岩 肌 に 群 生 の し ゃ が 無 人 駅

いわはだに ぐんせいのしゃが むじんえき

日田彦山線筑前岩屋駅。
無人駅です。
駅横に、信じられないくらい大きな岩がそびえ立ち、その岩肌一面をシャガの花が覆っています。

シャガはアヤメの種類かと思いますが、色はかなり薄い薄い紫で、花の中心は黄色が入ってきれいです。
丈は低め。
それでも群生すると、迫力があります。

この句も読まれています。

天 の 川 浪 の 果 て よ り 立 ち の ぼ る... あまのがわ なみのはてより たちのぼる 夏の終わり、秋のはじめの頃の空。 星のきらめきと流れ星、流星群と言ってもいいかもしれません。 ずーっと沖の、夏を終えた海というより、深い海の底から立ち上がったように、その輝きはみずみずしく思えます。...
沙 羅 の 花 無 か り し 縁 と 諦 め よ... しゃらのはな なかりしえんと あきらめよ 縁あって知り合ったと勘違いもはなはだしい恋愛は、この世に星の数ほどあるものです。 ほとんどは間違っている。 あきらめることの辛さを知ることも、その後の人生には必要で、想いを深くするものです。 今は辛いけれど、淡々と粛々と為すべきことを行うことしか、処方は...
戻り梅雨 漬けたる梅の 色着かず 梅雨に入って、初めて梅干しを漬けた。紫蘇の赤色が着きそで、着かぬ。毎日瓶ごと振り混ぜているけど、これはまちがいかもしれない。...
終 着 の 枕 木 高 く別 れ 霜 しゅうちゃくの まくらぎたかく わかれじも 終着駅では、駅舎と列車が並列ではなく、直角に向き合います。 これ以上列車が進むことはないのだけれど、用心のためか、枕木を積み上げてまるで「ここでおしまい」と言ってるみたいです。 とっくに春なのに、ときたまアラレが降ったりする時季です。 忘れ雪とか忘...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください