川 筋 の 気 質 神 輿 は 川 を 突 く

かわすじの きしつみこしは かわをつく

福岡県田川市、JR伊田駅近く「風治八幡宮」の川渡り神幸祭。

かつて石炭産業を支えた筑豊にあり、450年の伝統があると聞きます。

11基の山笠が彦山川を目指し、鮮やかな幟を立てた山笠が、揺れに揺れ揺らしに揺らして、かね太鼓を轟かせ、川に入り、水しぶきを掛け合うシーンがクライマックスです。

川筋気質とは、筑豊を流れる遠賀川の川筋に生きる人たちの気性を表す言葉です。

「理屈をこねない」

「竹を割ったような、いさぎよさ」

「宵越しのカネを持つことを恥とする」

この句も読まれています。

長き夜は ひとりコトコト お裁縫 秋の夜長は楽しいものです。 まして雨ならなおさらのこと。 そのうえひとりならもっと素敵です。 最近習い始めたばかりの洋裁の宿題をするのです。 でもこれには条件がそろはなくてはならないのです。 まず心配事がなくなりはしないけど、ちょっとだけでも落ち着く。 人間関係のトラブルを抱えてないとき。 そしてそ...
桜蕊(さくらしべ) 自転車の籠(かご) 目指し降る... 薄桃色の花びらに比べ、蕊は濃い紅色。桜が散ったあと、蕊が残った桜の木は、若葉がぐんと育ち、蕊の濃い紅色が合わさって、まるで別の木のよう。 この時期の桜が好きです。 花の時期より、短いかもしれません。 花蕊は、自転車のカゴにも、引き戸の玄関のレールの間にも残ります。 終わったと思うのです。 しつこいよ...
均等に 簾(すだれ)を落とし 春の昼 二階から簾を下に落として設置する。 隣から見えるから。 真ん中を止めて、左右に。 何回もやり直す。 なんで斜めになるのか。...
後半は 入れ歯探しの 花見かな 満開の桜。 年に一度の花見の宴。 なんで入れ歯を落とすかな。 よかったらクリックください。励みになります。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください