川 中 に 篝 火 の あ り 花 の あ り

かわなかに かがりびのあり はなのあり

かがり火を焚いた夜桜が川面に映るさまは、幾重にも幽玄で、激しく静かです。
気温が低いため、花の時期は思いのほか長かったけれど、天候に恵まれず、少し残念ではあったけれど、お祭りにならず、静かな花見を楽しめて良かったと思います。

この句も読まれています。

二 十 世 紀 梨 の 緑 も 熟 れ き り て... にじゅっせいき なしのみどりも うれきりて 九州では見かけることのない、鳥取の二十世紀と名前のついた、うす緑の小ぶりの梨。 ずいぶん前に亡くなった生母が毎年この季節になると、送ってくれていました。 「血は水よりも濃い」というけれど、いちばんたいへんな時に、助けてくれなかった肉親は、それだけのも...
学校の 夏を守るか 蝉しぐれ 小学校はついこの頃夏休みにはいりました。ひと気のない学校は門もピタッと閉ざされて、ただ朝の蝉時雨が凄まじいこと。また子供たちがもどる日まで、続くのだろうか。...
春深し 土手の薊の 紫深し もう薊の季節かと思いました。 あの紫の葉も花も、あのとげも好きです。 今では、あまり見ることもなくなりましたが、田舎の土手に群生しているのに 感動しました。 そのままを写真にすればよかったのに、摘み取ったあとでは、 迫力がありません。...
春 の 雨 大 方 の こ と は や り 過 ご し... いろいろあるけれど、どうしても言わなければいけないことだけ伝え、あとはもう放りっぱなし。 寒くはないけれど、花を散らす雨が降り、気だるいというか、物憂いというか。 ともかく今日でなければいけないことだけ片付けることにしている。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください