川 中 に 篝 火 の あ り 花 の あ り

かわなかに かがりびのあり はなのあり

かがり火を焚いた夜桜が川面に映るさまは、幾重にも幽玄で、激しく静かです。
気温が低いため、花の時期は思いのほか長かったけれど、天候に恵まれず、少し残念ではあったけれど、お祭りにならず、静かな花見を楽しめて良かったと思います。

この句も読まれています。

九 州 場 所 こ れ よ り 冬 帝 統 治 な る... きゅうしゅうばしょ これより とうていとうちなる いよいよ九州場所。 11月の風物詩。 そぞろ寒い状態が、はっきり季節を変えた感じでしょうか。 大好きな11月が行くと、世間は一気にクリスマスそして年末に向けて走り出します。...
竹 の 秋 一 脈 の 風 逃 す ま じ たけのあき いちみゃくのかぜ のがすまじ 春は竹にとっては秋にあたるといいます。 筍がアタマを出す頃、激しく葉が落ちるのです。 孟宗竹の林は昼間も影が多く、下では吹いてない風を捉えます。 竹の擦れ合う音は涼しげで、下で憩う者を和ませます。...
葬 儀 屋 の 会 員 と な り 今 年 米 そうぎやの かいいんとなり ことしごめ 友だちに勧められて、葬儀屋の会員になりました。 毎月3000円を、30万になるまで、積み立てるそうです。 慌てて、葬儀屋に飛び込むと、勧められるままに、よけいなセットや、派手で高級な棺おけを発注したりすることがよくあり、ものすごい負担増になりがちだとか。...
だるいのは 風邪か花粉か はたまた鬱か... なんだろう。 風邪の引き始めのようなだるさ、でもちょっとちがう。 毎年の花粉症か、 ストレスフルな人生ならウツか。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください