岩 肌 に 群 生 の し ゃ が 無 人 駅

いわはだに ぐんせいのしゃが むじんえき

日田彦山線筑前岩屋駅。
無人駅です。
駅横に、信じられないくらい大きな岩がそびえ立ち、その岩肌一面をシャガの花が覆っています。

シャガはアヤメの種類かと思いますが、色はかなり薄い薄い紫で、花の中心は黄色が入ってきれいです。
丈は低め。
それでも群生すると、迫力があります。

この句も読まれています。

綻 び て 野 梅 も 欲 し き 褒 め 言 葉... ほころびて のうめもほしき ほめことば 梅園には梅が盛りです。 寒さのゆるんだ午後には、散策の人々が、その美しさを愛でながら、ゆったりと時間をかけて見て回る姿があります。 野梅は自生です。 山にある、人間の手の入らない梅ですから、自由といえばそうなのですが、たまには良く咲いたとか、立派なもの...
吸 う 息 も 吐 く 息 も 襟 巻 の 中 マフモコスナップ MUFFMOCO SNAPSHOT / Norio.NAKAYAMA 毛糸の、もともと長めのマフラー。 二重に巻いて、さらに耳まで隠して、顔の半分ぐるぐる巻きにして使っていたら、だんだんのびてきたような気がする。 マフラーといえば、 わたしの妹は高校生の頃、好きな男の子ができるた...
雨 水 帯 ぶ 花 芽 花 柄 移 植 ご て うすいおぶ はなめはながら いしょくごて 雪が雨に変わる。解けて水になる。 大地の潤いを伝えます。 実際には、北国にはまだ雪も降りますが、その雪もやがて解け水音を奏で始めるでしょう。 まもなく農作業の準備も始まることと思われます。 すべての物に、大地の隅々まで、水が潤い春が到来します。...
新 雪 に 踏 み 跡 つ け て ポ ス ト ま で... 真っ白に積もった雪があまりに見事で、足跡をつけたくなかったのだけれど、やむなく新聞を取りに郵便受けまで震えながら行った。 行くときに付けた足跡を辿って帰った。 一日、外出はそれだけだった。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください