川 中 に 篝 火 の あ り 花 の あ り

かわなかに かがりびのあり はなのあり

かがり火を焚いた夜桜が川面に映るさまは、幾重にも幽玄で、激しく静かです。
気温が低いため、花の時期は思いのほか長かったけれど、天候に恵まれず、少し残念ではあったけれど、お祭りにならず、静かな花見を楽しめて良かったと思います。

この句も読まれています。

未練など 知らぬがごとく 桜散る... 春の嵐で、ようやく咲いた桜がもう散っている。この潔さ。いつまでも帰るはずのない人を待ってはいけません。一度離れた、人の心は戻ることなどあり得ないのですから。...
青蜜柑(あおみかん) 逢えて嬉しと 言われけり... 年寄りはなんでも言う。どうでもいいから、はっきりと、高らかに言う。 それでもいい。認めてもらうのは嬉しいこと。 わたしも誰かに言おう。「会えてうれしい」...
糸瓜棚 子規の景色に あったとか 正岡子規は、脊椎カリエスで、晩年は部屋から出ることがかなわなかったとありました。 床のある部屋の前には、糸瓜の棚が作られていて、それをご覧になったとか。 人はいろいろ頑張ったり、努力したり、悪あがきしたりするけれど、どうにもならないことの 多いこと。 悔しかったり、むなしかったり、先が見えないほどの...
屈辱の 染入る夜なり 秋の雨 男女の間に生じた屈辱感は、重い。 好きだっただけに、許せないものがある。 好きとかきらいとかを通り越した、人として許せない感情が芽生える。 そうなったほうが楽である。 恋い慕うより、憎むほうが楽である。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください