市内電車


old style tram / tsuda

もうずいぶん前のこと。
福岡市内には市内電車が走っていました。
どんたくには花電車として、一世を風靡した時代もありました。
電停は、道路の真ん中に細長くあって、当時それほどクルマが多くなかったせいか、立っていて恐怖感はありませんでした。
むしろわたしは電停に立つことが面白かった記憶があるくらい。
市内には大きな公園が幾つかあり、わたしが一番好きだった公園は、一番人気のなかった東公園。
日当たりが良くなかったのか、あまり明るいイメージはなく、植えられていた植物も地味で、なんという名前か、キャベツみたいなのが、植え込みにいっぱいあったのを憶えています。
昔のなんとかいう人の銅像はそのままに、公園は県庁に変わってしまいました。
特に反対運動もなかったのは、東公園がよくよく人気がなかったからでしょうか。
残念に思ったのは、わたしだけだったのでしょうか。
東公園に行くには電車です。東行きの電車は、ふつうに走り出します。
そしてたしか千鳥橋あたりで、敷石からふつうの軌道に入り、スピードが上がります。
音もガタゴトいってたのが、ゴーっという音に変わるのです。
当時馬出(まいだし)地区は、貧しい家が多かったのかもしれない、トタンの錆びた屋根が、電車の車体すれすれにあって、それはそれで印象深いものでした。わたしはあの電車が好きでした。
生まれ故郷の筥崎に近かったからだと思うのです。
故郷は母といたところ、そのすぐ後あの人は去って行った。
いつまでも卒業できないわたしは、一人で何度も行った。
あの電車に乗って。
誰かあの電車を憶えている人はいませんか。
あのじめじめした東公園を好きだった人はいませんか。

この句も読まれています。

新酒会 酒かす下げて 帰り道 仕事決まらないのに、誘われれば出て行く元気は残っているのか、確認した。秋の新酒会は、あまり盛大ではなく、樽酒味見して、奈良漬けと酒かす買って、秋の気配の中ふらふら歩いて帰って来た。...
小春日に 一点の影なし 四畳半 もう12月だというのに、秋晴れのような空、暖かい日差し。狭い四畳半には光が溢れ、真冬だというのに、日焼けしそう。干せるだけの布団を干して、お日様の臭いのなかで寝るとしよう。...
郵便の ポストの雪は 落とさずに 雪が降って、積もった。 道は人が踏んで、もう滑りそう。車が通るところは シャーベット状になっていて、何処も彼処も人が 触ったところばかり。唯一郵便ポストの上だけが 誰も触れていないきれいな雪。帽子のように雪を いただいて、落とす気にもならない。...
春出水(でみず) 甘くみるなと 音を立て... もう春だと心も浮かれた頃、雪解けの 山から大水。川辺の石垣を飲み込み、 中洲の樹々をなぎ倒し、橋脚には折れ た枝や何ともしれないゴミの山。どう だ見ておれの心意気か。ひと暴れすれ ば春。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください