家中(いえじゅう)の 時計合わずに 目借り時

時計が、少しずつ遅れたり、早かったりしてるのはとっくに気づいている。
合わせるのは、一仕事。
春のうらうらとした一日に、やり遂げる気力もなくて、結局テレビの時間で動いている。

この句も読まれています。

万緑を 削るな国立 博物館 できる前は静かな町だった。 小さな歴史資料館はあった。 周りは傾斜のある、細い道に沿って、家々が軒を並べる。 大宰府天満宮の喧騒はよそに、小さな生活が息づく静かな町だった。 今はもう、何処が何処なのか。 大きな道路、駐車場。 山は何倍も削られ、すべてが変わってしまった。 天満宮とエスカレーターで結び...
滝つぼに 沈んでしまえ この恥さらし... とんでもない人にとんでもないことを告白してしまった。 愚か者め でもあんまり後悔していない。 自爆だけどさ...
郵便の ポストの雪は 落とさずに 雪が降って、積もった。 道は人が踏んで、もう滑りそう。車が通るところは シャーベット状になっていて、何処も彼処も人が 触ったところばかり。唯一郵便ポストの上だけが 誰も触れていないきれいな雪。帽子のように雪を いただいて、落とす気にもならない。...
山笑う 大方の(おおかたの)ことは やり過ごし... いろいろある。 ある本で、読んだこたですが、頭の中に、 シチューなどの煮込み料理をする煮込み鍋をセットしておくことが大事。 解決のつかないこと、時間を要すること、 急いで結論を出さない方が、きっとうまくいくと思われることなどを その鍋に放り込んでおくと、いつの間にか、 いくべきところに行く、導かれる...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください