かったと思います。
旦那を、元旦から、他所のうちで預かってもらえるのですから。
職場不倫の末の再婚でしたから、ママ母は接待に全力を振るい、笑顔絶やさず、その陰でわたしは叩かれたり、食事を抜かれたりしたものです。
バチが当たったか、父は55才でガンで亡くなりました。
あの人が、わたしの今までを、これからを見守ってくれるとは今も思えず。
元気な頃から、ママ母との間にできた、三番目の腹ちがいの妹ばかりを可愛がっておりました。
墓参りしようかと一瞬思ったけれど、やめた。

この句も読まれています。

胃ろうする 秋の彼岸の 便りあり 遠く離れた地にいる、縁の薄い母が、病気が進んで、食べられなくなり、胃に穴を開けて、直接栄養のリキッドを入れる手術をすることになろうと連絡のあり。体が徐々に動かなくなる病で、五月の母の日に花を贈ったときには、かろうじて、ありがとうと言えた。もうかなり進んだのだろう。胃ろうをすれば、かなり長く生きる。身...
犬 ふ ぐ り 吐 息 ひ と つ を 見 逃 さ ず... いぬふぐり といきひとつを みのがさず 犬ふぐり、早春の野を染める愛らしい、ホントに小さな花です。 雑草です。 花の中心は白く、花びらは水色です。 緑の葉とともに地面をおおうように広がります。...
甲 子 園 土 捨 て て や れ さ く ら ん ぼ... こうしえん つちすててやれ さくらんぼ 口を開けば甲子園。 飲み会では甲子園。 妻も子どもも、親戚も、同級生も、誰も彼もうんざり。 怒りが沸点に達したムスコが、甲子園の土を捨てたらしい。 よくやった。 ここまでしなくては、自分がどんなにうんざりされていたか、自覚できない甲子園病なり。...
なめくじの 後びきまでも 塩撒いて... なめくじに塩まくようなやつは、いくらへたくそでも俳句なんか作る資格ないと思うんですが…。 梅雨時に急に日照りになることがあります。 細いコンクリートの路地を渡りかけたなめくじが途中でくじけてしまうことがあります。 するとどうなるか、渡りきれずに道の真ん中あたりで力尽きて、そこでミイラというか、日干し...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください