岩 肌 に 群 生 の し ゃ が 無 人 駅

いわはだに ぐんせいのしゃが むじんえき

日田彦山線筑前岩屋駅。
無人駅です。
駅横に、信じられないくらい大きな岩がそびえ立ち、その岩肌一面をシャガの花が覆っています。

シャガはアヤメの種類かと思いますが、色はかなり薄い薄い紫で、花の中心は黄色が入ってきれいです。
丈は低め。
それでも群生すると、迫力があります。

この句も読まれています。

猫柳 やり直せるかと ふと思う 猫柳の新芽が出る様子は、独特です。 むくむくつるんという感じで、光り輝く新しい芽が まさに、今からはじまるって気がします。 あ、もいっぺんやってみよかな。 なんてあほなことを考えたりします。 ちょっとだけ前向きになったりするものです。...
野 焼 き し て 放 り 込 み た き も の の あ り... 国道5号 (4) / Kuruman 遠巻きに見るだけでも、緊張する。 付けられた火は、はじめは燃えているのかいないのかもわからないくらい、色も着かずひたひたと静かだが、ある時からぐらりと表情を変える。 燃え上がる炎は、走る速度を増し、空気を巻き込み、風向きを作り出すよう。 燃えてしまえ、燃えてし...
揚 水 の 発 電 残 し て 山 眠 る 小さな水力の発電だという。山はもうすっかり冬の気配で、大きな岩盤は、その色をいっそう深くして、より大きく見える。常緑樹は変わらず、ほかは冬の立木となり、沢の水も冬、空も冬の空。水汲みの人が並んでいる。いい湧き水が出ているのだろう。なんか容れ物を持って来ればよかった。...
秋深し この医者でいいのか 問い歩き... 就職と結婚と病院は、縁のものだと思う。 頑張ってどうなるもんじゃなし。 運命か、天命か。 つきがあるか、ないか。 医者はそのほとんどがヤブだと思っていい。 少なくとも、患者を本気で心配する奴はいない。 心配してほしいわけじゃない。 ただ正しい診断と治療を求めているだけ。 どうしてできないんだろう。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です