平 貝 は 痛 風 の 元 有 明 海

タイラギは つうふうのもと ありあけかい

有明海に生息します。
大きな三角形の貝で、貝柱はもちろん、ワタと呼ばれる内臓も美味です。
もともと庶民の食べ物です。
むかしはよく採れて、升で量り売りをしており、父は毎日というほど、丼で食べておりました。
わたしも大好きでした。
だんだん値段が上がり、諫早湾の、ギロチンと称される干拓により、採れなくなってしまいました。
父はその後痛風になり、これはタイラギを食べ過ぎたせいではないかと、うちうちで話したものです。
ついでに心臓も悪かったものですから、あちこちの病院では、心臓への影響を考え、なかなかスカッとする強い薬を出してもらえないとかで、心臓の検査を一切せずに、本人の所望の薬を出してくれる飯塚病院まで通っておりました。
まあ、ありがたいと言えばありがたい。
実にいい加減な病院でした。

この句も読まれています。

ど れ こ れ も 選 ぶ に 難 し 柿 落 ち 葉... 柿の落ち葉、折り重なって降るように散る。 どの葉も、それぞれに色づきはちがうのだけれど、紅や黄色、それに少しの緑がうまく混ざって、またよごれも虫食いも無く美しく、2、3枚選んで、本に挟んでみようと思うのだけど、選ぶのが難しい。 凩はもうそこに、手ぐすね引いて待っている。 落ち葉を楽しむのも今のうち。...
青梅は 紫蘇となじませ 瓶に詰め 梅雨の季節、梅干作りの季節です。
寒戻り アイビーの縁(ふち) 紅くして  ... s寒さがちょっとだけ緩んだかと思ったのもつかの間、というか思ったことがまちがいだったか、また寒さがぶり返した。壁に這うアイビーが葉っぱの付け根から葉っぱのぐるりまで、紅くなって寒さに身構えている。ここ一番の頑張りを見せている。...
花なれど 咲くほど寂し ユキノシタ... あまり日の当たらない場所を好み、い心地がよければ、つぎつぎと触手をのばすように、増えるユキノシタ。 なんと心細い地味な花だこと。スーっと20センチほど伸びて、小さな小さな花をぱらぱらとつける。 すずらんのような可憐さも、かわいらしさもない。 ナズナがでかくなったような感じかな。日陰で楚々と咲く。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください