大 鯉 も 神 を 讃 へ ん 初 詣

おおくすも かみをたたえん はつもうで

神社の池には、緋鯉はもちろん、池の主のような黒い大鯉がときには悠然と、ときには石の陰に頭を突っ込むようにして住んでいます。

正月ともなれば、何もかもが霊験あらたかに見えるもので、大きなクスノキ、白い砂利、そして鯉までもが神の使いのように感じるものです。

この句も読まれています。

秋 茄 子 (あきなすび) 蔕 (へた) 大 き く て 三 頭 身... PhoTones Works #638 / PhoTones_TAKUMA 一回目の収穫は、順調であった。 みごととまでは、言えないけれ ど、まあまともであった。これ は二回目の収穫だから、もうけ もの。なんかあたまでっかちで、 お尻は曲がっているし、愛嬌は いいが、小さい。ただ形は悪く ても、色は...
恨 み 買 ふ 恋 な ら 耐 へ よ 合 歓 の 花... うらみかう こいならたえよ ねむのはな 想いをつらぬくだけが恋愛ではない。 置かれた立場を押さえ、踏みとどまるのがオトナです。 人を悲しませたり、不幸におとしいれるような恋愛を、色恋沙汰と言います。 慎むことができなければ、バチが当たって死ねばいい。 ネムの木は大木になります。 日が暮れ...
不満なら 他に移れと 寒スバル あたしは、一年契約のパートです。 その更新の面接がありました。 時給とか、働き方に不満があるなら、 どーぞ辞めてくださいって言われました。 11年も働いてるのに。 よほど嫌われているのか、みんなにおんなじ ことを言っていると言うが、 すでに面接が終わっている人に、聞いてみれば そんなことは言われてい...
ち ち ろ 鳴 く 誰 も 恨 む な 信 ず る な... ちちろなく だれもうらむな しんじるな ちちろは、コオロギのことです。 秋のはじめの頃、夕暮れから夜中まできれいな寂しい声で鳴きます。 合唱ではありません。 一匹です。 これは、海援隊のパクリであります。 タイトルは忘れたけれど、 「道玄坂からひとくだり。誰も恨むな信じるな」 有名になる前、ローカ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください