山 藤 や 勝 手 気 儘 ( きまま ) の 深 紫 ( こむらさき )

まるで矯正されたように、整然と花房が垂れて美しいと賞賛される庭園の藤とはちがい、山の藤は、どこへ伸びようが勝手気まま。時期も少し遅いよう。花も小ぶりながら、色は深い。朝倉の方に、高速を通りながら、ときおり元気な山藤を見る。来年も再来年も、このままであれ。

この句も読まれています。

親の愛 など知らずとも 卒業す 親の愛は素晴らしい。 情緒が安定し、揺らがない。 攻撃的にならないし、被害妄想気味の感情とも縁がない。 人を肯定的に見て、イライラしないようにみえる。 だけど、いないものはしょうがない。子供には、どうしようもないこと。 砂地に植えられた植物に、似ているような気がする。 いろいろ本を読んだり、できるこ...
深 閑 を 切 り 裂 い て 狩 る 鵙 ( もず ) の 性 ( さが )... Bullheaded Shrike enjoys autumn sky / coniferconifer わりと綺麗な色をしている。まるまるとしている。虫や蛙、小さな鼠や、驚くことに小さな鳥まで襲うという。くちばしと鋭い爪が武器。獰猛で激しいのも生きるため。...
首 か し げ 思 案 に く れ て か た つ む り... 煉瓦の壁に張り付いている。いつからこうしているのだろう。何を思って動くのか。ぼんやりしていると、見失う。動いているんだと、改めて思う。...
アンコウの 吊るし切りのよに 言い捨てる... 世の中には冷たい男が多い。 そんな言い方ないじゃないの。 そんなに嫌わなくてもいいじゃないの。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください