川 釣 り の 片 付 け 早 し そ ぞ ろ 寒

かわづりの かたどけはやし そぞろさむ

上流に大きなダムが出来てから、流れる水は大きく減って、魅力のない川になってしまいました。
もう魚なんていないと思い込んでいたけれど、あんな水溜りのような浅い川で、立派な装備をして、釣りをする人がいるなんて。
それも幾人も。
何かいるのでしょう。
日暮れも早いこの頃、夕方には急に寒さが身に染みるようになってきました。
釣り人の帰り支度も手早く、ひとりが片付け出すと次々終わるようです。
あっという間に日が落ちますから。

この句も読まれています。

電話など 待たぬ煮こごり 見るばかり... 待つ身は辛い。 思うように、時間は経たない。 待つ間に、わたしは、いろいろなことを思う。 もし電話がなかったら、自分は相当落ち込むだろう。 何も手につかないかもしれない。 だったら今のうち、できることを片付けておこう。 今何ができる? テーブルを拭くこと? 食器を洗うこと? ストーブに灯油を入れ...
山 笑 う 法 螺 貝 と き に 悲 鳴 上 げ... やまわらう ほらがいときに ひめいあげ 日田彦山線から、さらに奥に入ったところで、護摩焚きがあると聞き、電車で無人駅に降り、さらにバスで行きました。 なんせ初めての体験で、山伏も、六根清浄(ろっこんしょうじょう) の掛け声も、ホラガイも珍しくて、面白い体験でした。 ホラガイは、見たところ、とても...
蜥蜴 (とかげ) 鳴 く 希 望 と い う よ り 野 望 あ り... Happiness is a warm rock / wolfpix 秋も極まった。あたしには 小さな望みがある。今は言 えない。正社員から、パー トになる。来月から。なる というのではない。やむな く、泣く泣くそうさせられ る。ただ物は考えようだと 思うことにした。 給料は減るが、時間が増え る。...
冬 薔 薇 あ し た の 空 を 疑 は ず ふゆそうび あしたのそらを うたがわず なにもこの寒空の下、開きかけた花びらは、何日もそのまま凍ったように、さらに縁取りのように白い雪がその形をなぞっている朝もあるというのに。 春になれば、プリンセスのドレスのような仲間が競って咲き出すというのに。 かたくなで、生真面目な、冬のバラがわたしは好...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください