川 筋 の 気 質 神 輿 は 川 を 突 く

かわすじの きしつみこしは かわをつく

福岡県田川市、JR伊田駅近く「風治八幡宮」の川渡り神幸祭。

かつて石炭産業を支えた筑豊にあり、450年の伝統があると聞きます。

11基の山笠が彦山川を目指し、鮮やかな幟を立てた山笠が、揺れに揺れ揺らしに揺らして、かね太鼓を轟かせ、川に入り、水しぶきを掛け合うシーンがクライマックスです。

川筋気質とは、筑豊を流れる遠賀川の川筋に生きる人たちの気性を表す言葉です。

「理屈をこねない」

「竹を割ったような、いさぎよさ」

「宵越しのカネを持つことを恥とする」

この句も読まれています。

寺瓦 反り返る先まで 春の雨... お寺の屋根は、なんであんなに反り返っているのでしょうか。 単に見栄えがいいから? それとも、何か理由があるのでしょうか。 春の雨は、時間をかけて、丁寧にていねいに、あらゆるものを濡らしていきます。 万物が、深呼吸します。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
遅 れ な く 海 風 強 き 紅 梅 も おくれなく うみかぜつよき こうばいも 長崎の大村湾の突端に小さな墓地があり、紅梅が内地と変わりなく花をつけます。 一年中海風は強かろうに。 たださえぎるものがないため、日差しはふんだんに受けることできます。 上から見ると、穏やかな海、でもきらきらと反射する波の色は驚くほど強く、それに負けじ...
きのう掃き 今日また集う 落ち葉かな... 道一本隔てたところに、団地があり、ぐるっと並木がある。 落葉樹。 小さな玄関の前は、落ち葉の吹き溜まり。 ごみ袋いっぱいに集めても、翌日はまたおんなじ。 風の吹き方かもしれない。 だってうちの前だけ。 よかったらクリックください。励みになります。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください