山 藤 で な け れ ば な ら ぬ 生 く る た め

やまふじで なければならぬ なかぬよに

藤の名所といわれるところ、大きな藤棚が組んであり、その上を這う藤の木から長い房が落ちる。
その長さを競い、藤の花目当ての観光客が集まります。
山の藤は、他の樹々に寄りかかりながら、自力で上を上を目指します。
そしてあちこち引っかかりながら、濃い紫の花が地面に向かって落ちかかって来ます。
たとえ一本であっても、それは素晴らしく、わたしには荘厳でさえあります。
頑張っているからです。

この句も読まれています。

雲 梯 の 鉄 の 匂 ひ と 冷 た さ と うんていの てつのにおいと つめたさと 近道になる公園で、なかなかうまくぶら下がれない幼い子のお手伝いをして、ついでに自分も久しぶりに握ってみました。 自分がこんなに重いんだとガッカリです。 金木犀全開の公園は、気温が低いせいか、親子連れがひと組と、あと数人。 ゆったり過ごせます。 うんていの、ぶ...
岩 肌 に い ち め ん 著 莪 の 花 い ち め ん... いわはだに いちめんしゃがの はないちめん シャガの花。 アヤメに似た花です。 湿り気のある森林で育ちます。 根茎を伸ばして繁殖します。 とても薄い紫、中心だけ黄色です。 山肌かと思うくらい大きな岩盤、福岡県筑前東峰村の筑前岩屋の駅舎の裏です。 日当たりがよくもなければ悪くもないそんな場所です。...
菜の花も おぼろの月も見ず ひとり... 菜の花畑に入日薄れ こんないい季節の夕暮れ時に、あたりを見渡すこともなく なんで一人で歩く
身 の 次 第 触 れ ず ひ た す ら 夏 を 言 ふ... みのしだい ふれず ひたすら なつをいう ドラッグストアで、何十年ぶりに年賀状のやり取りだけの友人とばったり会いました。 とても明るくて、やたら明るくて、自分のことはピタリと話さず、もっぱらこの夏の暑さと人の消息ばかり。 みんないろいろ大変なんだと思いました。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください