子どもらが 蔦(つた)の家と 呼ぶそうな

小さな小さな家のまわりのブロック塀に、蔦を這わせている。新緑と秋の紅葉が美しく、いろいろ手間はかかるけど、(隣の家に侵入しないよう気をつけるとか、放っとくと地面まで這い出すとか、落ち葉が多いとか)今のところ、そのまま。聞くところ、近所の子どもらが、蔦の家の前を集合場所にしているという。べつになんということはないんだけど、やっぱり蔦の家続けようと思った。

この句も読まれています。

稲光(いなびかり) きりえ版画に入れ鋏(はさみ)... まっすぐに、空を切り取る勢いの稲光、切り絵にはさみを入れたように、スパッとしている。昔読んだ、「はなさき山」の絵を思い出す。直線はキリッと直線、まるいところは、丸く丸く。...
花 八 手 厨 ( くりや ) 口 ま で 日 は 来 ず に... 北九州市戸畑にある、国指定重要文化財 旧松本家住宅(西日本工業倶楽部) の一般公開に、先日11月1日に行って来た。 何せ、一般公開は、一年にたった一日。 行きたくても、仕事があるので今まで行けなかった。 明治専門学校、今の九州工業大学の前身を創設しまた日本の産業界の重鎮であった、松本健次郎氏の邸宅だ...
参道の 裏道を行く 初詣 人通りの多い参道も、賑やかで正月らしいけど、人が多すぎて歩きにくいし、どこの神社の参道も似たようなものしか売っていない。 ひとつ脇の道を歩く。 忘れられた小さな祠があったり、土地の人が行く八百屋があったり、人家が当たり前にあったりして、結構新鮮。 何年ぶりだろう。 人が増えた。 1月3日の夕方の、も...
孤 雁 行 く 海 目 指 し ゆ く 消 ゆ る ま で... こがんゆく うみめざしゆく きゆるまで ガンは渡り鳥です。 2〜3月にシベリアから渡って来、9月の終わりごろ帰って行きます。 V 字形に編隊を組み、エネルギーの消費を抑えながら、時々交代しながら飛ぶそうです。 当然先頭は力のある雁が担当します。 広い海原を渡るため、おのおのが木の枝を咥えて...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください