大 口 を 開 け て 目 薬 春 隣

D02_2653
D02_2653 / hisashi_0822

日差しが明るくなって、ときおり春の気配です。目薬さしは大仕事で、特に苦手なひとは悪戦苦闘です。時間と手間と、100年の恋も一度に冷めるようなお顔のわりには、ほとんど入ってないのが現状です。これから花粉症の季節です。あたしは、遠いむかし、電車の中で、女優かと見紛うほどの美しい人が、鼻と鼻の下と、つぶらな瞳を真っ赤に腫らしているのを見て、死ぬほど喜んだことがあります。神さまは平等だと。美人には花粉症。でも考えたら、鼻ずるずるでも、泣きはらしたような目をしていても、やっぱ美人は美人だった。

この句も読まれています。

桜散る ようやく深く 息をする 二分咲き、三分咲き、満開と、そして春の嵐が吹きあれて、桜が散った。まるで長い祭りが終わったよう。桜もお疲れさま。みんなもお疲れさま。...
沙 羅 の 花 現 世 常 世 見 渡 せ り しゃらのはな うつしよとこよ みわたせり 沙羅双樹の花。 ほんとうは夏椿というらしい。 白いひとえの花は、清楚でしかも沙羅双樹の花と思えば、落花を踏むこともためらわれます。 トコヨとは、ウツシヨつまり今の世の対語のようです。 沙羅の花は、浄土にも咲くと言われます。 どちらの世界がたいへんか、聞い...
モ ナ リ ザ に ム ン ク に 宝 石 露 店 な り... もなりざに むんくにほうせき 露店なり ダイヤの指輪、ネックレス、なんでもありの夜店です。 小さな女の子には、結構人気で、ガラスの、角度によっていろいろ色を変える綺麗なコップなど、心躍る品々にトキメキます。 本物だろうが、贋作だろうが、そんなことはかまわないのです。 ときめくか、自分の机に飾...
新盆の 集いは故人の 参加して そこにいるんじゃないか。 と、思ったりする。 懐かしさでいっぱいです。