小判鮫 寒の水にも 増殖す

強い人間にぺたりと張り付いて、ご機嫌伺いばかりしている輩は、いつの時代にも、どこにもいるようです。
小判鮫は、寒さなんかに負けません。
わたしは、彼らとは、民族がちがうと、思うようにしています。
ただちょっと気になるのは、わたしは、小判鮫に反応しすぎていないかということです。
人がどう動こうが、関係ないのが、生き方のはず。
小判鮫だろうが、金魚のフンだろうが、放っておけばいいものを。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

この句も読まれています。

葡萄酒を 注ぎて漆黒 闇となり 日の暮れが早い。 ワイングラスに、ワインというより、国産の葡萄酒を注ぐ。 つるべ落としの秋の日は、たちまち暮れて、もう漆黒の闇。 さあ、これから夜のひとりパラダイスの始まりです。...
命 に も 引 き 潮 を 見 し 梅 早 し いのちにも ひきしおをみし うめはやし 梅も桜も種類によって、咲く時季が微妙にちがい、この寒空のなかはやばやと開く梅もあります。 同じ木でも、早い遅いは当然あり、顔を出したものの、周りを見回して、しまった早過ぎたとクビをすくめているように見えて、おかしいものです。 命の引き潮は、一方的に突然来...
秋に海 青が濃くなり 空も濃くなり... 秋になると、海は人影がなくなり、本来の風景を取り戻します。 海の色は、夏のように水色ではなく、むずかしい色合いの不思議な色に変わります。 空は高くなり、おだやかな雲が流れます。 深呼吸します。...
頑 張 れ と 気 安 く 言 ふ な 寒 鴉 (かんがらす)... ハシブトガラス (Jungle Crow) / Dakiny 新しい職場に異動して、二週間が過ぎた。まったく畑違いで、戸惑うというより、立ち尽くす感じ。人の名前も顔も、まだ覚えられない。時間の流れも、習慣もまだ、習得できてない。そんな状態で、気苦労や気遣いは、半端でなく、たちの悪い疲れ方である。励ま...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください