小判鮫 寒の水にも 増殖す

強い人間にぺたりと張り付いて、ご機嫌伺いばかりしている輩は、いつの時代にも、どこにもいるようです。
小判鮫は、寒さなんかに負けません。
わたしは、彼らとは、民族がちがうと、思うようにしています。
ただちょっと気になるのは、わたしは、小判鮫に反応しすぎていないかということです。
人がどう動こうが、関係ないのが、生き方のはず。
小判鮫だろうが、金魚のフンだろうが、放っておけばいいものを。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

この句も読まれています。

草取りの 手を止め毛虫を 焼き始め... 樹にも薔薇にも、いっぱい毛虫がついているのを、草取りの途中で 発見した。 これはもう放っとけない。 みるみるうちに若い葉っぱを食い荒らす。 チャッカマンで焼いた。 おもしろかった。...
百日草 頭支えて 夏を越す 百日草は、かわいい。茎のわりには大きな頭。 焼けるような日差しにも元気。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.