夕焼けに 大きな望みは 持たぬと誓う

幸せは、それと気づかぬくらいなものでいい。
大きな幸せなんて、恐ろしい。
丸木橋みたいに、あるときゴロンと回りそうで。

この句も読まれています。

行 く 秋 を 引 き 留 め ん と 放 生 会... ゆくあきを ひきとどめんと ほうじょうや 秋は確実に来ているのに、昼間は汗をかく暑さです。 連日雨にたたられた放生会も、最終日は晴れて、景気の悪さも少しは取り戻した感です。 屋台は、むかしとは大きく変わって、相変わらずなのは、綿菓子くらいでしょうか。 子どもらが震えた、見世物小屋も当然なく、...
廃線の 隧道(ずいどう)覆う(おおう) 山桜... かっちりとした、煉瓦造りの小さなトンネル。 今では使われることもないが、もったいないほどの、きちんとした木部隧道。 山桜が、覆う。 山桜と隧道は一体。 遠い昔の、活躍の時から、静かな今の季節まで。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
滝つぼに 沈んでしまえ この恥さらし... とんでもない人にとんでもないことを告白してしまった。 愚か者め でもあんまり後悔していない。 自爆だけどさ...
そ こ に お り 庭 師 の 休 憩 か た つ む り... 別に探す気もないが、思わぬところで、姿を見るのがカタツムリ。 植木の剪定の、ひと区切りついたのだろう。 庭の石に背をもたせかけて休憩をとる庭師さんの、すぐ横の、細長い茅( かや ) の葉の真ん中くらいの位置の裏にいる。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください