大 鯉 も 神 を 讃 へ ん 初 詣

おおくすも かみをたたえん はつもうで

神社の池には、緋鯉はもちろん、池の主のような黒い大鯉がときには悠然と、ときには石の陰に頭を突っ込むようにして住んでいます。

正月ともなれば、何もかもが霊験あらたかに見えるもので、大きなクスノキ、白い砂利、そして鯉までもが神の使いのように感じるものです。

この句も読まれています。

檸 檬 絞 る 恋 の 成 就 の 力 込 め れもんしぼる こいのじょうじゅの ちからこめ レモンをかすかすになるまで絞ったからといって、オトコがこっちを向くわけでもあるまい。 むしろ、その気迫に恐れおののく可能性の方が高かろう。 努力が徹底的に報われないのが恋愛。 なんせ、一生懸命にならないほうの人間が主導権を持つというのだから。 一生懸命...
長閑さに いつもの道を 回り道 春の日の夕方。ほこほこしたあったかい午後。大きな道路の、ひとつふたつ奥の道を見つけた。昔の馬車道か。 こんな道があったとは。角にはほったらかしの水仙がいっぱい花を咲かせている。手入れもしてない。たぶん誰も見 てない。...
2014年、あけましておめでとうございます。... 今年も四季折々の言葉を詠んでいきます。 どうぞ、よろしくお願いいたします。 福子
鯉 幟 立 身 出 世 を 高 望 み 泳げ鯉のぼり相模川/相模原 / Tranpan23 生まれる前は、 「元気ならいい。」むかしの親なら、「五体満足ならいい。」 首が座り、寝返りが出来、つかまり立ちから、よちよち歩き、やがて保育園、幼稚園。 運動会、学芸会というか演劇会、得手不得手、主役かその他か・・・その頃になると、親に欲が芽生え...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください