山 笑 ふ 八 合 目 ま で バ ス の 来 し

やまわらう はちごうめまで ばすのこし

山というものはふもとから登るものです。

ましてや児童の遠足なら、足腰を鍛えるイミもあります。

修験者が修行をしたと伝えられる険しいことで名高かった山も、観光客を増やすためか、ずいぶんと上の方まで、バスが離合できるほどの大きな道が通され、遠くから見ても、山肌がむき出し、見られたものではありません。

それでも山は、これほどあるかというくらい、たくさんのみどり色をもくもくとさせ、いかにも楽しげに見えます。

この句も読まれています。

朝 曇 り 地 蔵 に 水 も 今 の う ち あさぐもり じぞうにみずも いまのうち 朝曇り、昼ひでり。 朝の早いうち、蝉が鳴き出す前くらいの時間は、涼しくてとても快適に過ごせます。 住宅街のお地蔵さんに花や水が上がって、きれいに掃き清められているのも、ご近所のお年寄りが、やっぱりこの時間に活動されたのだろうと思います。...
詳細を 書かずによかろか 絵馬一文(いちぶん)... いろいろと都合があるが、お願いだけで わけを言わなくてもいいものなのか 神様は言わなくてもお分かりになるのか それにしては、お願いするとき、住所や名前を 読み上げなさる。仔細を言えば、力を入れて くださるのかと思ったりもする。いずれにしても 神頼みするほど切羽詰まっているのですから。...
厄 晴 れ の 瓢 箪 寒 苦 な ほ 軽 ふ やくばれの ひょうたんかんく なおかるう 厄払いというのがあって、年齢が決まっています。 幾つか忘れたけれど。 オトコとオンナで違ったりおんなじだったりするようです。 神社の裏に、いっぱい漆塗りのひょうたんがぶら下げてあるのは、その厄を閉じ込めたもののようです。 生のひょうたんだから よく見ると形...
た ら れ ば の 愚 痴 は 言 は ぬ と 明 け の 春... たらればの ぐちはいわぬと あけのはる 今さら過去は変えらません。 あのときの、あれが間違っていた、こうすればよかった、そもそももっと以前の選択がよくなかった。 そういうことなら、わたしは生まれたことがそもそもおおまちがいで、考えるだけムダです。 どこに行ったとしても、どんな道を選んだにしても、わ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください