川 釣 り の 片 付 け 早 し そ ぞ ろ 寒

かわづりの かたどけはやし そぞろさむ

上流に大きなダムが出来てから、流れる水は大きく減って、魅力のない川になってしまいました。
もう魚なんていないと思い込んでいたけれど、あんな水溜りのような浅い川で、立派な装備をして、釣りをする人がいるなんて。
それも幾人も。
何かいるのでしょう。
日暮れも早いこの頃、夕方には急に寒さが身に染みるようになってきました。
釣り人の帰り支度も手早く、ひとりが片付け出すと次々終わるようです。
あっという間に日が落ちますから。

この句も読まれています。

あ の 笑 顔 声 や 青 葉 の 黄 泉 へ 発 つ... あのえがお こえや あおばの よみへたつ えがおのすてきなひとで、誰にでもよく気をつかってくれる人でした。 はじめての俳句の会で、おろおろしていたわたしに、いちばんに声をかけてくれ、となりへ座るよう言ってくれたのも彼女でした。 突然のことでした。 みんな驚き、寂しさにつつまれています。...
か に か く に 故 郷 の 夏 の 匂 ひ な り... かにかくに こきょうのかぜの においなり 何がちがうわけでもなかろうに。 たいした思い出があるわけでもないのに、やはり故郷の風はちがう。...
影長く 一気に落ちる 秋の暮 昼間は暑い。風が涼しいものの、照りつける日差しは秋のものではない。五時過ぎて影法師が長くなったと思った途端、まるでブラインドを下ろすように、日の暮れが始まって、あっという間に夜になった。夜が長いのはいい。なんかお得した気分。夕方から動き出す。もぐらみたい。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください