大 鯉 も 神 を 讃 へ ん 初 詣

おおくすも かみをたたえん はつもうで

神社の池には、緋鯉はもちろん、池の主のような黒い大鯉がときには悠然と、ときには石の陰に頭を突っ込むようにして住んでいます。

正月ともなれば、何もかもが霊験あらたかに見えるもので、大きなクスノキ、白い砂利、そして鯉までもが神の使いのように感じるものです。

この句も読まれています。

睡蓮の 咲くも枯れるも 静かなり 大きなため池の真ん中辺りに睡蓮の花。 けっこう群生している。 人はわきの道から、遠目に見ることになる。
採 血 の 針 の 太 さ や 寒 土 用 立春の前の、一年で一番寒いと言われる時期。 エアコンが作動しているとはいえ、寒い。 血管も凍えて萎縮しているような気がする。 そのため針は気のせいか太い。 どうか一発で決めてください。 刺してから、血管探すのはやめてください。 速やかに終わらせてください。 へたくそ。...
愛 さ れ て 育 て ら れ し が わ か る 桃... あいされて そだてられしが わかるもも 岡山県産。 みごとな黄色。 傷ひとつないうえに、うっすらうぶ毛に覆われていてうつくしい。 みずみずしくて、水蜜桃って、こんなのかな。...
脳 男 常識では考えられない、高い知能、驚異的肉体、人間らしい感情が大きく欠落している主人公に、生田斗真。 過去に、年の離れた弟を殺害され、( 殺害の状況は、髪と眉を剃り落とされ、全裸で後手に手足を拘束された状態で、発見された) それが原因で、閉じこもり、一日中テレビとお菓子漬けの母親を抱える、精神科医...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください