市内電車


old style tram / tsuda

もうずいぶん前のこと。
福岡市内には市内電車が走っていました。
どんたくには花電車として、一世を風靡した時代もありました。
電停は、道路の真ん中に細長くあって、当時それほどクルマが多くなかったせいか、立っていて恐怖感はありませんでした。
むしろわたしは電停に立つことが面白かった記憶があるくらい。
市内には大きな公園が幾つかあり、わたしが一番好きだった公園は、一番人気のなかった東公園。
日当たりが良くなかったのか、あまり明るいイメージはなく、植えられていた植物も地味で、なんという名前か、キャベツみたいなのが、植え込みにいっぱいあったのを憶えています。
昔のなんとかいう人の銅像はそのままに、公園は県庁に変わってしまいました。
特に反対運動もなかったのは、東公園がよくよく人気がなかったからでしょうか。
残念に思ったのは、わたしだけだったのでしょうか。
東公園に行くには電車です。東行きの電車は、ふつうに走り出します。
そしてたしか千鳥橋あたりで、敷石からふつうの軌道に入り、スピードが上がります。
音もガタゴトいってたのが、ゴーっという音に変わるのです。
当時馬出(まいだし)地区は、貧しい家が多かったのかもしれない、トタンの錆びた屋根が、電車の車体すれすれにあって、それはそれで印象深いものでした。わたしはあの電車が好きでした。
生まれ故郷の筥崎に近かったからだと思うのです。
故郷は母といたところ、そのすぐ後あの人は去って行った。
いつまでも卒業できないわたしは、一人で何度も行った。
あの電車に乗って。
誰かあの電車を憶えている人はいませんか。
あのじめじめした東公園を好きだった人はいませんか。

この句も読まれています。

今生の 別れと知るか 秋の日に 人生には、何気なく遠ざかってしまった別れもたくさんあるものですが、もはや生きて逢うことはあるまいと、わかって いて、それでもそんなことはおくびにも出さず、笑って手を振る別れがあるものだと知りました。心臓の奥に涙がポタポ タ落ちて、溜まるのが感じられるのです。泣いて笑うのです。...
落ち蝉に かかれと言うて 蟻の声 寿命が尽きた蝉は、蟻の栄養。 「さあ、かかれ」と号令一下蟻の流れ作業が始まる。 自然の摂理か。
霜 月 の 我 が も の と せ り 満 々 月... しもつきの わがものとせり ままんげつ 天体のこと、さっぱりわからないのですが、今年の11月14日の月は、満月の中でも特に大きかったとか。 理屈は、いろいろ聞いたけれど、よくわからなかった。 ただ月は、それぞれの人のもの。 自分のために輝いていると確信します。...
四 温 来 し た び 三 寒 を 忘 れ お り... しおんこし たびさんかんを わすれおり 三寒四温、これを繰り返しながら春へと近づいていくと聞いてはいるのですが、毎年体験しているのに、さむいさむいと凍えているものだから、ちょっと寒さが緩むと、ああこれで春になると、寒さがぶり返すことを、寒の戻りがあることを、つい忘れてしまうのです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です