川 柳 風 の 藻 屑 を 受 け と め し

かわやなぎ かぜのもくずを うけとめし

ヤナギほど風になびくものもあるまい。

若芽をふき、ワタのようなシベなるものを飛ばし、風見草などと言われる。

「 柳 よ り や は ら か き も の 見 当 た ら ず 」 後藤比奈夫

この句も読まれています。

新聞に 冬菜くるみて 笑みこぼれ ちょっとこれ持って行きなさいって、大根一本だったり 二番目に育ったかつお菜だったり。にっと笑って差し出す。 こんなふうに歳をとりたいと思う。...
川鵜増え 人の遊びの 報いゆえ ニュースで見ました。たしか、熊本。鵜飼の鵜を調教する過程で、川鵜が増えてしまって、大事なあゆを食べてしま うと。喉をしばって、飲み込めないようにして、吐き出させるなんて、残酷なことをしているから、こんな罰をうけるので す。川鵜がんばれ。目にもの見せてやれ。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です