平 貝 は 痛 風 の 元 有 明 海

タイラギは つうふうのもと ありあけかい

有明海に生息します。
大きな三角形の貝で、貝柱はもちろん、ワタと呼ばれる内臓も美味です。
もともと庶民の食べ物です。
むかしはよく採れて、升で量り売りをしており、父は毎日というほど、丼で食べておりました。
わたしも大好きでした。
だんだん値段が上がり、諫早湾の、ギロチンと称される干拓により、採れなくなってしまいました。
父はその後痛風になり、これはタイラギを食べ過ぎたせいではないかと、うちうちで話したものです。
ついでに心臓も悪かったものですから、あちこちの病院では、心臓への影響を考え、なかなかスカッとする強い薬を出してもらえないとかで、心臓の検査を一切せずに、本人の所望の薬を出してくれる飯塚病院まで通っておりました。
まあ、ありがたいと言えばありがたい。
実にいい加減な病院でした。

この句も読まれています。

もの思う 蛍の軌跡 追う夜は 蛍の飛び交う川のほとりに「ほたる駐車場あります。無料」とベニヤ板に墨で書いた看板があった。雨の上がった夜にたくさん飛ぶと聞いた。いろんなことが、とめどなく巡る。まずおとこか。ほたるにはおとこ。次はいままでの来た道。いばらの道。唄は、関口由紀。...
秋 の 空 サ ー カ ス の 唄 ア コ ー デ ィ オ ン... あきのそら サーカスのうた あこーでぃおん 小学校の低学年。 遠足は、春は武蔵寺で、藤の花、秋はいろいろ、三月のサヨナラ遠足は太宰府園の遊園地。 お決まりでした。 いくつもの鳥居を通り、最後の鳥居の手前で、当時、傷痍軍人と呼ばれた、もうその時ですら、戦争から二十年近く経っていたと計算するので...
新盆の 集いは故人の 参加して そこにいるんじゃないか。 と、思ったりする。 懐かしさでいっぱいです。
黄落に 芽吹きの算段 見つけたり はらはらと散り敷く落ち葉も見事ながら、 ようく見ると葉の落ちた枝に芽吹きの小さな仕度を見つけた。 粛々と季節の仕事を行いながら、次を見越している。 わたしは今日のことに追われて、顔を上げる暇もない。 あしたの安心が、ちょっとでも覗けたら、楽なのにと思う。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください