岩 肌 に い ち め ん 著 莪 の 花 い ち め ん

いわはだに いちめんしゃがの はないちめん

シャガの花。
アヤメに似た花です。
湿り気のある森林で育ちます。
根茎を伸ばして繁殖します。
とても薄い紫、中心だけ黄色です。

山肌かと思うくらい大きな岩盤、福岡県筑前東峰村の筑前岩屋の駅舎の裏です。
日当たりがよくもなければ悪くもないそんな場所です。
花もそこにあれば、綺麗だと思います。
ただ、これほど大きな垂直に立った岩盤。
その一面に、同じ花。
迫力です。
他の花ではダメだったのでしょう。
見惚れるほどです。

この句も読まれています。

秋寂びて 心トグロを 巻く日あり 社内研修があり、そのリーダーに言われた。 「あんた、人に感謝したことなかろう」 研修とは、人を育てるために行うものだろう。 なんでこんなことを言われるのか、それもわたしだけ。 (総勢四人とそのリーダー) 「なんでこんな仕事しようと」 (福祉関係) 黙って聞いていた。それしかない。 言葉はひたひたと、...
暮れ行きて 藤紫の 春深し 春の宵はむらさき。ゆらりゆらりと日が落ちて、なんの花の香りかほのかに香る。大きな道路をちょっとはいった路地なんか歩くのがいい。下手すると、元の道に戻れなくてとんでもない目に遭うこともあるけど。...
星 生 ま れ 星 消 へ し 後 寒 明 く る... ほしうまれ ほしきえしのち かんあくる 冬の夜空は、凍てついて、星はくっきりとその姿を現します。 寒さはこれからが本番ですが、ちらほらと見る季節外れの一輪二輪のサクラを見ると、もう少しかと思ってしまいます。 今日は一日雨だったけれど、気温は12℃もあったとか。 寒ヒデリと言ってもいいくらい雨...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください