川 柳 風 の 藻 屑 を 受 け と め し

かわやなぎ かぜのもくずを うけとめし

ヤナギほど風になびくものもあるまい。

若芽をふき、ワタのようなシベなるものを飛ばし、風見草などと言われる。

「 柳 よ り や は ら か き も の 見 当 た ら ず 」 後藤比奈夫

この句も読まれています。

昭和かな 肝油ドロップ 柿落葉 職場の物置で肝油ドロップの缶を見つけた。男の子の顔がでっかく写真でついていて、バックの色は黄色。 写真覚えて、載せられるようにしよ。その缶、今私のボールペン立てになっています。そのうちこそっと持って帰ってこよう。...
刑 務 所 の 高 き 塀 な り 冬 日 受 け... けいむしょの たかきへいなり ふゆびうけ 宇美刑務所。 塀に沿って、銀杏並木でも植えたら良さそうだけれど、目的からそうもいかず。 殺伐とした側道に、落ち葉が乾いた音を立てて走ります。 暖かい冬の日差しが惜しげもなく、高い塀に降り注ぎます。 見るからに寂しい風景です。...
冷たきは 冷たきままに 秋の風 人は変わらない。 ああそうだった。こんなひとだったと、あらためて思い出して、がっかりしたこと ありませんか。 長く音信不通の二つ違いの妹と、ほんとに久しぶりに話したときも、そうでした。 変わらない、変わらない、いやあなまんま。...
気が合うと 思うたにもう 秋の風 この人とは仲良くなれると思って、すぐ裏切られることが二度続いた。なにをやっているんだろう、いい歳をして。 いままでそんなことはなかったのに。別に友達が欲しいわけでもないのに。馬鹿になったのか。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください