川 柳 風 の 藻 屑 を 受 け と め し

かわやなぎ かぜのもくずを うけとめし

ヤナギほど風になびくものもあるまい。

若芽をふき、ワタのようなシベなるものを飛ばし、風見草などと言われる。

「 柳 よ り や は ら か き も の 見 当 た ら ず 」 後藤比奈夫

この句も読まれています。

密 航 の 見 張 り 台 あ り 夏 霞 みっこうの みはりだいあり なつがすみ いま糸島市。 むかし糸島郡志摩町野北浜。 いまはゴルフ場になっている、むかし「まきば」と呼ばれた小高い丘の中腹に、朝鮮半島からの密航者を見張る、ちょうど大きな物見櫓のような、木造の粗末な建物がありました。 密航ならともかく、そろりと来て、拉致し、連れ帰ったの...
い つ か ら か 唄 は ぬ ガ イ ド 冬 遍 路... いつからか うたわぬガイド ふゆへんろ バスガイドのお姉さんがガイドをしなくなって、歌わなくなってもう久しい。 最近では、「ごゆっくりお楽しみください」と言うだけです。 踏み切りに、わざわざ降りて、ピッピッと笛を吹いて誘導したり、バックするときに笛を吹くこともなくなりました。 小さなところから、世...
胃ろうする 秋の彼岸の 便りあり 遠く離れた地にいる、縁の薄い母が、病気が進んで、食べられなくなり、胃に穴を開けて、直接栄養のリキッドを入れる手術をすることになろうと連絡のあり。体が徐々に動かなくなる病で、五月の母の日に花を贈ったときには、かろうじて、ありがとうと言えた。もうかなり進んだのだろう。胃ろうをすれば、かなり長く生きる。身...
滝つぼの ごと叩かれて 戻り梅雨 梅雨の後半の雨は激しい。 ここまで降るかって感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください