山 藤 や 勝 手 気 儘 ( きまま ) の 深 紫 ( こむらさき )

まるで矯正されたように、整然と花房が垂れて美しいと賞賛される庭園の藤とはちがい、山の藤は、どこへ伸びようが勝手気まま。時期も少し遅いよう。花も小ぶりながら、色は深い。朝倉の方に、高速を通りながら、ときおり元気な山藤を見る。来年も再来年も、このままであれ。

この句も読まれています。

ハンドメイドマーケットアプリ”minne”に登録 ・出品 !... ハンドメイドといえば、素人が手作りのアップリケや弁当箱入れを売るところのような印象だが、最近のはちがう。 もうデパートに出すようなしっかりした、しかもセンスのいい若い女性が夢中になるようなアクセサリーや、バック類、インテリアなどを販売するサイト。 怖いもの知らずの門外漢のわたしが、ついに登録! ここ...
兼 用 の 傘 と 薬 と 持 ち 歩 き むかしは日傘で、おおかたよかった。 最近の気候は、晴雨兼用の傘の出番が多く、売り上げも伸びているとか。 バックに、兼用傘と常備薬持っておけば安心。 使わなくとも。 乗り物に乗っても。 降りても。...
砂吐いて あさりの油断 春隣 アサリの旬はこれから。 実が大きくて、美味しいが、砂を吐かせるのが、ちょっとコツがいる。 塩水は、ちょっと濃い目がいい。 暗くすると、いい。 油断して、管のようなものを、しっかり伸ばしているのを見ると、勝ったような気がする。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
初夢に 忘れたはずの 顔を見る 呆れるような初夢を見た。 内容もびっくりなら、出てくる人も今どうしているか。 過ぎ去った人生の遠いところで出逢った人。 数限りない人と出逢って別れて、でも印象に残る人はほんのひとにぎり。 なんかしょうもないような‥‥気もするが。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください