山 藤 で な け れ ば な ら ぬ 生 く る た め

やまふじで なければならぬ なかぬよに

藤の名所といわれるところ、大きな藤棚が組んであり、その上を這う藤の木から長い房が落ちる。
その長さを競い、藤の花目当ての観光客が集まります。
山の藤は、他の樹々に寄りかかりながら、自力で上を上を目指します。
そしてあちこち引っかかりながら、濃い紫の花が地面に向かって落ちかかって来ます。
たとえ一本であっても、それは素晴らしく、わたしには荘厳でさえあります。
頑張っているからです。

この句も読まれています。

待 ち 待 ち て 挙 句 廃 線 春 の 雨 まちまちて あげくはいせん はるのあめ 後回しになるとは予想していました。 本線ではなく、単線ですし、無人駅が続く、まことに心細い鉄道ですから。 それでも長い長い陳情の末に、村の人々の足となるべく、期待されやっとの思いで開通したと想像します。 後回しでも、時間がかかってもいい、なんとか繋いで...
万緑の 力集めて 山動く 沸き起こる緑、大地の力、山は全体で動き、力強い。
ゆでたまご 剥き(むき)剥き(むき) 春の 午後をゆく... near Hongō, , Japan / nakanishiakihito 何にもする気にならない春の午後。長い雨が過ぎたら途端に汗の滲む暑さ。ゆでたまごを上手にむき、塩をふって食べながら、古い映画を見ている。佐藤浩市のパパが出ている。この人の飢餓海峡はよかった。左幸子も名演技。どうしようもない時...
凌 霄 花 (のうぜんか) こ こ か ら 下 り 先 の 空... 凌霄花 / zamojojo ノウゼンカズラは、ほかの樹を頼りに 上へ上へとずんずん登りながら、キリッ とした花を咲かせて行く。 もうこれ以上登りきれないところまで 来ると、一瞬空に手を伸ばし、空を掴 んで、さあそこから一気に下りに入る。 その最後のところで、判断するのだろう。 潔いものだ。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください