山 藤 で な け れ ば な ら ぬ 生 く る た め

やまふじで なければならぬ なかぬよに

藤の名所といわれるところ、大きな藤棚が組んであり、その上を這う藤の木から長い房が落ちる。
その長さを競い、藤の花目当ての観光客が集まります。
山の藤は、他の樹々に寄りかかりながら、自力で上を上を目指します。
そしてあちこち引っかかりながら、濃い紫の花が地面に向かって落ちかかって来ます。
たとえ一本であっても、それは素晴らしく、わたしには荘厳でさえあります。
頑張っているからです。

この句も読まれています。

あ り し 日 の 貴 方 に 黙 と う 花 の 夜... Jūgatsuzakura "十月桜" / ai3310X 同窓会の始め、亡くなったあの子に黙祷。 遠い遠い、桜の日、縁あって、同じ学校、同じクラスで、二年の月日を過ごした。 遠くにいると聞いていた。 元気にしてると思っていた。 静かで、穏やかで、いい人だった。 こんなうるさくて、人間の出来ていな...
武 者 返 し 古 戦 の 城 址 仏 法 僧 ( ぶっぽうそう )... 熊本城の石垣。 城に侵入しようとする敵の武者を、反り返った石垣で追い返してしまうことから、この名前が付いたと言われます。 加藤清正は石垣を得意とし、裾は緩やかな勾配のものが、上に行くにつれて垂直に近いものになる「武者返し」と呼ばれる工法をあちこちの城に用いているそうです。 明治の西南戦争では、この石...
天 守 閣 あ り や な し や の 花 辛 夷 ( こぶし )... 外様大名福岡黒田藩。 専門家は、この立地では、台風などの危険が大きく、天守閣があったとは思えないとの見解らしい。 あったという有識者もいるらしく、どっちにしても、ここがはっきりしないことには、再建はないとのこと。 城跡は清々しい風が吹いています。 なかったかもしれない天守閣をわざわざ造ることもないと...
冬 帽 子 目 深 に 怖 い も の は 無 し... ふゆぼうし まぶかに こわいものはなし たいていは近所のいちばん近いスーパーで、買い物をします。 たぶん、いっぱいいろんな知り合いと出会っていると思うのです。 わたしは周りを見ない歩き方をマスターしていますので、わざわざ声を掛けてくださる方以外は、見えません。 商品しか見ない歩き方です。 よけいな...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です