夏 帽 子 被 れ ば 見 事 五 頭 身

Wonderful West Wittering - June 2011 - Mature Couple Candid
Wonderful West Wittering – June 2011 – Mature Couple Candid / gareth1953 New Profile

日焼けは怖い。まして今年は、紫外線の量が半端ないという。ひさしの大きい、UVカットのサンバイザーを、迷わず買った。これでたぶん大丈夫。この年になって、ただでさえ醜いのに、シミやシワをこれ以上増やすわけにはいかない。出がけに玄関で鏡を見た。確かに顔の半分とちょっと隠れる。効果はあると信じる。全体のバランスはどうだろう。もともとアタマが大きいことは自覚している。頭にガチッとはめるタイプのサンバイザーは、時間が経つと、こめかみに頭痛がする。無理して、グッとはめ込んで、固いところが割れた。もう使えないかと思ったら、割れたままで、頭にはめて、ずり落ちもしない。それがさらにひさしの広いやつ( 今度はマジックテープ ) を被ったものだから、ため息が出た。オヤジ似だ。

この句も読まれています。

障子貼る ひと枠だけを 張り替える... 障子が破れているのは、うら寂しい。 黄色に変色しているのも。 張り替える気力がない。 とりあえず敗れたとこだけ、張り替える。 色がちがって、おかしい。 敗れっぱなしよりましか。...
大 根 葉 刻 め ば 遠 き 春 の こ と だいこんば きざめばとおき はるのこと 大根の葉。 刻むと、肺の中いっぱいに春が広がる気持ちになります。 香りが強くて、心が洗われる気がするのは、ハーブ類は別として、他には水仙、沈丁花、クチナシ、金木犀くらいでしょうか。 なかでも、わたしにとって、大根は特別です。 花も香りも大好きです。 たった四...
日に何度 砂ぼこり舞う 胸の内 ざわざわすること多い。言った本人はおそらく気がついてない。わたしがしつこいことも。一言一言充分注意して発言しなくてはいけないと思う。自分も何処かで、人を傷つけている可能性あり。用心。人間はおそろしく傷つきやすいものだから。...
冬ざれて 少しの水の 川の淵 冷たい北風が吹く。 雪なのか、時には霙なのか、空は重く低い。 顔を上げては歩けない。 川は、上流のダムのせいなのか、土砂が多い。 その土砂に、もうしっかりと草木が育ち、水は、遠慮がちに迂回して行く。...