山 笑 ふ 八 合 目 ま で バ ス の 来 し

やまわらう はちごうめまで ばすのこし

山というものはふもとから登るものです。

ましてや児童の遠足なら、足腰を鍛えるイミもあります。

修験者が修行をしたと伝えられる険しいことで名高かった山も、観光客を増やすためか、ずいぶんと上の方まで、バスが離合できるほどの大きな道が通され、遠くから見ても、山肌がむき出し、見られたものではありません。

それでも山は、これほどあるかというくらい、たくさんのみどり色をもくもくとさせ、いかにも楽しげに見えます。

この句も読まれています。

.いわし雲 胃ろうやむなし 便りする... n難病の母が、リハビリを頑張らないと、胃にパイプを通すと医者に言われたらしい。そうならないよう、リハビリをするように、言い聞かせてくれと、手紙が来た。おそらく胃ろうのことだと思う。パイプなどと、なんて医者だ。難病をかかえた患者を脅かすようなことを言うものではない。胃に穴を開けて、高栄養のリキットを直...
昼 寝 覚 息 災 な り か か の 人 や ひるねざめ そくさいなりか かのひとや 昼寝はしないのですが、なぜかどうしようもなく眠いときがあります。 ほんのわずかな時間です。 たいていはおかしな夢を見ます。 とうに亡くなった人や、遠のいた人たち。 心静かにいるのか、元気にしているのか。 目が覚めてから少しの間、想ったりもします。...
路 線 バ ス 待 つ 間 ポ ス ト と 鰯 雲... ろせんばす まつまぽすとと いわしぐも 台風の影響かどうか、昨日までの酷暑とはちがい、秋の空気。 市内循環のバスは、普通のバス路線ではない住宅街を走るので、とてもきにいっています。 ただ、本数が少ないので、急ぐときには向きません。 ゆったり時間のあるときは、バス停に置かれたベンチに座り、隣のポスト...
蚊遣香 雨の雫の 来ぬ先へ 縁側まで雨が烈しい。 雨のかからぬぎりぎりのところに、蚊取線香を置く。 金鳥がいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です