小判鮫 寒の水にも 増殖す

強い人間にぺたりと張り付いて、ご機嫌伺いばかりしている輩は、いつの時代にも、どこにもいるようです。
小判鮫は、寒さなんかに負けません。
わたしは、彼らとは、民族がちがうと、思うようにしています。
ただちょっと気になるのは、わたしは、小判鮫に反応しすぎていないかということです。
人がどう動こうが、関係ないのが、生き方のはず。
小判鮫だろうが、金魚のフンだろうが、放っておけばいいものを。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

この句も読まれています。

マ ア マ リ リ ス 血 を 吐 く 口 の か た ち し て... Amaryllis / Kumaravel アママリリスは、今はいろいろな品種ができていますが、昔はたしか真っ赤一色だったと思います。 真っ赤なアマリリスは、すっくと立って、葉と茎と花が別物のように見えたものです。 「カア!」っと鳴いて、血を吐く口のように見えたものです。...
ビールなら いやな奴とも 我慢する... 宴会というものは、好きな人ばかりが集うものではない。 席順によっては、もう帰りたいと思うこともある。 でも夏の宵にキーンと冷えたビール飲ませてくれるなら、 ちょっとは我慢しよ。...
「けえしぇん」と 車掌の訛り(なまり) 風薫る... RIMG0247 / goto_ 駅名「桂川」けいせんと読む。「つぎはー、けえしぇん、けえしぇん」懐かしい訛り。昭和の時代にはよく聞いた。「しぇんしぇえ」(先生) 北部九州の特徴だろうか、さ行が「しゃ、しゅ、しょ」になる。...
ゴ ッ ホ 描 く 狂 病 院 の 秋 の 花 ずいぶん前になるかと思う。 ゴッホ展を見に行った。 天才だと思っていたが、確かに、計り知れない才能があったことは確かだろうけれど、これほど努力の人とは知らなかった。 描き直し描き直して、カンバスや絵の具は、とても高価な物のようで、上描き上描きを重ねていた。 確かに世間で言うように、精神を患っていたの...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください