子 蟷 螂 鎌 振 り 上 ぐ る 薄 緑

ことうろう かまふりあぐる うすみどり

とうろう、カマキリです。

庭のそこここに、小さな生まれて間もないカマキリがいっぱい。

習ったわけでもないのに、小さいながら、カマを振り上げて威嚇します。

不思議です。

キレイなうすみどり色。

形も可愛らしく、そのままピアスにしたいくらいです。

この句も読まれています。

心にも ない寄せ書きと 花束と 春の宴は 流れて行くに... 「異動は早くから知っていたくせに、知らん顔して」ブーイングの嵐とか 心にもないあったかい寄せ書きと花束をもらって、心にもない笑顔 生きていくって、こういうことか。...
図書館に 咳(せき)の響いて 冴返る... インフルエンザ真っ盛り。 広い館内の、何処かで、誰かが咳き込んだり、くしゃみをしたりすると、 悪い風邪ではないかと、みなさんが震えあがる。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
寂しさが 渦を捲き来る 虎落笛 冷たい風が、電線をうならせて、ヒューヒューとなんともやりきれない音を出す。 コートの襟を立てて歩く。寒さは変わらない。悲しみ寂しさが自分を真ん中にしてつむじ風を起こしているような気が する。虎落笛のなく日は、こころが凍える。...
つ る 薔 薇 の 盛 り て 鉄 柵 もう 見 へ ず... Rose, Angela, バラ, アンジェラ, / T.Kiya 目隠しに鉄柵を造り、白いつる薔薇を植えた。 冬の間はすっからかんに見えてしまうが、この季節風薫る五月を迎え、葉は生い繁り、隙間もない。 調子に乗って、四季咲きのクレマチスも足した。 白と紫。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください