川 筋 の 気 質 神 輿 は 川 を 突 く

かわすじの きしつみこしは かわをつく

福岡県田川市、JR伊田駅近く「風治八幡宮」の川渡り神幸祭。

かつて石炭産業を支えた筑豊にあり、450年の伝統があると聞きます。

11基の山笠が彦山川を目指し、鮮やかな幟を立てた山笠が、揺れに揺れ揺らしに揺らして、かね太鼓を轟かせ、川に入り、水しぶきを掛け合うシーンがクライマックスです。

川筋気質とは、筑豊を流れる遠賀川の川筋に生きる人たちの気性を表す言葉です。

「理屈をこねない」

「竹を割ったような、いさぎよさ」

「宵越しのカネを持つことを恥とする」

この句も読まれています。

今ここに いたたまれずに 梅雨の雨... ここにいられないような瞬間があるのです。 もう消えてしまいたいのです。考えないように 考えないように、頭の中を真っ白にして、屈辱に 耐えなければ、おかしくなってしまいそうなのです。 あ~あと何回こんな思いをするのか。...
稲 雀 丸 々 と な り 急 旋 回 いなすずめ まるまるとなり きゅうせんかい あたまに描く雀の何倍もメタボ。 何処で何を食べてる? 一年近くをかけて、手塩にかけて作られた米でしょうか。 最近では、案山子もキラキラテープもあまり見られなくなったような気がします。 稲雀は、群れで動きます。 すこしの異変でも、いっせいに飛び立ち、必要と...
極限に 一日を疲れ 梅雨最中 毎日必死に生きているつもりでも、なかなか平穏には終わらない。 タイプの違う事件が、決まって起こる。 仕事を変わって、四カ月。 職場が変われば、鍵の開け方、ゴミの出し方まで、いっさいが変わる。 人の顔も何十人と覚えないといけない。 そのうえに、自分の落ち度とは思えないところで、攻撃を受ける。 納得でき...
春 浅 き 鉛 筆 削 り 行 き 詰 ま り 鉛筆削りを信用していた。 疑ったこともなかった。 いつまでたっても終わりのサインが出ず、いつの間にか半分の丈になっていた。 それなのに、先端は丸いまま。 老化したなら、動かなければいいのに。 認知症みたい。 画像出典:Pencil sharpener / haru__q...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.