川 柳 風 の 藻 屑 を 受 け と め し

かわやなぎ かぜのもくずを うけとめし

ヤナギほど風になびくものもあるまい。

若芽をふき、ワタのようなシベなるものを飛ばし、風見草などと言われる。

「 柳 よ り や は ら か き も の 見 当 た ら ず 」 後藤比奈夫

この句も読まれています。

熊 穴 に 人 は 炬 燵 に 新 聞 み か ん... くまあなに ひとはこたつに しんぶん みかん 熊穴に入るとは、冬の季語です。 秋、たくさんの食べ物を食べ貯めた熊は、雪が降り積もる頃になると、岩穴や、樹の洞などで、体に蓄えた脂肪などを消費しながら、冬ごもりをすると言われています。 冬眠ではないのです。 体温は変わらず、体の機能は、かなり維持...
古 民 家 の コ ー ヒ ー シ ョ ッ プ も 花 ミ モ ザ... こみんかの こーひーしょっぷも はなみもざ わたしは洋花はあまり好きではないのですが、この春のはじめのころ降るように咲くミモザの花は魅力的です。 しあわせの象徴のようなこの花を、花束にもっと使えばいいのに。 卒業式シーズン。 毎度毎度のかすみ草ではなく、溢れんばかりのミモザを花束にするのです...
冬 ざ れ を 覆 ひ 尽 く し て ク リ ス マ ス... 昼間の生活をすっかり覆い隠して、綺麗なイルミネーションが街を飾る。わたしはあまり好きではないけれど、多くの人はうきうきと心が弾むらしい。いつごろから、この樹々に金属を巻き付け、ライトアップするようになったものか。クリスマスはショーウィンドウと遊園地と部屋の中だけでいいのではと思ったりもするが、みんな...
倒 れ し は 一 株 一 株 稲 を 刈 る たおれしは ひとかぶひとかぶ いねをかる 水害で、穀倉地帯と言われる地域の、稲刈り寸前の稲が大きな被害を受けました。 救えるものはなんとかしようと、水に浸かって倒れてしまった稲を、立て、水で重くなったものを、一株ずつ鎌で刈り取っていく、とんでもない重労働にある農家があります。 稲を、米を救いた...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください