大振りの 茶碗蒸し抱く 凍れる(しばれる)手

茶碗蒸しが好きです。小さな丼に、普通サイズの倍くらいの
茶碗蒸しを作った。大きいから、火加減がむずかしい。
上は巣が入ったようになって、したの方は固まらずってのが
最悪。とろとろと時間をかけて作る。もう少し具材が豪華
ならいいんだけど。それでも温まる。これだけで充分。

この句も読まれています。

秋の燈に 雁の寺読む 繰り返し 秋になると、水上勉作の「雁の寺」を読むのです。 ただでさえ物悲しい秋の宵がどうしようもないほど、沈んでくるのです。...
金網の 塀の隙間に 狐の剃刀 狐の剃刀は、ごく普通のきれいな花だけど、一流の生け花ではない。 そんじょそこらで、子どものままごとに使われるような雰囲気の庶民的な花です。 金網から顔を出したり、子どもに引っこ抜かれたりしそうなかわいい花です。...
雪間葱 根の深くして 春を待つ 雪の間を見つけて、葱を収穫した。 髭根ながら、多くて深い。このねぎに この根っこと思うくらいの育ち方。 これで春を待つのだろう。底力があれば 冬は越せる。...
割 り 竹 の 裸 足 休 ま せ 夏 座 敷 Bamboo pole on carpet #3 / Iwan Gabovitch 竹の敷物。 もう古くなって飴色。踏めば冷たくて 心地よい。暑過ぎて、夏座敷の設えも 見かけなくなって久しい。せめて竹の カーペットと江戸風鈴で、小さな夏。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください