家中(いえじゅう)の 時計合わずに 目借り時

時計が、少しずつ遅れたり、早かったりしてるのはとっくに気づいている。
合わせるのは、一仕事。
春のうらうらとした一日に、やり遂げる気力もなくて、結局テレビの時間で動いている。

この句も読まれています。

金網の 塀の隙間に 狐の剃刀 狐の剃刀は、ごく普通のきれいな花だけど、一流の生け花ではない。 そんじょそこらで、子どものままごとに使われるような雰囲気の庶民的な花です。 金網から顔を出したり、子どもに引っこ抜かれたりしそうなかわいい花です。...
厨口(くりやぐち) 花のヤツデの 横を抜け... 裏にまわって勝手口に行くところ、ヤツデはたいてい そんなところにある。 大きな天狗の団扇みたいなというか、巨人の手のような 緑の葉っぱに守られて、白い小さな粒の集まりのような 白い花が丸い塊になって咲くのだけれど、あんまり誰も 気にかけてない。 日陰にあって、でもかならずそこにあるべきヤツデ。 むか...
ゴロゴロと 不穏の空を 仰ぎ見る 今にも降り出しそうな、暗い空、遠くの雷鳴。干した布団入れるの遅れて、何べん濡らしたことか。わたしの布団はそれで弱っているような気がする。馬鹿じゃない。干さなきゃいいのに。でもカンカン照りに干すと、殺菌されてるような気がして、とても気持ちがいいのです。...
なお生きて 母ひりひりと 極暑なり... 幼い時に別れた母親が、遠いところで、病に臥せっている。 治るはずのない、多系統萎縮症だという。 縁の薄い親子だったと思う。 わたしは薄情だろうか。 事情はあるにせよ、必要なときに何もしてくれなかった人に、あまり情も湧いてこないのが、正直なところである。 ただ、苦しい日々が続くのは、とても可哀想で、早...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください