寒 卵 生 で 食 べ よ と 卵 売 り

かんたまご なまでたべよと たまごうり

放し飼い、自然由来の成分にこだわった飼料で育てたニワトリだから、自信作なのでしょう。

よそとはちがう。

ぜひ、ご飯にかけて生で食べてほしいと。

ニワトリは、たとえ栄養失調状態でも卵を産むと聞いたことがあります。

それに最近のブロイラーは、たくさん卵を産むためのクスリのようなものをエサに混ぜられ、さらに夜と朝が目まぐるしく来るような環境にされ、動物好きは、見ない方がいいと言われます。

慈しみ育てられたものを毎日頂きたいところですが、買い物は一ヶ所、スーパーで済ませてしまうので、なかなかそうもいきません。

ファンが増えて、経営が楽に成り立っていくことを祈ります。

この句も読まれています。

折 れ た る も 端 座 し て お り 葱 畠... ねぎ / hiyang.on.flickr 長い畝の先の先まで、葱一色。よおく見ると、途中で折れ曲がったり、少し色が変わったものもあるが、きちんと整列して参加している。冬のはじめの風景です。...
香 を た く 五 月 雨 の 夕 暗 き 日 に... お香 / june29 わたしはお香が大好きです。 雨の降る日はなぜか気分が良くて、家中を掃除します。 そして掃除が終わったら、玄関とトイレに置いている、とっても小さなガラスの瓶に、今ならドクダミ、秋ならもみじ、春なら、なずな…などなどを採って来て、入れるのです。 それからお香です。 種類などはわ...
免 れ ぬ 水 禍 に 馳 せ る 桃 並 ぶ まぬかれぬ すいかにはせる ももならぶ たいへんな災害が続いたこの夏。 果物の産地は何処も、摘果を前にさんざんなことになりました。 わずかに災いを免れた桃やブドウが店先に並びます。 まだまだ立ち直れない故郷に想いを馳せながら。...
露草と 深呼吸して 日の始め やりがいの無い仕事をしている。朝、車を留めて、少し歩く。畑のあぜ道に放り出されたように、露草が群生している。 このごろはつゆがおりて、すがすがしい。あー、今日もつらい一日が始まる。でも露草と会うのはうれしい。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください