大 鯉 も 神 を 讃 へ ん 初 詣

おおくすも かみをたたえん はつもうで

神社の池には、緋鯉はもちろん、池の主のような黒い大鯉がときには悠然と、ときには石の陰に頭を突っ込むようにして住んでいます。

正月ともなれば、何もかもが霊験あらたかに見えるもので、大きなクスノキ、白い砂利、そして鯉までもが神の使いのように感じるものです。

この句も読まれています。

青 葉 潮 日 向 の 沖 を 盛 り 上 ぐ る... あおばじお ひゅうがのおきを もりあぐる 列島の南、日向沖から土佐沖を北上する暖流は黒潮と呼ばれます。 その五月の頃の太平洋岸の潮の流れを漁師のあいだでは青葉潮と呼ぶそうです。 豊漁とくにカツオの豊漁をもたらすといいます。 太平洋の海は碧であり、群青色です。 どこまでも豊かで深いのです。...
鰯雲 果てしなく今日の 道を行く 一日一日。それが基本。 うまくいかない時は、努力が足りないいんじゃない。 そういう巡り合わせ。 悪いときは判断まで間違う。 いいときは、その間違いの修正に追われる。...
置 き 場 所 を あ れ こ れ 検 証 蚊 遣 り 香... Pig / sayot 蚊取り線香の煙が、こちらに来るように、置き場をいろいろ試している。 あっち向いて流れたら、効果ないし。 立ち昇る煙と香りは、夏の夜の必需品。 ほかのものじゃダメ。 これでなくてはいけない。...
ふくろうの 何事もなく 考えず ふくろうは福を呼ぶとか、苦労がないとか、 なにそれ。 名前とあのぺったんこな顔のせいかな。 まあいいけど。あたしもあの顔は好き。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です