山 笑 ふ 八 合 目 ま で バ ス の 来 し

やまわらう はちごうめまで ばすのこし

山というものはふもとから登るものです。

ましてや児童の遠足なら、足腰を鍛えるイミもあります。

修験者が修行をしたと伝えられる険しいことで名高かった山も、観光客を増やすためか、ずいぶんと上の方まで、バスが離合できるほどの大きな道が通され、遠くから見ても、山肌がむき出し、見られたものではありません。

それでも山は、これほどあるかというくらい、たくさんのみどり色をもくもくとさせ、いかにも楽しげに見えます。

この句も読まれています。

猫 柳 川 面 の 光 糧 と し て 猫柳は、わたしの中では川の流れのすぐそばにあるのが一番だと思っています。 春が来て、まだときどき寒い日があっても、日差しは日一日と明るくなり、川はきらきらと輝きだします。 存分に浴びながら、猫柳は育ちます。...
青 嵐 や 階 段 箪 笥 の 二 階 より せいらんや かいだんだんすの にかいより 古い民家を改築し、古いは古いままに残し、レストランというか、料理屋に変わった店は、最近あちこちに見られます。 二階もあるようで、階段タンスが昔のままに置かれています。 昔の人はなんと丈夫に家具を造ったものだと感心します。 その二階から、樹々の色の、若葉の...
川 風 に 吹 か れ 通 し て 野 水 仙 かわかぜに ふかれとおして のずいせん 日本水仙は、冬の寒い時期に、川や海を見下ろす斜面に群生することがあります。 こんなところに寒かろうと思わずにはいられないのですが、地味ながら堂々とそして春の匂いを胸いっぱいに吸い込むことができる、ありふれていながらとてもステキな花です。 日当たりさえ良ければ...
正 座 し て 餅 膨 る る を 待 ち し 頃... せいざして もちふくるるを まちしころ わたしが子どもの頃、まだうちにはストーブは無くて、暖房手段は火鉢とアンカでした。 餅網をセットして、餅やアンコ餅、かき餅などを並べ、焼けるのをじっと待ったものでした。 なぜか神妙に正座していたと記憶しています。 どれほど寒かったことか、信じられない気持...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください