平 貝 は 痛 風 の 元 有 明 海

タイラギは つうふうのもと ありあけかい

有明海に生息します。
大きな三角形の貝で、貝柱はもちろん、ワタと呼ばれる内臓も美味です。
もともと庶民の食べ物です。
むかしはよく採れて、升で量り売りをしており、父は毎日というほど、丼で食べておりました。
わたしも大好きでした。
だんだん値段が上がり、諫早湾の、ギロチンと称される干拓により、採れなくなってしまいました。
父はその後痛風になり、これはタイラギを食べ過ぎたせいではないかと、うちうちで話したものです。
ついでに心臓も悪かったものですから、あちこちの病院では、心臓への影響を考え、なかなかスカッとする強い薬を出してもらえないとかで、心臓の検査を一切せずに、本人の所望の薬を出してくれる飯塚病院まで通っておりました。
まあ、ありがたいと言えばありがたい。
実にいい加減な病院でした。

この句も読まれています。

もう秋と 思えばなおに 陽に灼かれ... 朝夕涼しくなってからの陽の強さは何だろう。ススキは穂を出したというのに、稲穂は実りつつあるのに、じっとり汗ばんで、真夏より気分わるい。もう九月も終わるのに、まだ仕事が決まらない。今日職安みたら、先週面接受けたとこはまだ求人出していた。履歴書はまだ帰って来ないけど、もう投函すみか。覚悟だけはしっかりし...
梅雨さなか マンション引越し もっと降れ... 新築の大マンションができた。おかげで、あたしの部屋から 見える空は三分の二に減った。梅雨なのに、連日引越しの トラックが鈴なり、なんかリビングの照明なんか張り切ってるのが、 レースのカーテン越しに伝わる。そんなにうれしいかい。 おかげで夜は、明々として、かぐやひめが月に帰るようだ。...
忘 れ た き は 片 っ 端 か ら 喰 へ 蝗... わすれたきは かたっぱしから くえいなご 世の中は、人生は思うように行かない。 ふっと気がつくと、山すそにキリが降りるように、小さな不安が際限もなく広がってしまっていたり、同窓会では、私のせいではないことでそしりを受けたり、それが今ごろ耳に入ったり、もう面倒くさいことばかり。 だったら誰とも付...
埋 み 火 ( うずみび ) の め ら と 炎 を 隠 し 持 つ... とうに自分の中では気づいているいろんな想いを 今は見ないふりをしている。 人間というものは、瞬時にあらゆることを頭に描くものだとしみじみ思う。 考え方には、人それぞれクセがあるようで、わたしは、自分が傷つかないように、用心用心して、足を踏み出すようにしている。 それでもなお驚くような番狂わせはあるも...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください