大 鯉 も 神 を 讃 へ ん 初 詣

おおくすも かみをたたえん はつもうで

神社の池には、緋鯉はもちろん、池の主のような黒い大鯉がときには悠然と、ときには石の陰に頭を突っ込むようにして住んでいます。

正月ともなれば、何もかもが霊験あらたかに見えるもので、大きなクスノキ、白い砂利、そして鯉までもが神の使いのように感じるものです。

この句も読まれています。

階 段 を 這 い 登 り き て 苔 清 水 かいだんを はいのぼりきて こけしみず 長い急階段の上にある社です。 どうしようかと一瞬迷ったけれど、此処まで来たのだからと、意を決して登り始めました。 息も切れぎれ、ようやく辿り着くと、其処は別天地。 覆い茂る大樹の根元の辺りは、きれいに苔が、それも一面に。 山から落ちるほんの小さな滝のおかげで...
自 転 車 の お 巡 り 教 ふ 紅 葉 寺 じてんしゃの おまわりおしう もみじでら 観光客に道を教えるおまわりさん。 自転車のときは親切。 これがパトカーになると、とたんにお金取ろうとする。 秋の高い空。 モミジもそろそろ終わりに近い。...
「大阪池田小大量殺人事件」の宅間守 【訂正】... 先日、佐木隆三著 「大阪池田小大量殺人事件」の読後感めいたものを書いたけれど、あまりに著者に引きずられた感が否めず、なんか自分の中で引っかかっていましたので、しばらく自分なりに考えて、訂正すべきは訂正したいと思ったわけです。 宅間自身の言葉 「素質、運、環境だけでは片付けようのない、故意に邪魔する...
あ っ ち こ ち よ き 顔 す れ ば 亀 の 鳴 く... 何処の世界にも、「気の合う仲間」といえば聞こえがいいけれど、度を越して派閥に近いものができたりする。 どうでもいいつまり、どちらにも嫌われたくないなら、じょうずに泳ぐしかない。 肝心な話には入らず、または聞いてないふり。 どうでもいいとこだけ、にこにこというか、へらへら参加。 この歳になって、わたし...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください