山 藤 や 勝 手 気 儘 ( きまま ) の 深 紫 ( こむらさき )

まるで矯正されたように、整然と花房が垂れて美しいと賞賛される庭園の藤とはちがい、山の藤は、どこへ伸びようが勝手気まま。時期も少し遅いよう。花も小ぶりながら、色は深い。朝倉の方に、高速を通りながら、ときおり元気な山藤を見る。来年も再来年も、このままであれ。

この句も読まれています。

焼酎の 味もわからぬに 芋と言う 米だろうが、麦だろうが、芋だろうが、たいして違いもわからぬくせに、 流行りもの飲みたさに、「黒霧」なんて言う。...
ビードロの ぐい呑み春の 骨董市 ビードロとは、ポルトガル語で硝子(がらす)のことだそうです。 色が深くて、異国情緒漂うぐい呑みは、その色と形と、言葉の響きで、 虜になってしまいます。 遠い国から、遠い昔にやってきたものか、この国で作られたものか それはどうでもいいのです。 価値はどうでもいいのです。 好きか、嫌いかです。...
和を説いて 己はじかれ 露寒し 人に優しくをモットーに生きてきたつもり。いじめられている後輩を助けたりもしたつもり。 何がどうまちがったのだろう。いまじゃ自分がいじめのターゲット。地軸がぐらぐら揺れたかと思うと、なぜかいやせの 渦の中。人には辛抱しろなんて、言ったこともあったかな。あたしはだめだ。根性がない。辞めることにする。とい...
春深し 青葉の映る 影法師 春もたけなわ、桜も終わり、そろそろつつじも満開を迎えようと しているこの頃、日向と日陰の違いがはっきりとしてきて、 日差しが強くなってきたからでしょう、青葉の葉先まで映すような 日陰が出来るようになりました。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください