山 藤 で な け れ ば な ら ぬ 生 く る た め

やまふじで なければならぬ なかぬよに

藤の名所といわれるところ、大きな藤棚が組んであり、その上を這う藤の木から長い房が落ちる。
その長さを競い、藤の花目当ての観光客が集まります。
山の藤は、他の樹々に寄りかかりながら、自力で上を上を目指します。
そしてあちこち引っかかりながら、濃い紫の花が地面に向かって落ちかかって来ます。
たとえ一本であっても、それは素晴らしく、わたしには荘厳でさえあります。
頑張っているからです。

この句も読まれています。

石階段 窪み(くぼみ)に花と 花の雨 神社に登る石造りの階段。 そのくぼみに早くも散った 桜の花びら、降り続く雨。 もうこれで、終わるかな。
人を待つ 春宵の月と 語り合い h春の宵 なんとなく暖かいような、そんな夕暮れ。お月様としゃべる。必ず来るとわかっていれば、時計を見たりもし なくていい。安心して長閑な時間を楽しめる。...
装 甲 車 霾 ま み れ 泥 ま み れ そうこうしゃ つちふるまみれ どろまみれ 駐屯地があるせいで、自衛隊のクルマをよく見かけます。 ときには装甲車と呼ばれると思われる、フタのしまった深みどり色のクルマが県道を走ることもあります。 ツチフルとは黄砂のことです。 俳句の言葉です。 近年では、いろんな化学物質も混ざっているとかで、...
盆 波 の 寄 せ 来 る 浜 に 立 ち 居 た り... ぼんなみの よせくるはまに たちいたり 盆に寄せる波は、亡くなったあの人この人を想い出させます。 もっと話せばよかった。 忙しさにかまけて、そのうちそのうちと思っているうちに、病を得て、そうなるともう自然ではいられなくなります。 顔色を見ながら、言葉を選びながら、本音で話すことは出来なくなり...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください