山 育 ち 筍 の 皮 山 で 剥 き

やまそだち たけのこのかわ やまでむき

山育ちは強い。
ムカゴやアケビ、ワラビやぜんまい、たらの芽までも容易に見つけ出します。
ツルを手繰って、簡単にカゴを編むこともできます。
タケノコ採りも上手で、ようやくカオを出したか出しかけたかの、柔らかいものをゲットします。
外側の硬い皮はその場でむき、荷物を軽くして、家に帰れば直ぐにヌカを入れて大鍋で茹でます。
見とれるほど逞しいのです。

この句も読まれています。

誰読まぬ 百科事典に 春嵐 むかし、家に百科事典を、それも居間や玄関などの人目に付くところに、飾ることが 流行った時代がある。 子どもはあまり読まずに巣立ち、孫は見向きもしない。 それにもう、時代にそぐわないものになっているけど、 相変わらず同じところに鎮座ましましている家は、ある。 何十年の月日をこえ、巡る季節を過ぎ、何十回...
サ ー キ ュ ラ ー ス カ ー ト 縫 う て 夏 の 峰... サーキュラー スカートぬうて なつのみね 床に置くと、まん丸になるサーキュラースカートを縫いました。 身につけると、いっぱいにフレアーが入り、楽しい形です。 ただ裾が広いぶん、手縫いで裾上げをするのは時間がかかり大変でした。 梅雨には入りましたが、今日はすっきり晴れて、遠く脊振の峰がイキイキ...
睡蓮の 咲くも枯れるも 静かなり 大きなため池の真ん中辺りに睡蓮の花。 けっこう群生している。 人はわきの道から、遠目に見ることになる。
暮 れ ん と す ま ず 石 蕗 (つわぶき) の 花 於 い て... 秋の夕暮れ。 日の落ちることの早さに、毎年のことながら驚く。 庭先にも、道端にも、日当たりのいいところには、石蕗の花が真っ盛り。 混じり気のない黄色で、夕暮れの中最後まで色を残す。 葉はまんまるで、緑鮮やか。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください