山 峡 に 合 歓 ( ねむ ) の 大 樹 は 夢 を み る

人に見られなくともいい。
褒められなくともいい。
ひとりで、こつこつと夢を続けたい。
人付き合いが、ひどく面倒に思える日もある。

この句も読まれています。

半 切 を 天 日 干 し し て 白 秋 忌 はんぎりを てんぴぼしして はくしゅうき はんぎりとは、大きめのタライのようなもので、木製です。 一人乗りで、クリークで、両手で漕ぎながら、菱の実をとります。 上手になるには、コツをマスターせねばならず、何度か堀に落ちて、学習するそうです。 菱の実は、見た目は地味で、菱型、栗から甘さをとった...
丹 精 の 稲 倒 れ お り 胸 潰 る (つぶる)... 米は収穫するまで、たいへんな手間と時間と労働力を要すること、農家ではないわたしも、見て聞いて想像できるつもりです。 とくにこの夏の暑さ。 身体を削ぎ落としながらの作業であったろう。 ずいぶんな無理を重ねてのことだったろう。 どこにあるかさえわからぬほどの惨状に、胸のつぶれる思いがする。 気候は激しく...
鬼 は 外 追 ひ 出 し た は ず い つ の 間 に... おにはそと おいだしたはず いつのまに 「鬼は外、福はうち」正式には「鬼やらい」「追儺(ついな)」と呼んで、立春の前夜、悪魔を追い払い、福を呼ぶ神事です。 むかしは、炒った大豆を、年の数だけ食べ、立ち上がって、外へ向けて投げつけながら「鬼は外福は内」部屋の四隅までお祓いして回る愉快な行事でした。...
郵便の バイクのリズム 風薫る ブーンと音を立てて、郵便屋さんのバイクの音、間をおかずまたブーンときて、 エンジンをかけたまま停止している音、その繰り返しが、穏やかな日常を 与えられている幸福感といえば大袈裟だが、安堵感はある。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください