子 蟷 螂 鎌 振 り 上 ぐ る 薄 緑

ことうろう かまふりあぐる うすみどり

とうろう、カマキリです。

庭のそこここに、小さな生まれて間もないカマキリがいっぱい。

習ったわけでもないのに、小さいながら、カマを振り上げて威嚇します。

不思議です。

キレイなうすみどり色。

形も可愛らしく、そのままピアスにしたいくらいです。

この句も読まれています。

お 立 ち 酒 先 の 苦 労 に 亀 の 鳴 く... おたちざけ さきのくろうに かめのなく 「 お立ち酒」 宮城県の民謡です。 嫁に行く娘を思う親の想いを唄ったものです。 「名残り情けのくくみ酒。 はやり風邪など引かぬよに」 哀愁を帯びた尺八の音色にのせて唄われる抒情たっぷりの民謡です。 嫁に行くことは、苦労を背負うこと。 それが少しでも軽くあり...
夏が往く 貨物列車に ススキの穂 盆がすぎ、暑さの中にほんのひとつまみの秋、まだまだほんの気持ち、でももうひと頑張り、秋まで。
余り苗 隅の清水の わくところ 少しだけ余った苗は、田んぼの隅のほうに、少しまとめて植えてありました。
秋 茄 子 (なす) の 棘 (とげ) 朝 の 水 の 冷 た し... もう朝は涼しくて、茄子を洗う 水は、秋の水。味噌汁にしよう か。新しい茄子は、紺の色が深 くて、ヘタの棘(とげ) は鋭い。 薄く切って、冷たい水に晒す。 薄揚げと合うだろうか。この頃 は、年のせいか、あまり実だく さんのものより、ふたつみっつ の具材の味噌汁が淡白で美味し い。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください