平 貝 は 痛 風 の 元 有 明 海

タイラギは つうふうのもと ありあけかい

有明海に生息します。
大きな三角形の貝で、貝柱はもちろん、ワタと呼ばれる内臓も美味です。
もともと庶民の食べ物です。
むかしはよく採れて、升で量り売りをしており、父は毎日というほど、丼で食べておりました。
わたしも大好きでした。
だんだん値段が上がり、諫早湾の、ギロチンと称される干拓により、採れなくなってしまいました。
父はその後痛風になり、これはタイラギを食べ過ぎたせいではないかと、うちうちで話したものです。
ついでに心臓も悪かったものですから、あちこちの病院では、心臓への影響を考え、なかなかスカッとする強い薬を出してもらえないとかで、心臓の検査を一切せずに、本人の所望の薬を出してくれる飯塚病院まで通っておりました。
まあ、ありがたいと言えばありがたい。
実にいい加減な病院でした。

この句も読まれています。

練 習 の カ ヌ ー 尻 目 の 船 頭 唄 熟練の船頭さんの竿さばき。 流れのゆるいところでは、初心者のカヌーの練習。 服装はいっぱし。 淵に沿って、恐る恐るの気持ちが、その動きに出ている。 若い頃から、荒い仕込みで見よう見まねで技術を身につけた、老練の船頭には、ちゃんちゃらおかしい様子。 何にも言わない、ただ地元の民謡など聞かせるだけだけど...
森 繁 久 彌 ト ー ク シ ョ ー 〈 お 客 様 : 杉 村 春 子 〉... ケーブルで、森繁久彌トークショーのシリーズを見つけた。 各界の著名人を招いて、一回30分の、つまり「徹子の部屋」の森繁版といった趣きである。 まずは、ゲスト杉村春子。 大好きな役者で、今まで白黒の映画やドラマをいっぱい観てきた。 「女の一生」など、代表作といわれる作品は多いけれど、わたしの中のピカ...
明 け て 鳴 く ち ち ろ そ れ ほ ど 寂 し い か... あけてなく ちちろそれほど さみしいか ちちろとはコオロギのことです。 秋の虫は夕方から夜にかけて、うるさいほど鳴き続けます。 それも夜が明けてくれば、次第におさまるものです。 今朝はもう6時をとっくに過ぎたというのに、一匹だけいつまでも泣き止まないコオロギがいるようです。 人の世もさまざまです。...
稲 妻 や コ ン ビ ナ ー ト に 突 き 刺 せ り... いなづまや こんびなーとに つきさせり 遠く、水島コンビナート、海岸を壊し、埋め立て、横一列に並んだように見える工場群。 にわかに空はかき曇り、容赦ない雷鳴と稲妻が、ほぼ同時に。 こんなことではビクともしないけれど、映画を見ているようで、飽きない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください