岩 肌 に い ち め ん 著 莪 の 花 い ち め ん

いわはだに いちめんしゃがの はないちめん

シャガの花。
アヤメに似た花です。
湿り気のある森林で育ちます。
根茎を伸ばして繁殖します。
とても薄い紫、中心だけ黄色です。

山肌かと思うくらい大きな岩盤、福岡県筑前東峰村の筑前岩屋の駅舎の裏です。
日当たりがよくもなければ悪くもないそんな場所です。
花もそこにあれば、綺麗だと思います。
ただ、これほど大きな垂直に立った岩盤。
その一面に、同じ花。
迫力です。
他の花ではダメだったのでしょう。
見惚れるほどです。

この句も読まれています。

朝 曇 り も ろ き ゅ う 作 る 今 の う ち... あさぐもり もろきゅうつくるも いまのうち 「朝曇り、昼ひでり」 というそうです。 朝のうちのモヤのかかったようなくもりが、晴れて日中きびしい暑さになることを言ったものです。 最近は、エアコンがあり、栄養状態もいいからか、夏やせということを聞かなくなったように感じます。 世の中は、どちらかとい...
山茶花の 咲き終わるまえ 散りはじめ... 山茶花の垣根にようやく花が咲き始めました。まだちらほらですが、地面にはもう散った花びらが落ちています。つぼみをふたつ小さな花器に入れて玄関に置くと、固かったつぼみがもう咲いてる。あわただしいこと。椿より小さくて、椿ほど重みもなくて、垣根によく合う手ごろな花という感じです。...
畑を焼き 畦をなめ 空巻き上がり 野焼きの季節が来た。 あまりの火の勢いに、おののくのは毎年のこと。巻き上がる炎は時に激しく、空気を巻き上げるように思われ、もう手を つけられない。あとに残る藁の焼けたにおいが、なつかしい。いつまでも残り、通り過ぎる車の中まで入ってくる。...
菱の実は くるんで売れり 新聞紙 水っぽい芋のような菱の実は、あまりおいしいとは思わないのですが、 幼いころの数少ない、家庭らしい思い出です。 父が柳川の駅で見つけて、新聞紙を広げて、競うように家族で食べたものです。 あんな日もあったというところです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください