山 笑 ふ 八 合 目 ま で バ ス の 来 し

やまわらう はちごうめまで ばすのこし

山というものはふもとから登るものです。

ましてや児童の遠足なら、足腰を鍛えるイミもあります。

修験者が修行をしたと伝えられる険しいことで名高かった山も、観光客を増やすためか、ずいぶんと上の方まで、バスが離合できるほどの大きな道が通され、遠くから見ても、山肌がむき出し、見られたものではありません。

それでも山は、これほどあるかというくらい、たくさんのみどり色をもくもくとさせ、いかにも楽しげに見えます。

この句も読まれています。

落 ち 苗 の 立 ち 直 る ま で 二 三 日... 田植え機に乗せる時に落ちたのだろうか。 水を張った田んぼの端っこに、意図的に植えたのではない苗が、心細げに寝そべっている。 水に馴染み、土に立ち、これから大きくならなければならない。 足を踏ん張る時間。...
裸 の 子 顔 よ り で か い 西 瓜 喰 ひ... はだかのこ かおよりでかい すいかくい わたしが子どもの頃、家には縁側があり、井戸で冷やしたスイカを、子どもはハダカで、果汁をこぼしながら食べたものです。 タネはぷんぷんとそこら中に飛ばし、お行儀の悪いこと。 どこの家でもそうだったとは思わないけれど、品のないウチではそうでした。 スイカは大きな...
半 夏 生 毒 は き れ い な 貌 ( かお ) で 来 る... 半夏生。梅雨の真っ盛りで、湿っぽく昔から毒草が生えると言われていたとか。 半夏生に収穫した野菜は食べるなとか、その日はタコを食べろとか、わけのわからない言い伝えも多いよう。 同名の植物もあり、梅雨の時期には、葉が白くなり、虫を誘うとか。 花は目だだず、穂のような形に集まっている。 ドクダミの祖先だと...
犬ふぐり 水田(みずた)の堰(せき)の すぐそこに... 青くて小さい犬ふぐりの花を見つけると ほんとに春が来たと思う。幼い頃花だけ をそおっと取って、少し動くとすぐ散っ てしまうのを何度も経験した。幼い頃の 想い出になくてはならない犬ふぐり。水 のあるところにこじんまりと群生してい るのを見つけて、うれしかった。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください