大振りの 茶碗蒸し抱く 凍れる(しばれる)手

茶碗蒸しが好きです。小さな丼に、普通サイズの倍くらいの
茶碗蒸しを作った。大きいから、火加減がむずかしい。
上は巣が入ったようになって、したの方は固まらずってのが
最悪。とろとろと時間をかけて作る。もう少し具材が豪華
ならいいんだけど。それでも温まる。これだけで充分。

この句も読まれています。

何 処 ま で も 彷 徨 へ と 白 銀 の 芒... どこまでも さまよえと はくぎんのすすき 細い川の両岸に、はんぶん枯れかけて穂は白く今にも飛びそうなススキがえんえんと続きます。 国土の狭いと言われるこの国の、ここだけ砂漠のように取り残されて。 ススキは始め、赤い穂がすっと出て、なかなか広がらず若々しい穂はチカラを感じます。 広がり出すと際...
秋彼岸 蒼い芒(すすき)が 頭出し 芒の季節、若いすすきが出てきた。瑞々しい。まだまだ暑いけど。
墓 移 し 師 走 の 故 郷 遠 の き て はかうつし しわすのこきょう とおのいきて 永代供養というものがあるらしい。 一括して、所定の費用を納めれば、先祖供養をお寺が行なってくれるという。 何処までほんとでしょうか。 そもそも供養とはなんだろうと思います。 ほんとにお経をあげてもらっているとは思えないのです。 つまり永代供養とは場所代...
夾 竹 桃 雨 叩 け ど も 腹 一 物 きょうちくとう あめたたけども はらいちもつ 花言葉は、危険、用心、油断大敵。 誰が決めた花言葉か知らないけれど、やっぱりおんなじ印象を持つものだと変に感心しました。 少し前に、世間を騒がせた、後妻業。 寂しいというより、年寄りのくせに性欲のはけ口を求める、どうしようもない高齢の男性、それも家持ち...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です