寒 卵 生 で 食 べ よ と 卵 売 り

かんたまご なまでたべよと たまごうり

放し飼い、自然由来の成分にこだわった飼料で育てたニワトリだから、自信作なのでしょう。

よそとはちがう。

ぜひ、ご飯にかけて生で食べてほしいと。

ニワトリは、たとえ栄養失調状態でも卵を産むと聞いたことがあります。

それに最近のブロイラーは、たくさん卵を産むためのクスリのようなものをエサに混ぜられ、さらに夜と朝が目まぐるしく来るような環境にされ、動物好きは、見ない方がいいと言われます。

慈しみ育てられたものを毎日頂きたいところですが、買い物は一ヶ所、スーパーで済ませてしまうので、なかなかそうもいきません。

ファンが増えて、経営が楽に成り立っていくことを祈ります。

この句も読まれています。

幾 つ も の 想 い と ぐ ろ に 秋 初 め... 正丸峠の秋 / torisan3500 いつの間に年をとってしまった のだろう。人が言うほど、あた しは年ではない。むしろ観察眼 は、研ぎ澄まされ、人の言葉の 裏を読む術熟練し、これ以上を 望まぬこと達観し、それでもな お、嫉妬に身をやつし、もっと きれいになりたいと願い、なに やら意気揚々と人に...
じたばたと 今年も終わるか 秋時雨... 全くもう、今年もじたばたと動き回って、結局ここにいるのかと思ってしまうような一年でした。落ち着いて、流れに任せていたほうが、うまくいくことも多いと、人に言われ、自分もそう思っていたのに、結局年の初めからおたおたし、今もなんとなく落ち着かない。結局性分なんでしょうか。誠実に誠実に頑張ってるつもりなのに...
油断して 蝸牛(かたつむり)さえ 見失い... そのあたりで、ぐずぐず動いているのかいないのか、進んでいるのかいないのか、 究極ののろま、かたつむり。 ほんのわずかな時間、目を離した隙に、行ってしまった。 遅々とした歩みも、馬鹿にならない。 確実に進んでいる。...
そ ぞ ろ 寒  河 童 気 骨 の 褌 ぞ そぞろさむ かっぱきこつの ふんどしぞ もともとおかしいのはわかっています。 河童は水陸両用の生き物ですから、洋服など着ません。 ですから、ふんどしも必要ないと考えられます。 ただ、柳川の川下りの行きがけの、最初に左折するあたりに、河童の石像が苔むしてあります。 たしかそれが、ふんどしを身...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください