夕焼けに 大きな望みは 持たぬと誓う

幸せは、それと気づかぬくらいなものでいい。
大きな幸せなんて、恐ろしい。
丸木橋みたいに、あるときゴロンと回りそうで。

この句も読まれています。

天 の 川 浪 の 果 て よ り 立 ち の ぼ る... あまのがわ なみのはてより たちのぼる 夏の終わり、秋のはじめの頃の空。 星のきらめきと流れ星、流星群と言ってもいいかもしれません。 ずーっと沖の、夏を終えた海というより、深い海の底から立ち上がったように、その輝きはみずみずしく思えます。...
摘めばもう 散るか幼き 日のフグリ... まだ幼いころ、うちに母親とばあちゃんがいた、ほんの短い日々、春の浅いころ、道端の青い小さな犬フグリの花がとても素敵に見えて、なんとか摘んで帰りたいとおもったものでした。やっと摘んでもちょっと持ち上げただけで、すぐ散ってしまう。何度も何度も挑戦したものです。 考えてみれば、あれから長い長い不幸な日々...
むしむしと 汗滝のごと 米をとぐ 風の通らない台所で、米をといでる様子です。 夏は苦手なので、何をするのもおっくうです。
門 司 港 は 起 点 終 点 秋 日 和 もじこうは きてんしゅうてん あきびより 門司港レトロ地区で、目を引くのは、建築名所です。 まず駅舎、旧門司税関、旧大阪商船、旧門司三井倶楽部などでしょうか。 海側の変な跳ね橋や、高層マンションの展望室や、数あるレストラン、土産物屋がなくなればもっと素敵なのに。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください