夕焼けに 大きな望みは 持たぬと誓う

幸せは、それと気づかぬくらいなものでいい。
大きな幸せなんて、恐ろしい。
丸木橋みたいに、あるときゴロンと回りそうで。

この句も読まれています。

遠い日の 大根の花 こむらさき ほんとにほんとに幼い日、私はままごとが好きだった。材料はいつも決まって、大根の花、春菊の花、大根独特のに おいが懐かしく、大根を切るたびに思い出す。ほかにもいろいろあっただろうが、思い出せない。私は母親を5歳で なくした、なくしたならまだいいのかもしれないが、5歳のある日から、虐待の毎日で、むかしの...
水汲んで なおなお更に 飲みおりて... 山の清水を汲みに行く。ちょろちょろと冷たい湧き水が出ているところは人気スポット。容器に いっぱいになったら代わればいいのに、まだまだ飲んでいる。人間は欲深いものだ。...
草 引 い て 犬 の ふ ぐ り は 手 の つ か ず... まだ寒さ厳しい日が続いているけれど、自然は決まったサイクルで、間違いなく針を進めている。 雑草は瞬く間に小さな庭を覆い尽くし、これ以上成長すると、もうやる気をなくすと、一念発起して朝から草取りに精を出す。 クローバーは繁殖が早く、手がつけられなくなるので、容赦なく成敗する。 四つ葉を探すなんて、とん...
緑 陰 の 地 蔵 前 垂 れ 着 替 え た り... PhoTones Works #1970 / TAKUMA KIMURA どこが目か鼻か、ペッチャンコの顔をして、道路脇の田圃の隅に、いつからいるのか、道祖神というより、お地蔵さん。 ちゃんと世話をしている人がいるんだ。 しょぼいけど、花はあるし、エプロン着替えてるし。 立派だ。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です