山 藤 や 勝 手 気 儘 ( きまま ) の 深 紫 ( こむらさき )

まるで矯正されたように、整然と花房が垂れて美しいと賞賛される庭園の藤とはちがい、山の藤は、どこへ伸びようが勝手気まま。時期も少し遅いよう。花も小ぶりながら、色は深い。朝倉の方に、高速を通りながら、ときおり元気な山藤を見る。来年も再来年も、このままであれ。

この句も読まれています。

煤 逃 げ や 親 父 の 苦 闘 思 ひ 出 し... すすにげや おやじのくとう おもいだし 昔の年の瀬は、確かに今とはちがっていました。 家中で大掃除をし、おせちを作り、それは紅白歌合戦の始まりにも及び、やっと座ったかと思えば、年越しそば。 行く年来る年を見るか見ないうちに、初詣でに出発です。 年が改まることが、厳粛で、全てのものを新しくし、荘厳な...
従 来 の 立 ち ん ぼ 案 山 子 じゃ 騙 さ れ ぬ... Tired Scarecrows / Focx Photography まあ最近の案山子ときたら、芸術作品 かと見まがうほどの傑作揃い。しゃが みこんだり、立ち話したり、とても人 形とは思えない。カラスも雀も知恵が ついたのだろうか。むかしのあの、デ クノボウのような立ちっぱなしでは役 にたたない...
冬の雲 重く重くと のしてくる わたしはスーパー銭湯の露天風呂から、空を見るのが好きです。 いつもは見ない空をゆっくり眺めます。 切り取られた空は、空そのものではないけど、それはそれで面白いものです。 一面の黒雲はそのまんま下に下がってきそうな勢いです。 冬の空は、それはそれでいいのです。...
何 処 ま で も 彷 徨 へ と 白 銀 の 芒... どこまでも さまよえと はくぎんのすすき 細い川の両岸に、はんぶん枯れかけて穂は白く今にも飛びそうなススキがえんえんと続きます。 国土の狭いと言われるこの国の、ここだけ砂漠のように取り残されて。 ススキは始め、赤い穂がすっと出て、なかなか広がらず若々しい穂はチカラを感じます。 広がり出すと際...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です