川 釣 り の 片 付 け 早 し そ ぞ ろ 寒

かわづりの かたどけはやし そぞろさむ

上流に大きなダムが出来てから、流れる水は大きく減って、魅力のない川になってしまいました。
もう魚なんていないと思い込んでいたけれど、あんな水溜りのような浅い川で、立派な装備をして、釣りをする人がいるなんて。
それも幾人も。
何かいるのでしょう。
日暮れも早いこの頃、夕方には急に寒さが身に染みるようになってきました。
釣り人の帰り支度も手早く、ひとりが片付け出すと次々終わるようです。
あっという間に日が落ちますから。

この句も読まれています。

蛇 の 舌 ち ろ り 誘 ふ 別 の 道 へびのした ちろりいざなう べつのみちヘビがきらわれる原因のひとつに、あのちろちろと出たり引っ込んだり忙しく動く細くて長い舌があるのではと思います。もししゃべるなら、良からぬ道を教えそう。人生は選択の連続。あの親の子として生まれたからには、あるところまでは自身で決めることなどできなかったのも当然...
冷 素 麺 茗 荷(みょうが) も 葱 も あ り っ た け... こんなに涼しくなってから、そうめんの句などおかしいけれど、わたしには、そんな変な嗜好がある、ときどき。 真冬にそうめん食べたくなったり、真夏に鍋したり。 冷奴は一年中。 薬味が大好きで、葱、紫蘇、生姜、茗荷。 つけ汁にとっぷり入れて、薬味まみれで食べるのがいい。...
門 司 港 は 起 点 終 点 秋 日 和 もじこうは きてんしゅうてん あきびより 門司港レトロ地区で、目を引くのは、建築名所です。 まず駅舎、旧門司税関、旧大阪商船、旧門司三井倶楽部などでしょうか。 海側の変な跳ね橋や、高層マンションの展望室や、数あるレストラン、土産物屋がなくなればもっと素敵なのに。...
ふるさとの 同じと聞いて 水温む(ぬるむ)... なにかの話で、出身地の話になった。 ほんの偶然。山登りの話から遠足の 話になり、おんなじ田舎の小学校と わかった。年配のその人は、ふっと 顔がほころび、次の瞬間満面の笑顔と なりほんとにうれしそう。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です